リンクユニット

Windows10 & Office2016 Word2016

文字数制限付きのテキストボックス

投稿日:2017年1月7日 更新日:

Wordでテキストボックスを挿入して、そのテキストボックスに文字数制限をつける方法です。

[ActiveXコントロール]にある[テキストボックス]を挿入

テキストボックスを挿入したい位置にカーソルを移動させます。
そして、[開発]タブをクリックして[コントロール]グループの[以前のバージョンのツール]をクリックして、[ActiveXコントロール]にある[テキストボックス]をクリックします。
※[開発]タブが表示されていない場合は、[ファイル]タブをクリックして[オプション]をクリック。そして、リボンのユーザー設定から設定します。詳細は、開発タブの表示で図説しています。
開発タブ

テキストボックスの大きさを調整

カーソルの位置にテキストボックスが挿入されます。サイズ変更ハンドルにマウスを合わせて、ドラッグで大きさを調整します。
テキストボックスの挿入

プロパティの表示

[開発]タブの[コントロール]グループにある[プロパティ]をクリックします。
プロパティをクリック

[プロパティ]は、右クリックのショートカットメニューからクリックしても同じです。
右クリックのショートカットメニュー

[MaxLength]に数値を入力

[プロパティ]の[全体]タブにある[MaxLength]に制限したい文字数の数値を半角で入力します。ここでは、50文字の制限をかけたいので、[50]と入力します。
文字数制限の設定

[Enter]キーで改行できるように設定

ただ、このままでは入力しにくいと思いますので、[MultiLine]を[True]、[EnterKeyBehavior]を[True]にします。これでEnterキーで改行ができるようになります。
プロパティの設定

[デザインモード]をオフ

プロパティを閉じて、[開発]タブの[デザインモード]をオフにします。
デザインモードをオフ

テキストボックスの再編集

テキストボックスを再度、編集したい場合は、テキストボックスを選択して、[開発]タブの[コントロール]グループの[デザインモード]をクリックしてオンにします。
そして、[プロパティ]をクリックして編集します。

おすすめ記事と広告

記事を更新しました

小数点の位置を揃えて表示するには(小数点揃えタブの使用)

Wordで小数点を含む数値を数行に渡って並べた時に、小数点の位置を綺麗に揃えて表示する方法です。小数点がない数値、整数が混在していても揃える ...

漢字の横に読み仮名をつける

Wordで漢字の横に読み仮名をつける簡単な方法です。 ルビを振ります まず、読み仮名をつけたい漢字を選択して、ルビを振ります。 [ルビ] ダ ...

タスクビュー

Windows10の新機能です。 ワンクリックでアクティブなウィンドウのサムネイルを表示することができます。複数のアプリを起動している時に、 ...

作業ウィンドウの操作

WordやExcelで作業をしていると、コマンドボタンをクリックした時にウィンドウの左右どちらかに[作業ウィンドウ]が現れることがあります。 ...

ビデオを挿入してビデオの形状を図形にする

ビデオを挿入するには、プレースホルダーの[ビデオの挿入]アイコンをクリックして挿入する方法と、[挿入]タブの[メディア]から挿入する方法があ ...

-Windows10 & Office2016 Word2016

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.