Google検索

リンクユニット

Windows10 & Office2016 Word2016

文字数制限付きのテキストボックス

投稿日:2017年1月7日 更新日:

Wordでテキストボックスを挿入して、そのテキストボックスに文字数制限をつける方法です。

[ActiveXコントロール]にある[テキストボックス]を挿入

テキストボックスを挿入したい位置にカーソルを移動させます。

そして、[開発]タブをクリックして[コントロール]グループの[以前のバージョンのツール]をクリックして、[ActiveXコントロール]にある[テキストボックス]をクリックします。

参考[開発]タブが表示されていない場合は、[ファイル]タブをクリックして[オプション]をクリックします。

そして、リボンのユーザー設定から設定します。

詳細は、開発タブの表示で図説しています。

開発タブ

テキストボックスの大きさを調整

カーソルの位置にテキストボックスが挿入されます。

サイズ変更ハンドルにマウスを合わせて、ドラッグで大きさを調整します。

テキストボックスの挿入

プロパティの表示

[開発]タブの[コントロール]グループにある[プロパティ]をクリックします。

プロパティをクリック

[プロパティ]は、右クリックのショートカットメニューからクリックしても同じです。

右クリックのショートカットメニュー

[MaxLength]に数値を入力

[プロパティ]の[全体]タブにある[MaxLength]に制限したい文字数の数値を半角で入力します。

ここでは、50文字の制限をかけたいので、[50]と入力します。

文字数制限の設定

[Enter]キーで改行できるように設定

ただ、このままでは入力しにくいと思いますので、[MultiLine]を[True]、[EnterKeyBehavior]を[True]にします。

これで[Enter]キーで改行ができるようになります。

プロパティの設定

[デザインモード]をオフ

プロパティを閉じて、[開発]タブの[デザインモード]をオフにします。

デザインモードをオフ

テキストボックスの再編集

テキストボックスを再度、編集したい場合は、テキストボックスを選択して、[開発]タブの[コントロール]グループの[デザインモード]をクリックしてオンにします。

そして、[プロパティ]をクリックして編集します。

おすすめ記事と広告

-Windows10 & Office2016 Word2016

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.