Windows8 & Office2013 Word2013

Print Friendly, PDF & Email

コンボボックスの作成

投稿日:2017年1月7日 更新日:

Word2013でのコンボボックスの作成方法です。

コンボボックス コンテンツ コントロールの挿入

[開発]タブの[コントロール]グループにある[コンボボックス コンテンツ コントロール]をクリックします。
参考[開発]タブの表示については、開発タブの表示(Office2010で解説しています。)を参照してください。
コンボボックス コンテンツ コントロール

プロパティの表示

下のように[アイテムを選択してください]と表示されたコンボボックスが挿入されます。選択したまま、[プロパティ]をクリックします。
プロパティ

[名前]と[選択肢の追加]

[タイトル]のテキストボックスに任意の名前を付けます。
[ドロップダウンリストのプロパティ]の[追加]ボタンをクリックします。[選択肢の追加]ダイアログボックスが表示されます。[表示名]にコンボボックスに表示したい文字列を入力します。
選択肢の追加

[選択肢]を追加して完成

続けて[追加]ボタンをクリックして入力していきます。完了したら、[OK]ボタンをクリックします。
追加

完成したコンボボックスの確認

下のようになります。
コンボボックスの完成

▼ボタンをクリックすると、プロパティで入力した文字列が選択肢の中に表示されます。
選択肢

選択肢の中から選択すると、下のように選択した文字列が表示されます。
選択後

参考似たようなものに[ドロップダウン リスト コンテンツ コントロール]というのがあります。
これも、コンボボックスと同じように作成することができます。
違いは、コンボボックスは、選択肢以外の文字列も入力できますが、ドロップダウンリストには選択肢以外のものは入力することはできません。
コントロールのコンボボックスとドロップダウンリストの違いを参照されてください。
ドロップダウンリストコンテンツコントロール

関連以下は、コントロールに関する記事です。Word2007で解説しています。

コントロールのリッチテキストとテキストの違い

フォームにカレンダー表示

解決できないことは【teratail】に質問してみましょう。

参考Officeのバージョンによって操作が異なる場合があります。以下の記事で、お使いのOfficeのバージョンを確認する方法を解説しています。

Office(Word、Excel、PowerPointなど)のバージョンを確認する方法

Microsoft Officeも時を得て、大きく様変わりしてきました。トラブルを解決しようとするとき、あるいは、何かの操作を探すときなど、 ...

続きを見る

あなたへのおすすめ

関連記事

PowerPivotウィンドウに数式列を追加する

Excel2013の[POWERPIVOT]タブにある[管理]ボタンをクリックして現れるウィンドウに数式列を追加する方法を紹介します。 下の ...

コンボボックスの2列目の値を取得

Access2013のフォームでコンボボックスの2列目の値を取得する方法です。他のバージョンでも同じです。 商品テーブルは下のように[ID] ...

ワンクリックで行や列の挿入

Word2013では、ワンクリックで表の行や列の挿入ができるようになっています。 挿入マーク 列の場合 列を挿入したい位置の列の罫線にマウス ...

グラフのデータラベルの大きさを変更

Excel2013では、グラフのデータラベルの大きさをマウス操作で変更することができます。 ラベルの周りにある○(サイズハンドルボタン)にマ ...

フォームで入力と検索

ExcelでもAccessの単票フォームのような形で入力したり、検索したりすることができます。 1レコードずつ表示することができ、検索も新規 ...

-Windows8 & Office2013 Word2013

Copyright © 2001-2017 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.