Windows10 & Office2016 Word2016

Print Friendly, PDF & Email

行番号の表示

投稿日:2017年1月7日 更新日:

Wordで行番号を表示する方法です。セクション区切りを挿入してセクションごとに振り直すこともできます。

下のようなサンプル文書があります。この文書に行番号を表示します。Word2016での解説ですが、他のバージョンも同じです。
サンプル文書

連続番号

[レイアウト]タブにある[行番号]から[連続番号]をクリックします。
レイアウトタブ

下のように文書の左余白に行番号が挿入されます。行番号を挿入したまま印刷することもできます。

セクションの挿入

セクションを挿入してみます。セクションを挿入したい位置にカーソルを置いて、[レイアウト]タブの[区切り]にある[現在の位置から開始]をクリックします。
セクション区切りの挿入

セクションが挿入されます。文書内にセクション区切りのマークが表示されます。
セクション区切りの挿入

セクションごとに振り直し

そして、新しいセクションの位置にカーソルを置いて、[行番号]の[セクションごとに振り直し]をクリックします。セクション番号は、ステータスバーで確認することができます。もし、表示されていない場合は、ステータスバーにセクション番号を表示を参照されてください。
セクションごとに振り直し

結果、下のようになります。
行番号の振り直し

行番号オプションの表示

また、開始番号を変更したりすることもできます。[行番号]の[行番号オプション]をクリックします。
行番号オプション

ここがちょっと腑に落ちないのですが、すぐに[行番号]ダイアログボックスが表示されるわけではありません。[ページ設定]ダイアログボックスが表示されます。そして、右下にある[行番号]をクリックします。
ページ設定ダイアログボックス

[行番号]ダイアログボックスが表示されるので、ここで開始番号や文字列との間隔などを変更することができます。
行番号ダイアログボックス

解決できないことは【teratail】に質問してみましょう。

参考Officeのバージョンによって操作が異なる場合があります。以下の記事で、お使いのOfficeのバージョンを確認する方法を解説しています。

Office(Word、Excel、PowerPointなど)のバージョンを確認する方法

Microsoft Officeも時を得て、大きく様変わりしてきました。トラブルを解決しようとするとき、あるいは、何かの操作を探すときなど、 ...

続きを見る

おすすめ記事と広告

関連記事

バーコードとQRコードの作成

Access2016でバーコードとQRコードをレポートに表示する方法を紹介します。実際、使用するには、バーコードリーダーや諸々の環境でテスト ...

Windows10 Creators Update後に画面中央に[あ][A]が表示されるのを無効にする

Windows10 Creators Updateを実行すると、既定では、IMEの入力モードを切り替える度に画面中央に[あ]または[A]が大 ...

フォームでのレコードの並べ替え

Accessのフォームでレコードの並べ替えは、フォームのプロパティで行うことができます。 下のようなテーブルを元に作成した帳票フォームがあり ...

ページ罫線の設定

Wordでは、ページの周囲に罫線を引いてページを飾ることができます。[ページ罫線]という機能を使います。ページ罫線には、下のように線の種類や ...

ピボットテーブルとピボットグラフを同時に作成

Excel2013以降には、ピボットテーブルとピボットグラフを同時に作成できるコマンドがあります。ピボットテーブルの作成に慣れた方なら、グラ ...

-Windows10 & Office2016 Word2016

Copyright © 2001-2017 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.