Google検索

リンクユニット

Windows7 & Office2010 Word2010

目次の作成(見出しスタイルを設定)

投稿日:2017年1月7日 更新日:

Wordの目次作成機能を使って目次を作成しておくと、後の編集がとても楽になります。

目次作成の準備が必要な文書もあるかもしれませんが、とても簡単に行うことができます。

目次の作成

できるだけ、分かりやすく解説していますので参考にしてください。

ここでは、Word2010で解説していますが、他のバージョンでも同じです。

目次作成の準備

まず目次作成には下準備が必要です。

下のような文書を作成しました。

箇条書きも設定しました。

このまま目次作成ができそうに思えますが、このままでは目次は作成できません。

箇条書き文書

上記のまま[参考資料]タブの[目次]グループにある[目次]ボタンをクリックすると、下のようなメッセージウィンドウが表示されます。

目次に表示する項目を追加するには、文書内でテキストを選択し、以下のいずれかの操作を行います。

※[ホーム]タブのスタイルギャラリーから見出しスタイルを適用します。

※[参考資料]タブの[目次]グループにある[テキストの追加]メニューを使用して、テキストのアウトラインレベルを変更します。

メッセージウィンドウ

ここでは、[ホーム]タブの見出しスタイルを設定して作成する方法を紹介します。

すでにスタイルが設定された文書であれば、目次の作成は簡単です。

[参考資料]タブの[テキストの追加]メニューを使用する方法は、目次の作成(テキストの追加)で解説しています。

目次の作成(テキストの追加)

目次の作成方法の1つです。 [テキストの追加]ボタンを使って作成する方法です。 テキストの追加は、現在の段落を目次項目として追加することがで ...

続きを見る

見出しスタイルの設定

目次にしたい箇条書きの箇所を[Ctrl]キーを使って、選択します。

選択したまま[ホーム]タブの[スタイル]グループにある[見出し1]をクリックします。

見出しの設定

そうすると、見出し1のスタイルが設定されて、下のようになります。

見出し設定文書

せっかく箇条書きを設定したのに段落番号は消えて、黒い点になってしまいました。

このままで構わない場合は、先へ進んでください。

進む

スタイルの変更

もし、スタイルを変更したいのであれば、[見出し1]のボタンで右クリックして、[変更]をクリックします。

見出し 変更

[スタイルの変更]ダイアログボックスが表示されます。

左下にある[変更]ボタンをクリックして、[箇条書きと段落番号]をクリックします。

スタイルの変更 ダイアログボックス

[箇条書きと段落番号]ダイアログボックスが表示されます。

スタイルに設定したい番号を選択して[OK]ボタンをクリックします。

ここで設定したものは、この文書内でのスタイルとなります。

新規文書や既存の文書のスタイルが変更されるわけではありません。

箇条書きと段落番号

下のようにスタイルが変更されて、箇条書きが設定されます。

スタイルの変更結果

でも、番号の前の黒い点は何だろう?と思われる方も多いと思います。

この点は見出しを孤立させないための編集記号の1つです。

印刷にも影響ありませんし、この黒い点は意味のある編集記号なので、そのままにしておいた方がいい場合もあります。

でも、気になる方は気になるようなので、以下で非表示にする方法を紹介します。

先頭の黒い点を消すには

見出しを選択したまま[ホーム]タブの[段落]グループにある[ダイアログボックス起動ツール]をクリックします。

ホームタブ

[段落]ダイアログボックスの[改ページと改行]タブにある[次の段落と分離しない]のチェックボックスをオフにして、[OK]ボタンをクリックします。

次の段落と分離しない

そうすると、見出しの先頭に付いていた黒い点は非表示になります。

設定後 文書

この段落先頭の黒い点については、以下の記事でも解説しています。

段落先頭の黒い点を消すには

Wordの文書を開くと、段落の先頭に黒い点がついていることがあります。 [BackSpace]キーでも[Delete]キーでも削除することが ...

続きを見る

箇条書きを見出しに設定

また、2つ目の段落にある箇条書きも目次として設定したい場合は、箇条書きを選択して今度は[見出し2]のスタイルを設定します。

見出し2

下のようになります。

ここでも[見出し2]のスタイルを変更したい場合は、上記で解説した[見出し1]と同じ方法で変更してください。

[見出し2]スタイルの先頭に表示される黒い点も同じです。

設定後文書

スタイルも変更して、黒い点も非表示にした状態です。

これでやっと目次を作成するための下準備が整いました。

箇条書き

目次の設定

目次を挿入したい位置にカーソルを置きます。

重要目次を挿入したい位置でクリックします。

[参考資料]タブにある[目次]グループの[目次]ボタンをクリックして、[自動作成の目次2]をクリックします。

タイトルを[目次]にしたいので、[自動作成の目次2]を選択しています。

参考資料 目次

自動的に目次が作成されます。

目次の作成

目次設定の利便性

では、なぜ自動目次が便利なのか?

