Windows 10 & Office 2016 Word 2016

文字数制限付きのテキストボックスを作成

投稿日:2017年1月7日 更新日:

Wordでテキストボックスを挿入して、そのテキストボックスに文字数制限をつける方法です。

テキストボックスの完成後、[編集の制限]でフォームの入力だけを許可できるように設定できます。

文字数制限付きテキストボックス

[ActiveXコントロール]にある[テキストボックス]を挿入

テキストボックスを挿入したい位置にカーソルを移動させます。

そして、[開発]タブをクリックして[コントロール]グループの[以前のバージョンのツール]をクリックして、[ActiveX コントロール]にある[テキストボックス]をクリックします。

参考[開発]タブが表示されていない場合は、[ファイル]タブをクリックして[オプション]をクリックします。

そして、[リボンのユーザー設定]から設定します。

詳細は、開発タブの表示で図説しています。

開発タブ

テキストボックスの大きさを調整

カーソルの位置にテキストボックスが挿入されます。

サイズ変更ハンドルにマウスを合わせて、ドラッグで大きさを調整します。

テキストボックスの挿入

プロパティの表示

[開発]タブの[コントロール]グループにある[プロパティ]をクリックします。

プロパティをクリック

[プロパティ]は、右クリックのショートカットメニューからクリックしても表示できます。

右クリックのショートカットメニュー

[MaxLength]に数値を入力

プロパティは、[TextBox]になっていることを確認します。

[プロパティ]の[全体]タブにある[MaxLength]に制限したい文字数の数値を半角で入力します。

ここでは、50文字の制限をかけたいので、[50]と入力します。

テキストボックスのプロパティで文字数制限の設定

[Enter]キーで改行できるように設定

ただ、このままでは入力しにくいと思いますので、[MultiLine]を[True]、[EnterKeyBehavior]を[True]にします。

ダブルクリックで、[True]と[False]を切り替えられます。

これで[Enter]キーで改行ができるようになります。

プロパティの設定

参考[項目別]タブに切り替えると、[動作]カテゴリーにあります。[全体]タブより探しやすいかもしれません。

テキストボックスのプロパティ[項目別]タブ

[デザインモード]をオフ

プロパティを閉じて、[開発]タブの[デザインモード]をオフにします。

デザインモードをオフ

テキストボックスの再編集

テキストボックスを再度、編集したい場合は、テキストボックスを選択して、[開発]タブの[コントロール]グループの[デザインモード]をクリックしてオンにします。

そして、[プロパティ]をクリックして編集します。

[開発]タブの[コントロール]グループの[デザインモード]をクリック

編集の制限

必要であれば、編集の制限を設定します。

[開発]タブの[保護]グループにある[編集の制限]をクリックします。

[編集の制限]作業ウィンドウが表示されます。

[ユーザーに許可する編集の種類を指定する]のチェックボックスをオンにして、[フォームへの入力]を選択します。

そして、[はい、保護を開始します]をクリックします。

[開発]タブの[保護]グループにある[編集の制限]

[保護の開始]ダイアログボックスが表示されます。

必要であればパスワードを設定します。必須ではありません。空白のままでも設定できます。

[OK]ボタンをクリックします。

[保護の開始]ダイアログボックス

これで、フォーム以外の箇所には入力できなくなります。

権限

この文書は誤って編集されないように保護されています。

この領域ではフォームの入力だけが許可されています。

編集の制限

保護を開始すると、Backstageビューの[情報]タブの[文書の保護]が黄色の背景になります。

Backstageビューの[情報]タブ

保護の解除

保護を解除するには、[編集の制限]の[保護の中止]をクリックします。

[編集の制限]の[保護の中止]

[ファイル]タブの[情報]タブの[文書の保護]から[編集の制限]をクリックすると、上記画面に移動します。

[文書の保護]から[編集の制限]

参考以下の記事も、Wordのコントロールに関するページです。

オプションボタンの挿入とグループ化

Word2013でコントロールのオプションボタンを挿入した後、グループ化する方法です。 オプションボタンは[開発]タブにありますが、[開発] ...

続きを見る

[コンボボックス コンテンツ コントロール]の挿入

Word2013でのコンボボックスの作成方法です。 [開発]タブの[コンボボックス コンテンツ コントロール]をクリックして挿入します。 プ ...

続きを見る

テキスト範囲のグループ化をして編集をロックする

テキスト範囲をグループ化しておくと、削除も編集もできなくなります。[グループ化]は、[開発]タブの[コントロール]グループにあります。 本来 ...

続きを見る

コンテンツコントロールを利用してチェックボックスを作成

Wordでチェックボックスを作成する方法です。 Word2007以降、コンテンツコントロールという機能が使用できるようになっています。 メー ...

続きを見る

検索

ほかの記事も検索してみませんか?

Profile

執筆者/はま

-Windows 10 & Office 2016 Word 2016

Copyright © 2001-2022 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2022 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.