リンクユニット

Windows10 & Office2016 Word2016

文字数制限付きのテキストボックス

投稿日:2017年1月7日 更新日:

Wordでテキストボックスを挿入して、そのテキストボックスに文字数制限をつける方法です。

[ActiveXコントロール]にある[テキストボックス]を挿入

テキストボックスを挿入したい位置にカーソルを移動させます。
そして、[開発]タブをクリックして[コントロール]グループの[以前のバージョンのツール]をクリックして、[ActiveXコントロール]にある[テキストボックス]をクリックします。
※[開発]タブが表示されていない場合は、[ファイル]タブをクリックして[オプション]をクリック。そして、リボンのユーザー設定から設定します。詳細は、開発タブの表示で図説しています。
開発タブ

テキストボックスの大きさを調整

カーソルの位置にテキストボックスが挿入されます。サイズ変更ハンドルにマウスを合わせて、ドラッグで大きさを調整します。
テキストボックスの挿入

プロパティの表示

[開発]タブの[コントロール]グループにある[プロパティ]をクリックします。
プロパティをクリック

[プロパティ]は、右クリックのショートカットメニューからクリックしても同じです。
右クリックのショートカットメニュー

[MaxLength]に数値を入力

[プロパティ]の[全体]タブにある[MaxLength]に制限したい文字数の数値を半角で入力します。ここでは、50文字の制限をかけたいので、[50]と入力します。
文字数制限の設定

[Enter]キーで改行できるように設定

ただ、このままでは入力しにくいと思いますので、[MultiLine]を[True]、[EnterKeyBehavior]を[True]にします。これでEnterキーで改行ができるようになります。
プロパティの設定

[デザインモード]をオフ

プロパティを閉じて、[開発]タブの[デザインモード]をオフにします。
デザインモードをオフ

テキストボックスの再編集

テキストボックスを再度、編集したい場合は、テキストボックスを選択して、[開発]タブの[コントロール]グループの[デザインモード]をクリックしてオンにします。
そして、[プロパティ]をクリックして編集します。

参考Officeのバージョンによって操作が異なる場合があります。以下の記事で、お使いのOfficeのバージョンを確認する方法を解説しています。

Office(Word、Excel、PowerPointなど)のバージョンを確認する方法

Microsoft Officeも時を得て、大きく様変わりしてきました。トラブルを解決しようとするとき、あるいは、何かの操作を探すときなど、 ...

続きを見る

管理人一押しのテキストです。

おすすめ記事と広告

記事を更新しました

パラメータークエリで期間を指定してレコードを抽出

パラメータークエリとBetween And演算子を組み合わせると、パラメーターの入力ダイアログボックスに日付を入力して、指定した期間のみのレ ...

名前を付けて保存を元の大きさに戻す

名前を付けて保存ダイアログボックスが画面いっぱいに広がってしまった時に、元の大きさに戻す方法を解説します。 Windows10のメモ帳をサン ...

Office(Word、Excel、PowerPointなど)のバージョンを確認する方法

Microsoft Officeも時を得て、大きく様変わりしてきました。トラブルを解決しようとするとき、あるいは、何かの操作を探すときなど、 ...

複雑な図形の操作をする時には選択ウィンドウを表示

Office2010からの機能として、[オブジェクトの選択と表示]というのがあります。この機能は、複雑な図形やテキストボックスなどを操作する ...

拡張子の表示や隠しファイルの設定はエクスプローラーの表示タブから

Windows10で拡張子の表示は、エクスプローラーの[表示]タブから設定することができます。 Windows8や8.1も同じです。Wind ...

-Windows10 & Office2016 Word2016

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.