たとえば、ページ数が増えたり、見出しの文字列を編集したり、途中に見出しを挿入したりしてもボタン1つで更新することができるからです。

以下は一例です。

本文は2ページ目からに変更した場合

目次だけ、1ページ目に表示して本文は2ページ目からにしたい場合です。

改ページしたい位置にカーソルを置いて、[挿入]タブの[ページ区切り]をクリックします。

ショートカットキーは、[Ctrl]+[Enter]ですね。

ページ区切り

[目次]のタイトル文字でクリックすると、目次の左上にメニューが現れます。

[目次の更新]をクリックします。

あるいは、目次内を一度クリックして、目次の外へマウスポインタを移動させるとメニューが現れます。

目次の更新

[目次の更新]メッセージウィンドウが表示されますので、[ページ番号だけを更新する]を選択して[OK]ボタンをクリックします。

ページ番号だけを更新する

ページ番号は自動的に[1]から[2]に変わります。

設定変更 結果

箇条書きの内容を変更した場合

もし、箇条書きの内容を下のように[見出し2]の下に標準スタイルで内容を入力した形に変更した場合です。

見出し内容の変更

この場合は[目次の更新]メッセージウィンドウで[目次をすべてを更新する]を選択してください。

自動的に目次の内容が更新されます。

目次内容の更新

目次タイトルの先頭の黒い点を消すには

また、ここでも目次タイトルの先頭に現れた黒い点が気になる方は、目次タイトルを選択したまま上記と同じように[段落]ダイアログボックスを表示させて、[次の段落と分離しない]と[段落を分離しない]のチェックボックスをオフにして[OK]ボタンをクリックします。

段落ダイアログボックス

目次様式の変更

目次の様式などを変更したい場合は、目次内でクリックして、[参考資料]タブの[目次]ボタンから[目次の挿入]をクリックします。

目次の挿入

[目次]ダイアログボックスが表示されますので、任意の設定に変更してください。

[タブとリーダー]や[書式]の▼ボタンをクリックして、選択すると簡単に変更することができます。

[印刷イメージ]で確認しながら、思い通りの設定になったら、[OK]ボタンをクリックします。

目次ダイアログボックス

[既存の目次を置き換えますか?]というメッセージが表示されますので、[OK]ボタンをクリックします。

メッセージウィンドウ

タブ文字なども気になる方は、[ホーム]タブの[編集記号の表示/非表示]ボタンをクリックしてオフにしてみてください。

タブ文字も非表示になり、より印刷のイメージに近くなります。

編集記号の表示/非表示

目次に設定されたページの見出しに移動する場合は、[Ctrl]キーを押したままクリックしてください。

目次様式の変更については、以下の記事も参考になると思います。

目次のスタイル変更

Word2010で文書に目次を挿入する場合は、[参考資料]タブの[目次]をクリックして、任意のスタイルを選択します。 参考目次作成がうまくい ...

続きを見る

[Ctrl]キーを押さずにリンク先へ飛ぶようにするには

[Ctrl]キーを押さずにリンク先へ飛ぶように設定することもできます。

Ctrlキーを押さずにリンク先へ飛ぶには

Word2007の解説ですが、Word2010も同じです。

[ファイル]タブから[オプション]をクリックして、[Wordのオプション]ダイアログボックスを表示させてください。

[詳細設定]の[編集オプション]にある[Ctrl キー + クリックでハイパーリンクを表示する]のチェックボックスをオフにして、[OK]ボタンをクリックします。

[Ctrl キー + クリックでハイパーリンクを表示する]のチェックボックスをオフ

[Ctrl]キーを押さずにリンク先へ飛ぶようになります。

Ctrlキーを押しながらクリックしてリンク先を表示

目次の削除

目次を削除する場合は、[目次]ボタンから[目次の削除]をクリックします。

目次の削除

参考Wordのスタイルについては、以下の記事で解説しています。

スタイルの登録

設定した書式を他の段落や文字列に使用したい場合は、スタイルを登録しておくと便利です。 書式を設定した文字列を範囲選択して、簡単にスタイルを登 ...

続きを見る

関連[参考資料]タブの[テキストの追加]メニューを使用する方法は、目次の作成(テキストの追加)で解説しています。

目次の作成(テキストの追加)

目次の作成方法の1つです。 [テキストの追加]ボタンを使って作成する方法です。 テキストの追加は、現在の段落を目次項目として追加することがで ...

続きを見る

また、図表目次を挿入することもできます。

図表番号と図表目次の挿入

[図表番号]とは、文書内の図や、表、数式などに振るラベル(連番)のことです。 文書内に複数の図や表がある場合、自動的に連番が振られますし、削 ...

続きを見る

引用文献情報や資料文献情報をマスターに登録して、文献目録を作成することもできます。

引用文献と資料文献のマスター登録と文献目録の挿入

論文や報告書などでの文書作成時に参考にしたり、引用したりした文献を資料文献、引用文献と呼びます。 また、参考にした書籍やWebページなどは、 ...

続きを見る

索引や脚注については、以下の記事で解説しています。

文書中の語句を索引用語として登録して【索引】を作成

索引とは、特定の用語を見つけやすくするため、五十音順やABC順に並べて、その用語が掲載されているページ番号を掲載した一覧のことです。 論文や ...

続きを見る

文末脚注と脚注の作成

[脚注]とは、文書内の文字に対して補足や解説をつけたいときに使用します。 [脚注]は、各ページの最後に表示され、[文末脚注]は、文書やセクシ ...

続きを見る

おすすめ記事と広告

-Windows7 & Office2010 Word2010

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.