Google検索

リンクユニット

Windows7 & Office2010 Word2010

文末脚注と脚注の作成

投稿日:2017年1月7日 更新日:

[脚注]とは、文書内の文字に対して補足や解説をつけたいときに使用します。

[脚注]は、各ページの最後に表示され、[文末脚注]は、文書やセクションの最後にまとめて表示されます。

【脚注】

脚注

【文末脚注】

文末脚注

[参考資料]タブの[脚注の挿入]

脚注をつけたい文字列の後ろにカーソルを置いて、(ここでは[機種依存文字])[参考資料]タブの[脚注]グループの[脚注の挿入]をクリックします。

参考[文末脚注の挿入]をクリックすると、文末脚注が作成されます。

参考資料タブ

脚注

以下が、脚注です。

自動的に番号が振られます。

脚注内容を入力します。

脚注と文末脚注のオプション

文書内の脚注を挿入した文字列の後ろにある脚注番号にポイントすると、下のようにポップヒントで脚注の内容が表示されます。

脚注番号にポイント

脚注と文末脚注のオプション

脚注は、文末脚注に変更したり、書式や表示場所なども変更することができます。

脚注で右クリックします。

ショートカットメニューから[脚注と文末脚注のオプション]をクリックします。

脚注と文末脚注のオプション

[脚注と文末脚注]ダイアログボックスが表示されます。

[変換]ボタンをクリックすると、脚注の変更ダイアログボックスが表示されます。

ここで[文末脚注]に変換することもできます。

以下3つの選択肢があります。

  • 脚注を文末脚注に変更する
  • 文末脚注を脚注に変更する
  • 脚注と文末脚注を入れ替える

脚注の書式なども[脚注と文末脚注]ダイアログボックスで変更することができます。

参考[番号書式]には、[A,B,C,…]や[壱,弐,参,…]など11個の種類の書式があります。

脚注の変更

また、脚注の▼ボタンをクリックして、[ページ内文字列の直後]に設定することもできます。

脚注と文末脚注ダイアログボックス

脚注の境界線の変更

また脚注の境界線などは、下書き表示にして変更することができます。

ステータスバーの右下にある[下書き]をクリックします。

ステータスバー

[参考資料]タブの[脚注]グループにある[注の表示]をクリックします。

下のように脚注の箇所へ移動します。

参考資料タブ 注の表示

ここの▼ボタンをクリックして[脚注の境界線]を選択します。そして、任意の文字や記号に変更します。

元の罫線は削除することができますし、[リセット]ボタンで元の罫線に戻すこともできます。

脚注の境界線

脚注の削除

脚注を削除するには、本文中の脚注番号、または記号を削除します。

ページの最後や、文書の最後の脚注も同時に削除されます。

関連引用文献を登録して、引用文献一覧を作成する方法も解説しています。

出典元を引用文献として登録して、引用文献一覧を作成

論文や報告書を作成するときは、他人の著作物の一部を引用したり、Webページから文献を引用したりすることがありますが、他人の著作物を引用する場 ...

続きを見る

Word2007以降であれば、文献情報はマスターに登録して、Wordのどの文書でも使用することができます。

引用文献と資料文献のマスター登録と文献目録の挿入

論文や報告書などでの文書作成時に参考にしたり、引用したりした文献を資料文献、引用文献と呼びます。 また、参考にした書籍やWebページなどは、 ...

続きを見る

索引については、以下の記事で解説しています。

文書中の語句を索引用語として登録して【索引】を作成

索引とは、特定の用語を見つけやすくするため、五十音順やABC順に並べて、その用語が掲載されているページ番号を掲載した一覧のことです。 論文や ...

続きを見る

目次の作成や、図表目次の作成についても解説しています。

目次の作成(見出しスタイルを設定)

Wordの目次作成機能を使って目次を作成しておくと、後の編集がとても楽になります。 目次作成の準備が必要な文書もあるかもしれませんが、とても ...

続きを見る

図表番号と図表目次の挿入

[図表番号]とは、文書内の図や、表、数式などに振るラベル(連番)のことです。 文書内に複数の図や表がある場合、自動的に連番が振られますし、削 ...

続きを見る

おすすめ記事と広告

-Windows7 & Office2010 Word2010

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.