リンクユニット

Windows Xp & Office2003 Word2003

文例がいっぱい

投稿日:2017年1月7日 更新日:

標準テンプレートの中には便利なツールがいっぱいあります。たとえば、文例ウィザードもかなり便利です。


[新しい文書]作業ウィンドウの中から[標準のテンプレート]をクリックします。

作業ウィンドウが表示されていない場合は、メニューバーの[ファイル]から[新規作成]をクリックします。
標準のテンプレート


[その他の文書]タブをクリックします。
[文例ウィザード]をクリックして、[OK]ボタンをクリックします。
テンプレートダイアログボックス


[文例ウィザード(その他)]が表示されます。[次へ]をクリックします。
文例ウィザード

文例を撰びます。[分類]のなかにいろいろ用意されています。

文例:子供の欠席を学校へ届ける

ここでは、[学校]、[子供の欠席を学校へ届ける]を選択します。[本文]をみて内容を確認しましょう。
[次へ]のボタンをクリックします。
文例を選びます


スタイルを選択して、[次へ]のボタンをクリックします。
スタイルを選びます


受取人の名前を入力します。敬称を▼ボタンをクリックして選択します。
[次へ]のボタンをクリックします。
配布先を指定します


差出人の名前を入力して、[次へ]のボタンをクリックします。
差出人を指定します


用紙の種類を選び、[次へ]のボタンをクリックします。
用紙の種類を選びます


日付を入力します。他、必要な箇所にチェックを入れます。
その他の項目を指定します


[完了]ボタンをクリックします。
終了です!


できました。(^^)
欠席届の完成
*の部分は 削除して書き直します。
また、左側に表示される■のマークは印刷には関係ありませんが、気になる方はBlogのテンプレートを使用するときを参照して消してくださいね。

文例:息子からの送金願いの返事

また、[文例を選びます]で、[借用][息子からの送金願いの返事]を選択すると下のような文ができあがります。名文かも?(^^)
借用文書

借用文書完成

参考Word2007での文例ウィザードの起動方法は、以下の記事を参照してください。
テンプレート(文例ウィザード・カレンダーウィザード)

Word2010の場合の起動方法は以下で解説しています。
文例ウィザードの起動方法

注意Word2013以降、文例ウィザードの提供は廃止されたようです。

参考Officeのバージョンによって操作が異なる場合があります。以下の記事で、お使いのOfficeのバージョンを確認する方法を解説しています。
Office(Word、Excel、PowerPointなど)のバージョンを確認する方法

Microsoft Officeも時を得て、大きく様変わりしてきました。トラブルを解決しようとするとき、あるいは、何かの操作を探すときなど、 ...

続きを見る


管理人一押しのテキストです。業務改善、時短のための一冊です。

おすすめ記事と広告

記事を更新しました

選択範囲内で中央

時々[この操作には、同じサイズの結合セルが必要です]というメッセージが表示されることがあります。 下の2つの表は見た目は同じように見えますね ...

【 ' 】シングルコーテーションを消す

Excelのセルにどういうわけか、['](シングルコーテーション)が入力されているのがあります。 文字列にするため?Accessから読み込ん ...

ウィルス感染防止のために

OutlookExpressの初期設定では、レイアウトはプレビューウィンドウを表示するようになっています。 でも これが一番危険なのです。 ...

串刺し計算

同じレイアウトの表であれば異なるシート間でも 簡単に集計することができます。 各シートの確認 1つのブックの中に下のような4枚のワークシート ...

上付き文字・下付き文字

Wordでは[下付き文字]、[下付き文字]も簡単に表示させることができます。 [フォント]ダイアログボックスの表示 たとえば、[H2O]と入 ...

-Windows Xp & Office2003 Word2003

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.