Google検索

リンクユニット

Windows8 & Office2013 Word2013

【罫線なし】罫線は便利

投稿日:2017年1月7日 更新日:

Wordの表には、[罫線なし]罫線というのがあります。

これは知っておくと何かと便利です。

セルは活かしたまま罫線だけを見えなくすることができます。

サンプル表の確認

たとえば、Word2013で下のような表を作成しました。

表

作成した後、県名と市の境界線を消したいと思ったとします。

罫線の削除をしたい

消しゴムで削除

まず、表内をクリックして[表ツール]を表示させます。

[消しゴム]を使って、罫線を削除してみます。

[レイアウト]タブの[罫線の削除]をクリックします。

罫線の削除ボタン

消しゴムの形になったマウスポインタで削除したい罫線をドラッグします。

罫線をドラッグ

そうすると、下のようにセルが結合されてレイアウトが崩れてしまいます。

表

罫線なし罫線

レイアウトはそのままにして、罫線を見えなくするには、[罫線なし]罫線を使用すると便利です。

[デザイン]タブの[ペンのスタイル]から[罫線なし]を選択します。

罫線なし

そして、[罫線]から[罫線を引く]をクリックします。

または、[罫線の書式設定]でもいいです。

[罫線を引く]を選択した場合、マウスポインタは鉛筆の形になります。

[罫線の書式設定]を選択すると、マウスポインタはペンの形になります。

罫線を引く、罫線の書式設定

非表示にしたい罫線をドラッグします。

下の画像は[罫線を引く]を選択しています。

[罫線を引く]でドラッグ

下の画像は、[罫線の書式設定]を選択しています。

[罫線の書式設定]でドラッグ

解除(表の作業を終了)する場合は、[Esc]キーを押します。

グリッド線の表示をオフ

下のように点線が表示されますが、これは[グリッド線]と呼ばれるものです。

印刷されることはありません。

[レイアウト]タブにある[グリッド線の表示]をオフにすると、

グリッド線の表示

グリッド線も非表示になり、下のような表が完成します。

表の完成

関連以下は、主な表関連のページです。

画像の差し込み印刷はリストがWordの表なら簡単作成

Wordの差し込み印刷で画像を差し込むには、差し込み用に使用するリストがWordで作成した表であれば、簡単に画像の差し込みができます。 ただ ...

続きを見る

Wordの表の各部の名称と表の機能

表の各部の正確な名称を知っておくと、操作が分からないときやトラブルが発生したときに検索しやすくなります。 また、Wordの表でできる内容を把 ...

続きを見る

Wordの表に連番を自動入力

Wordで表を作成すると、1つの列に連番を入力したい時があります。 セルに1つ1つ入力するのは面倒ですね。 一気に入力する方法を紹介します。 ...

続きを見る

Wordで計算表を作成する

Wordでも表のセルに簡単な数式や関数を入力して計算をすることができます。 計算式ダイアログボックスの表示 [売上件数]の合計を求めたいと思 ...

続きを見る

表のタイトル行を複数ページに表示

Wordで表を挿入した後、一行目を項目行として設定することは多いと思います。 1ページだけであれば問題ないのですが、複数ページになるとページ ...

続きを見る

表の縞模様を1行3列おきに設定するには(新しい表のスタイルを作成)

Wordの表で縞模様は、[縞模様]ダイアログボックスの設定で列方向や行方向の縞の幅は3行、3列まで設定することができます。 たとえば、下のよ ...

続きを見る

下のように表のセル間隔を調整することもできます。

表のセルの間隔

表のセル間隔

おすすめ記事と広告

-Windows8 & Office2013 Word2013

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.