リンクユニット

Windows10 & Office2016 Word2016

行番号の表示

投稿日:2017年1月7日 更新日:

Wordで行番号を表示する方法です。セクション区切りを挿入してセクションごとに振り直すこともできます。

下のようなサンプル文書があります。この文書に行番号を表示します。Word2016での解説ですが、他のバージョンも同じです。
サンプル文書

連続番号

[レイアウト]タブにある[行番号]から[連続番号]をクリックします。
レイアウトタブ

下のように文書の左余白に行番号が挿入されます。行番号を挿入したまま印刷することもできます。

セクションの挿入

セクションを挿入してみます。セクションを挿入したい位置にカーソルを置いて、[レイアウト]タブの[区切り]にある[現在の位置から開始]をクリックします。
セクション区切りの挿入

セクションが挿入されます。文書内にセクション区切りのマークが表示されます。
セクション区切りの挿入

セクションごとに振り直し

そして、新しいセクションの位置にカーソルを置いて、[行番号]の[セクションごとに振り直し]をクリックします。セクション番号は、ステータスバーで確認することができます。もし、表示されていない場合は、ステータスバーにセクション番号を表示を参照されてください。
セクションごとに振り直し

結果、下のようになります。
行番号の振り直し

行番号オプションの表示

また、開始番号を変更したりすることもできます。[行番号]の[行番号オプション]をクリックします。
行番号オプション

ここがちょっと腑に落ちないのですが、すぐに[行番号]ダイアログボックスが表示されるわけではありません。[ページ設定]ダイアログボックスが表示されます。そして、右下にある[行番号]をクリックします。
ページ設定ダイアログボックス

[行番号]ダイアログボックスが表示されるので、ここで開始番号や文字列との間隔などを変更することができます。
行番号ダイアログボックス

参考Officeのバージョンによって操作が異なる場合があります。以下の記事で、お使いのOfficeのバージョンを確認する方法を解説しています。

Office(Word、Excel、PowerPointなど)のバージョンを確認する方法

Microsoft Officeも時を得て、大きく様変わりしてきました。トラブルを解決しようとするとき、あるいは、何かの操作を探すときなど、 ...

続きを見る

管理人一押しのテキストです。

おすすめ記事と広告

記事を更新しました

段落の先頭文字を大きくするドロップキャップ

Wordには段落の先頭文字だけを大きくするドロップキャップという機能があります。ドロップキャップの文字はレイアウト枠の設定になるので、自由に ...

文字の位置を揃えるには左揃えタブと右揃えタブを設定(リーダーも表示)

タブを設定すると、文字列の開始位置を変更して間隔を空けることができます。また、複数段落の文字の先頭位置や後ろを綺麗に揃えることができます。 ...

切り取った要素をまとめて貼り付けるにはスパイク機能が便利

Wordには、スパイク機能というのがあります。文字列や画像、表などを次々に切り取り、別の位置にまとめて貼り付けることが出来る機能です。切り取 ...

図形を回転させても塗りつぶしの画像を回転させたくない

図形を挿入して、[図形の塗りつぶし]から画像を挿入した後、図形を回転させると、塗りつぶしに使用した画像も一緒に回転してしまいます。図形を回転 ...

複雑な複数の条件に合う合計を求める関数

Excelで複雑な複数の条件を満たすデータの合計値を求める時に便利な関数があります。 複数の条件に合うものを抽出する方法では、[フィルターオ ...

-Windows10 & Office2016 Word2016

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.