リンクユニット

Windows7 & Office2010 Word2010

Print Friendly, PDF & Email

文字カウントの文字数と単語数

投稿日:2017年1月7日 更新日:

Word2007から、ステータスバーに[文字数]が表示されるようになりました。

ステータスバーで右クリックして[ステータスバーのユーザー設定]から[文字カウント]のチェックボックスをオン/オフにすることで、表示/非表示を切り替えることができます。
また、[校閲]タブの[文章校正]グループにある[文字カウント]をクリックして、[文字カウント]ウィンドウを表示させることもできます。

[文字カウント]のポップヒントには、以下のように記されています。

文書内の単語数、文字数、段落数、行数をカウントします。
単語数は、ウィンドウ下部のステータスバーにも表示されます。

が、ステータスバーには[文字数]となっていますね。(?_?)
校閲タブ 文字カウント

文字カウントウィンドウには、
[ページ数][単語数][文字数(スペースを含めない)][文字数(スペースを含める)][段落数][行数][半角英数の単語数][全角文字+半角カタカナの数]が表示されます。

参考ステータスバーの[文字数]の箇所をクリックしても、[文字カウント]ウィンドウを表示させることができます。

ステータスバーに表示されるのは、[文字数]ではなく[単語数]のようですね。ポップヒントではなく、ステータスバーの表記が間違っているようです。
文字カウント

日本語の部分だけを選択して、[文字カウント]を表示させると、[単語数]と[文字数]が同じです。
ステータスバー

今度は、英語の箇所を選択して[文字カウント]を表示させると、[単語数]と[文字数]は違っていて、ちゃんと単語は単語としてカウントされているようです。
英語の文字カウント

半角の英語を全角にしてカウントすると、単語数と文字数は同じ数になってしまいました。全角文字は単語としてカウントされないようですね。
文字カウント

参考Word2013から改善されています。ポップヒントの内容も変更されています。

単語数、文字数や行数などをカウントします。
文字数はステータスバーにも表示されるので、簡単に確認できます(英語の場合は単語数)

Word2013の文字カウント

参考Officeのバージョンによって操作が異なる場合があります。以下の記事で、お使いのOfficeのバージョンを確認する方法を解説しています。

Office(Word、Excel、PowerPointなど)のバージョンを確認する方法

Microsoft Officeも時を得て、大きく様変わりしてきました。トラブルを解決しようとするとき、あるいは、何かの操作を探すときなど、 ...

続きを見る

ワードを学習するなら、お勧めのテキストです。ぜひお手元においてご活用ください。

おすすめ記事と広告

こんな記事もあります

[最近使用したファイル]から削除

[最近使用したファイル]の一覧から右クリックして、ショートカットメニューの中に[一覧から削除]があります。これは便利ですね。 また、[固定さ ...

目次の作成(テキストの追加)

目次の作成方法の1つです。 [テキストの追加]ボタンを使って作成する方法です。Word2010で解説していますが、他のバージョンも同じです。 ...

スライドの余白を調整

PowerPoint2010でスライドの余白を調整する方法です。 PowerPointでは、従来から余白の設定はできません。WordやExc ...

ブックマークとジャンプ

Word2010でブックマークを挿入する方法です。 まず、ブックマークしたい位置、もしくは文字列を選択します。 [ブックマーク]ダイアログボ ...

ピボットテーブルの追加フィールド

Accessのクエリでピボットテーブルを作成した後でも、演算によるフィールドを追加することができます。 下のように[実績]と[予算]フィール ...

-Windows7 & Office2010 Word2010

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.