Windows7 & Office2010 Word2010

Print Friendly, PDF & Email

文末脚注や脚注の作成

投稿日:2017年1月7日 更新日:

[脚注]とは、文書内の文字に対して補足や解説をつけたいときに使用します。
[脚注]は、各ページの最後に表示され、[文末脚注]は、文書の最後にまとめて表示されます。

参考資料タブの脚注の挿入

脚注をつけたい文字列の後ろにカーソルを置いて、(ここでは[機種依存文字])[参考資料]タブの[脚注]グループの[脚注の挿入]をクリックします。
参考[文末脚注の挿入]をクリックすると、文末脚注が作成されます。
参考資料タブ

脚注

↓が、脚注です。自動的に番号が振られます。脚注内容を入力します。
脚注と文末脚注のオプション

文書内の脚注を挿入した文字列の後ろにある脚注番号にポイントすると、下のようにポップヒントで脚注の内容が表示されます。
脚注番号にポイント

脚注と文末脚注のオプション

脚注は、変更することができます。
脚注で右クリックします。ショートカットメニューから[脚注と文末脚注のオプション]をクリックします。
脚注と文末脚注のオプション

[脚注と文末脚注]ダイアログボックスが表示されます。
[変換]ボタンをクリックすると、[文末脚注]に変換することもできます。
脚注の書式などもここで変更することができます。
脚注の変更

また、脚注の▼ボタンをクリックして、[ページ内文字列の直後]に設定することもできます。
脚注と文末脚注ダイアログボックス

脚注の境界線の変更

また脚注の境界線などは、下書き表示にして変更することができます。ステータスバーの右下にある[下書き]をクリックします。
ステータスバー

[参考資料]タブの[脚注]グループにある[注の表示]をクリックします。下のように脚注の箇所へ移動します。
参考資料タブ 注の表示

ここの▼ボタンをクリックして[脚注の境界線]を選択します。
そして、任意の文字や記号に変更します。元の罫線は削除することができます。
脚注の境界線

脚注の削除

脚注を削除するには、本文中の脚注番号、または記号を削除します。ページの最後や、文書の最後の脚注も同時に削除されます。

解決できないことは【teratail】に質問してみましょう。

参考Officeのバージョンによって操作が異なる場合があります。以下の記事で、お使いのOfficeのバージョンを確認する方法を解説しています。

Office(Word、Excel、PowerPointなど)のバージョンを確認する方法

Microsoft Officeも時を得て、大きく様変わりしてきました。トラブルを解決しようとするとき、あるいは、何かの操作を探すときなど、 ...

続きを見る

あなたへのおすすめ

関連記事

保護されたビューを表示したくない

ファイルを開くと、度々 表示される[保護されたビュー]の情報バーですが、社内の共有ドライブにあるファイルでも表示されることがあります。 [編 ...

改行しても図を定位置から移動させない

Wordに図や画像を挿入してEnterキーで改行すると、 改行と同時に図や画像が一緒に移動してしまうことがあります。改行しても移動しないよう ...

GmailのIMAP接続

Googleのセキュリティ強化により、OutlookでGmailのIMAP設定ができないことがあります。その場合は、以下のページを参考にして ...

閲覧の履歴の削除

インターネット一時ファイルなどが溜まりすぎると、さまざまな障害の元になるようです。 時々、保存された情報を削除して快適なPCにしましょう。 ...

PowerPivotの詳細の表示(ドリルダウン)ができない

Excel2010のPowerPivotで、セルをダブルクリックして、詳細を表示しようとすると[集計セルでは、詳細データの表示を完了できませ ...

-Windows7 & Office2010 Word2010

Copyright © 2001-2017 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.