Google検索

リンクユニット

Windows8 & Office2013 Word2013

便箋のような罫線を引いた用紙を簡単作成

投稿日:2017年1月7日 更新日:

Wordで便箋のような罫線を引いた用紙を簡単に作成する方法です。

便箋の完成

以下のように罫線のみの用紙は、驚くほど簡単に作成できます。

ここでは、画像を挿入してウォッシュアウトする方法までを解説します。

罫線を引いた用紙

Enterキーで段落記号を表示

新規文書で[Enter]キーを連打して、段落記号を罫線を引きたい範囲に表示します。

段落記号

段落記号をすべて選択

そして、左余白にカーソルを置いて、3回クリックして、段落記号をすべて選択します。

左余白で3回クリック

罫線をクリック

[ホーム]タブの[段落]グループにある[罫線]の▼ボタンを押して、[罫線(内側)]をクリックします。

これで、横罫線を引くことができます。

罫線(内側)

参考[ホーム]タブの[罫線]ボタンをポイントすると、下のようなポップヒントが表示されます。

罫線 選択範囲に罫線を追加したり、選択範囲から罫線を削除したりします。

罫線の見た目を変える場合は、[表ツール]の[デザイン]タブにあるオプションか、[罫線とページ罫線と網掛けの設定]ダイアログボックスを使って変えることができます。

ポップヒントには、役立つ情報が掲載されていることもあるので、できれば目を通していただきたいと思います。

[罫線]のポップヒント

罫線の編集

この罫線を点線にしたり、色をつけるには、まず、すべての段落を選択しておきます。

そして、[罫線]の▼ボタンをクリックして[線種とページ罫線と網掛けの設定]をクリックします。

線種とページ罫線と網掛けの設定

[線種とページ罫線と網掛けの設定]ダイアログボックスが表示されます。

[罫線]タブの[種類]や[色]、[線の太さ]を変更して、プレビューの中罫線をクリックします。

線種とページ罫線と網掛けの設定ダイアログボックス

下のように赤い点線の罫線に変更することができます。

赤い罫線の用紙

関連[線種とページ罫線と網かけの設定]ダイアログボックスでは、他にも以下のような設定ができます。

段落罫線に色をつける

Word2013で段落罫線に色を付ける方法です。 段落罫線は、段落に対して罫線を引くので、本文幅に罫線をひくことができます。 段落記号まで選 ...

続きを見る

段落を罫線で囲む

段落を罫線を囲む方法です。 段落の選択 罫線で囲みたい段落を範囲選択します。 線種とページ罫線と網かけの設定 [デザイン]タブの右端にある[ ...

続きを見る

ページ罫線の設定

Wordでは、ページの周囲に罫線を引いてページを飾ることができます。 [ページ罫線]という機能を使います。 ページ罫線には、下のように線の種 ...

続きを見る

本文の周りを線で囲むには

Wordで本文の周りを線で囲む方法です。 ページ罫線を設定するときに[線種とページ罫線と網かけの設定]ダイアログボックスを表示しますが、この ...

続きを見る

最後の段落に下罫線を引くには

罫線の種類から[罫線(内側)]を選択すると、最後の段落には罫線表示されません。

最後の段落にも罫線を表示する方法です。

左余白にカーソルを置いて、3回クリックして、段落記号をすべて選択します。

左余白で3回クリック

すべての段落記号を選択した状態で[罫線]の▼ボタンを押して、[罫線(下)]をクリックします。

これで、最後の段落にも罫線を表示することができます。

また、一番上の段落の上に罫線を表示したい場合は、[上罫線]をクリックします。

下罫線、上罫線

行番号を表示して行数を確認

罫線を表示すると、1ページに何行表示したのか確認したくなる場合もあるかと思います。

その場合は、左余白に行番号を表示すると分かりやすくなります。

[レイアウト]タブにある[行番号]から[連続番号]をクリックします。

この連続番号は、印刷されるので、印刷時には再度[連続番号]をクリックしてオフにしてください。

連続番号

連続番号の表示については、以下の記事で解説しています。

行番号の表示(左側余白に連続した番号を表示する)

Wordで行番号を表示する方法です。 行番号を表示したまま印刷することもできますし、セクション区切りを挿入してセクションごとに振り直すことも ...

