Windows10 & Office2016 Word2016

Print Friendly

行番号の表示

投稿日:

Wordで行番号を表示する方法です。セクション区切りを挿入してセクションごとに振り直すこともできます。下のようなサンプル文書があります。この文書に行番号を表示します。Word2016での解説ですが、他のバージョンも同じです。
サンプル文書
[レイアウト]タブにある[行番号]から[連続番号]をクリックします。
レイアウトタブ

スポンサーリンク

下のように文書の左余白に行番号が挿入されます。行番号を挿入したまま印刷することもできます。

セクションを挿入してみます。セクションを挿入したい位置にカーソルを置いて、[レイアウト]タブの[区切り]にある[現在の位置から開始]をクリックします。
セクション区切りの挿入
セクションが挿入されます。文書内にセクション区切りのマークが表示されます。
セクション区切りの挿入
そして、新しいセクションの位置にカーソルを置いて、[行番号]の[セクションごとに振り直し]をクリックします。セクション番号は、ステータスバーで確認することができます。もし、表示されていない場合は、ステータスバーにセクション番号を表示を参照されてください。
セクションごとに振り直し
結果、下のようになります。
行番号の振り直し
また、開始番号を変更したりすることもできます。[行番号]の[行番号オプション]をクリックします。
行番号オプション
ここがちょっと腑に落ちないのですが、すぐに[行番号]ダイアログボックスが表示されるわけではありません。[ページ設定]ダイアログボックスが表示されます。そして、右下にある[行番号]をクリックします。
ページ設定ダイアログボックス
[行番号]ダイアログボックスが表示されるので、ここで開始番号や文字列との間隔などを変更することができます。
行番号ダイアログボックス

お勧め記事と広告

関連記事

プレースホルダーのコピーはマスターで

PowerPointでプレースホルダー追加する場合は、スライドでコピーして追加するより、マスターで追加したほうが後々便利だと思います。Pow ...

3Dマップの編集とビデオ保存

Excel2016では、 3Dマップという機能が追加されました。 この3Dマップは、シーンを作成後 長さや効果をつけてメディアとして保存する ...

Windows10のバージョン確認方法

Windows10で バージョンを確認する方法です。画像は、Anniversary Updateを実施した後の画像です。 スタートメニューの ...

段落の先頭文字を大きくするドロップキャップ

Wordには段落の先頭文字だけを大きくするドロップキャップという機能があります。ドロップキャップの文字はレイアウト枠の設定になるので、自由に ...

PowerViewボタンの表示

Excel2016では、[PowerView]ボタンは標準ではリボンに表示されていません。 一番 簡単に表示させるのは、クイックアクセスツー ...

-Windows10 & Office2016 Word2016

Copyright © 2001-2017 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.