Office 2019 Word 2019

文書を上下2つに分けて同じ文書内の離れた箇所を表示しながら編集

投稿日:

Wordでは、分割バーを使用して文書を上下に2分割することができます。

同じ文書内の離れた箇所を表示したり、それぞれの画面で表示形式を変えたりできます。

長文の文書で離れたページの文字列をコピーしたり、参照しながら入力したいときに便利です。

分割バーの使い方と活用事例を紹介します。

Wordの分割表示

分割バーを使用して画面を上下に2分割する

文書内のカーソルの位置はどこでもかまいません。

[表示]タブの[ウィンドウ]グループにある[分割]をクリックします。

分割

ドキュメントを2つに分けて表示します。

分けて表示すると、一方を確認しながら、もう一方を編集したりできるようになります。

[表示]タブの[ウィンドウ]グループにある[分割]

分割バーが表示されると、以下のようになります。

分割バーは、1ページの文書の場合でも表示されますし、白紙の状態でも表示されます。

上下に分割された文書

ルーラーを表示した状態で分割すると、分割バーの下にもルーラーが表示されます。

ルーラーが邪魔であれば、[ルーラー]を非表示にしてください。

ルーラーは、[表示]タブの[表示]グループにあります。ルーラーを非表示にすると、以下のようになります。

[表示]タブの[表示]グループの[ルーラー]

参考Word2007と2010の場合は、[分割]ボタンをクリックした後に、本文内で分割する位置をクリックします。

分割バーの位置調整

分割バーをドラッグすると、位置を調整できます。

分割バーのサイズ変更

参考Excelでも分割バーを使用して、ワークシートの分割表示ができます。

ウィンドウを複数の表示領域に分割(分割ボックスコントロールは廃止)

[表示]タブの[分割]ボタンを使用すると、水平分割バーと垂直分割バーを表示してワークシートを分割して表示することができます。 この機能を使用 ...

続きを見る

分割表示の解除

分割バーを表示すると、[分割]ボタンは[分割の解除]という表記になります。

[分割の解除]をクリックすると、解除されます。

[表示]タブの[分割の解除]ボタン

また、分割バーをダブルクリックしても解除できます。

分割バーをダブルクリック

参考文書を閉じると、分割表示は自動的に解除されます。

文書画面を分割した活用方法

文書を上下に分割すると、それぞれの画面で別の位置を表示できます。

また、表示倍率やアウトライン表示と印刷レイアウト表示など、表示形式を変えたりできます。

離れたページの文字列をコピー

長文の場合、離れたページの文字列をコピーしたいと思うことは多いと思います。

上下にスクロールしたりするより、分割バーを表示して離れたページを表示しておくと便利です。

1ページと3ページを表示

参考文末脚注を挿入した場合なども確認しやすくなります。

分割表示で文末脚注を確認

離れたページの場所を参照しながら入力

たとえば、離れたページにあるグラフを参照しながら入力することもできます。

分割表示してグラフを参照しながら入力

参考Wordでのグラフの作成については、以下の記事で解説しています。

グラフは、Wordで作成することもできますし、Excelのグラフを貼り付けることもできます。

Wordでグラフを作成

Wordでグラフを作成する方法です。 Excelのグラフと同じように操作することができます。 Word2007からの機能ですが、ここではWo ...

続きを見る

Excelの表とグラフをWordへオブジェクトとして貼り付け

他のアプリケーションのテキストや画像、オブジェクトなどをコピー&ペーストを行う場合、さまざまな貼り付け方法があります。その1つにオブジェクト ...

続きを見る

異なる表示形式で確認

分割ウィンドウで異なる表示形式にすることもできます。

上のウィンドウは[アウトライン]表示にして、下のウィンドウは[印刷レイアウト]表示にしています。

分割表示にしておくと、切り替えて確認する手間が省けて効率的です。

[アウトライン]表示と[印刷レイアウト]表示

表示の切り替えは、[表示]タブの[表示]グループのコマンドで操作します。

閲覧モード]での分割表示はできません。

[表示]タブの[表示]グループのコマンド

参考アウトライン表示の操作については、以下の記事で解説しています。アウトライン表示は、文書全体の構成を考えたりするときに便利です。

長文はアウトライン表示モードで文書全体の構成を考えながら作成

論文やレポートなどの長文を作成する場合は、まず見出しを書き出して、文書全体の構成を考えてから取り掛かると効率的です。 Wordでは、アウトラ ...

続きを見る

PowerPointでは、新しいウィンドウを表示して別々の表示モードにすることができます。

複数のプレゼンテーションを並べて表示(閲覧表示と標準表示も)

開いているプレゼンテーションを並べて表示することができます。 1つのプレゼンテーションでも複数のウィンドウに表示することができます。 並べて ...

続きを見る

異なる表示倍率にして確認

上下のウィンドウで表示倍率を変更することもできます。

ステータスバーの[ズーム]を使用すると便利です。

ステータスバーのズームバーで表示倍率を切り替え

[ズーム]と[ズームスライダー]が表示されていない場合は、ステータスバーで右クリックして[ステータスバーのユーザー設定]で確認してください。

チェックをオンにすると、表示されます。

[ステータスバーのユーザー設定]で表示項目を確認

[複数ページ]で文書を縮小して表示

Word2013で複数ページを表示する方法です。 文書を拡大、縮小表示するには、[表示]タブの[ズーム]グループにある[複数ページ]ボタンを ...

続きを見る

参考[表示]タブの[ウィンドウ]グループにある[新しいウィンドウを開く]と[整列]コマンドについては、以下の記事で解説しています。

[整列]を使用すると、文書を左右に並べたり、同時スクロールして比較しやすくなります。同一文書でも[新しいウィンドウ]をクリックして、同じ文書を別ウィンドウで開いて並べることができます。

[表示]タブの[整列]と[新しいウィンドウを開く]

2つの文書を左右や上下に並べて表示して同時スクロールもできる

Wordで2つの文書を上下や左右に並べて表示したいということがあります。 簡単なレイアウトをチェックしたいとか、右から左へ文字列をコピー&a ...

続きを見る

長文の文書を分割して保存したい場合は、サブ文書の作成を利用すると便利です。

グループ文書とサブ文書は[アウトライン]表示モードで操作

グループ文書とは、複数の文書をグループ化して一つの文書のように扱うことができる機能です。 グループ化すると、検索や置換作業をまとめて行うこと ...

続きを見る

検索

ほかの記事も検索してみませんか?

Profile

執筆者/はま

-Office 2019 Word 2019

Copyright © 2001-2022 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2022 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.