続きを見る

既定の36行を1ページに収めるには

Wordのページ設定では、既定は以下のようになっています。

ページ設定の行数

[ページ設定]ダイアログボックスを表示する方法は、以下の記事を参照してください。

水平ルーラーの上部をダブルクリックして【ページ設定】を表示

通常、ダイアログボックスを表示したい場合は、リボンのグループ名の右側にある[ダイアログボックス起動ツール]ボタンをクリックして表示させますが ...

続きを見る

用紙サイズは[A4]で、余白は既定の上が[35mm]、下が[30mm]で、行数[36]のまま、1ページ内に罫線を引く方法です。

上記の方法でページいっぱいに段落記号を表示した場合、[罫線(内側)]を設定すると、4段落が2ページ目に移動すると思います。

参考もし、2ページ目の罫線が不要であれば、段落記号を選択して[Delete]キーを押して削除してください。

2ページ目の罫線

すべての段落を選択しておきます。

左余白にカーソルを置いて、3回クリックします。

左余白で3回クリック

[段落]ダイアログボックスで[行間]と[間隔]を設定

[ホーム]タブの[段落]グループにある[ダイアログボックス起動ツール]ボタンをクリックして、[段落]ダイアログボックスを表示します。

[ホーム]タブの[段落]グループにある[ダイアログボックス起動ツール]

[段落]ダイアログボックスが表示されます。

そして、以下のように行間[固定値]、間隔は[15pt]または[15.5pt]にすると、うまく1ページに収まります。

[段落]ダイアログボックス

1ページ内に表示する罫線の数を調整する場合は、余白や行間などの数値を変えて試してみてください。

画像の挿入

オリジナルの便箋にしたい場合は、画像を挿入すると、楽しくなりますね。

画像の挿入

画像を挿入する方法です。

文書の数行目付近にカーソルを置いておきます。

カーソルの位置に画像は挿入されます。

[挿入]タブの[図]グループにある[画像]をクリックします。

ここでは、パソコン内の画像を挿入します。

[挿入]タブの[画像]

[図の挿入]ダイアログボックスが表示されます。

任意の画像を選択して、[挿入]ボタンをクリックします。

[図の挿入]ダイアログボックス

既定のままであれば、レイアウトは[行内]になっていると思います。

このままでは、ドラッグで自由に移動させることはできませんので、[文字列の折り返し]で[前面]もしくは[背景]を選択します。

挿入した画像

[背景]の設定

ここでは、[背景]を選択します。

[背景]を選択

これで自由に移動させることができるようになります。

ここでは、右下へドラッグで移動させます。

枠線上でマウスポインタが四方向の形になったときにドラッグします。

画像をドラッグ

画像に効果を設定

また、挿入した画像にはさまざまな効果をつけることができます。

画像を選択して[図ツール]の[書式]タブの[調整]グループにある[色]をクリックすると、下のような一覧が表示されます。

薄い色にしたい場合は、[色の変更]にある[ウォッシュアウト]を選択するといいです。

ウォッシュアウト

[書式]タブの図のスタイルや調整については、以下の記事で解説しています。

あれこれ操作して楽しんでくださいね。

画像を図形で切り抜く(図形に合わせてトリミング)

Office2007から挿入した画像を図形の形でトリミングができるようになっています。 WordやExcelでも同じ操作ですが、ここではPo ...

続きを見る

画像の調整【アート効果】【色】【修整】

Office2010では、画像の編集がとても楽しくできるようになっています。 [挿入]タブから画像を挿入すると、[図ツール]タブが表示されま ...

続きを見る

オブジェクトの選択

また、背景の設定をしていると、画像の選択が難しくなることがあります。

[ホーム]タブの右端にある[編集]グループの[選択]をクリックして、[オブジェクトの選択]をクリックすると、選択しやすくなると思います。

オブジェクトの選択

以下は、Office2003の記事ですが、参考になると思います。

背景画像の選択

クリップアートの図や写真などを背景として挿入した場合、いったん図形の選択を解除してしまうと、文字が手前にあって図形の選択が難しいときがありま ...

続きを見る

参考原稿用紙設定でも便箋を作成することができます。

原稿用紙の作成

Wordでの原稿用紙の作成方法です。 Word2007以降であれば同じです。ここではWord2013で解説します。 Word2003の場合は ...

続きを見る

おすすめ記事と広告

-Windows8 & Office2013 Word2013

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.