Windows10 & Office2016 Word2016

Print Friendly, PDF & Email

表の縞模様を1行3列おきに設定するには(新しい表のスタイルを作成)

投稿日:2017年8月6日 更新日:

Wordの表で縞模様は、[縞模様]ダイアログボックスの設定で列方向や行方向の縞の幅は3行、3列まで設定することができます。たとえば、下のような縞模様の表を作成することができます。
1行おき3列おきの縞の表

標準の表の作成

まず、表を作成します。表を挿入したい位置にマウスカーソルを移動させます。表は、カーソルがある位置に挿入されます。
[挿入]タブの右端のほうにある[表]グループの[表]をクリックします。作成したい表の行数と列数の位置でクリックするだけで表が挿入されます。
表の作成

上記の[行数×列数]パネルでは[8行×10行]までしか選択できませんので、それ以上の表を作成したい場合は、[表の挿入]をクリックします。ここでは、7行×18列の表を作成するので、[表の挿入]をクリックします。
表の挿入

[表の挿入]ダイアログボックスが表示されます。[表のサイズ]の[列数]に[18]、[行数]に[7]を入力して[OK]ボタンをクリックします。
表の挿入ダイアログボックス

カーソルの位置に指定した表が挿入されます。
標準の表

表のスタイル

表内のセルにカーソルがあれば、表専用の[表ツール]タブが表示されます。[デザイン]タブの[表のスタイル]グループにある[その他]ボタンをポイント(マウスを合わせるだけ)します。ポップヒントが表示されます。ポップヒントには下のように記されています。

表の見た目を手早く変更します。
スタイルごとに異なる罫線や網掛けを使って、表の見た目を変えることができます。ギャラリー内のスタイルの上にマウスのカーソルを置くと、ドキュメントの中で表がどのように表示されるのかプレビューすることができます。

表のスタイル、その他

[表のスタイル]の[その他]ボタンをクリックすると、スタイルのパネルが表示されます。パネル内の1つのスタイルをポイントすると、プレビューが表示されます。クリックして確定する前に結果を確認できるリアルタイムプレビューという機能です。
表スタイルのパネル

表スタイルのオプション

[表スタイルのオプション]の設定によって、表のスタイルに表示されるパネルが変わります。
既定では、表スタイルのオプションは下のように[タイトル行][最初の列][縞模様(行)]のチェックボックスがオンになっています。
表スタイルのオプション

[縞模様(列)]のチェックボックスをオンにして、[タイトル行][最初の列]のチェックボックスをオフにすると、下のようにパネル一覧が変わります。
表のスタイルのパネル一覧

新しい表のスタイル

ここでは、1行、3列おきの縞の表を作成したいので、[新しい表のスタイル]から作成します。参考表のスタイルを変更して設定することもできます。
[縞模様(行)]と[縞模様(列)]のチェックボックスがオンになっていることを確認して[新しい表のスタイル]をクリックします。
パネルの一番下にある[新しい表のスタイル]をクリックします。
新しい表のスタイル

または、表のスタイル内のどれか一つのスタイルで右クリックして、ショートカットメニューの中から[新しい表のスタイル]をクリックします。
ショートカットメニューから新しい表のスタイル

新しいスタイルの名前を付ける

[書式から新しい表のスタイル]ダイアログボックスが表示されます。[名前]のテキストボックスに分かりやすい名前を入力します。参考[基準にするスタイル]は、[標準の表]になっていますが、[種類]の中から目的のスタイルの近いものがあればそれを選択することで、書式設定の手間を省くことができます。ここでは、[標準の表]のまま設定します。
[書式から新しい表のスタイル]ダイアログボックス

奇数行の縞模様の塗りつぶしを設定

[書式の適用]の▼ボタンをクリックして、[奇数行の縞模様]を選択します。そして、奇数行に設定したい塗りつぶしの色を選択します。表のプレビューが表示されるので、スタイル設定後の表を確認することができます。
奇数行の縞模様の設定

奇数列の縞模様の塗りつぶしを設定

[書式の適用]の▼ボタンをクリックして、[奇数列の縞模様]を選択します。そして、奇数列に設定したい塗りつぶしの色を選択します。
奇数列の縞模様の設定

表全体に格子の設定

表全体に格子を付けたいので、[書式の適用]の▼ボタンをクリックして[表全体]を選択して、罫線一覧の中から[格子]を選択します。
格子の設定

縞模様の設定

1行おき、3列おきにするために[書式から新しい表のスタイル]ダイアログボックスの左下にある[書式]ボタンをクリックして、[縞模様]をクリックします。
縞模様の設定

[縞模様]ダイアログボックスが表示されます。[行方向の縞の幅]を[3]に設定します。

注意この[縞模様]のダイアログボックスの項目名は、非常に間違えやすいです。
[列方向の縞の幅]は[〇行おきの設定][行方向の縞の幅]は[〇列おきの設定]と読み替えていただいたほうが分かりやすいと思います。
また、[表スタイルのオプション]で[縞模様(行)]または[縞模様(列)]のチェックボックスがオンになっていないと設定できません。たとえば、[表スタイルのオプション]で[縞模様(列)]のチェックボックスがオフになっていると、[縞模様]ダイアログボックスの[行方向の縞の幅](〇列おきの設定)の設定はできません。数値の設定はできても、スタイルは反映されません。
[縞模様]のダイアログボックス

これで表の新しいスタイルの設定は完了です。プレビューで確認して問題がなければ、[OK]ボタンをクリックします。
スタイルの設定完了 OKボタンをクリック

表のスタイルの適用

作成した表のスタイルは、表のスタイルのパネルの中に表示されます。ポイントすると、ポップヒントでスタイルの名前を確認することができます。表内にカーソルを置いて、作成したスタイルをポイントすると、リアルタイムプレビューで確認することができます。クリックするとスタイルが適用されます。
参考行の縞と列の縞が重なる部分は列の幅の方が優先されます。
作成した表のスタイル

スタイルの[その他]ボタンをクリックすると、[ユーザー設定]の中に表示されています。
ユーザー設定

表のスタイルの変更

また、作成したスタイルの塗りつぶしなどを変更したい場合は、スタイルで右クリックして[表のスタイルの変更]をクリックします。スタイルを変更すると、適用した表のスタイルも、即変更されます。
表のスタイルの変更

注意表スタイルのオプションで[タイトル行]や[最初の列]を選択している場合、1行目と1列目は、[タイトル行]と[最初の列]を省いた行や列になります。

縞模様の幅を変更する表作成の関連記事です。

Word2003での解説です。
2行ずつ色が違う縞模様の表

no image
2行ずつ色が違う縞の表

Word2003で2行ずつ色が違う縞の表を作成する方法です。 関連以下の記事でも解説しています。 2行ずつ色が違う縞模様の表(Word200 ...

続きを見る

以下は、Word2007での解説です。
2行ずつ色が違う縞模様の表を作成するには

解決できないことは【teratail】に質問してみましょう。

参考Officeのバージョンによって操作が異なる場合があります。以下の記事で、お使いのOfficeのバージョンを確認する方法を解説しています。

Office(Word、Excel、PowerPointなど)のバージョンを確認する方法

Microsoft Officeも時を得て、大きく様変わりしてきました。トラブルを解決しようとするとき、あるいは、何かの操作を探すときなど、 ...

続きを見る

おすすめ記事と広告

関連記事

Office2016の更新オプション

Office2016では、更新オプションから最新の更新プログラムを確認したりインストールすることができます。 ここでは、Word2016で解 ...

モザイク(ぼかし)をかけるならペイントで

写真にモザイクをかけるためには、Windows標準アプリであるペイントを使うと便利です。モザイクのためにソフトを購入したり、ダウンロードした ...

単語登録のエクスポートとインポート

Windows10 のIMEで単語登録した一覧をエクスポートする方法です。新しいパソコンへ単語登録したものをインポートしたいとか、またバック ...

縦棒グラフにアニメーションをつける

PowerPointでは、グラフにアニメーション効果を簡単に設定することができます。棒グラフの項目別や系列別にフェードを設定して、より効果的 ...

削除ボタンに[ごみ箱へ移動]と[完全に削除]

Windows10のタスクバーのエクスプローラーを開いて[ホーム]タブの[削除]ボタンを見てみると、メニューが増えていました。 [ごみ箱へ移 ...

-Windows10 & Office2016 Word2016

Copyright © 2001-2017 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.