リンクユニット

Windows10 & Office2016 Word2016

Print Friendly, PDF & Email

ステップ記録ツールで保存したmhtファイルをWordで編集するには

投稿日:2017年5月10日 更新日:

Windowsには、操作の手順を画面キャプチャを撮って自動で記録してくれるステップ記録ツールという機能があります。とても便利なツールです。

トラブルを早期に解決するためのツール

Windows7、Windows8には、[問題ステップ記録ツール]というトラブルを早期に解決するためのツールがあります。操作の手順を画面キャ ...

続きを見る

ステップ記録ツール

Windows7からの機能ですが、操作の手順を画面キャプチャを撮りながら自動で記録してくれるツールがあります。 ここでは、Windows8で ...

続きを見る

ステップ記録ツールの操作方法は、Windows10では解説していませんが、Windows7、Windows8と同じです。スタートメニューの検索ボックスに「psr」と入力するとすぐに起動することができます。
スタートメニューの検索ボックスに「psr」と入力

または、スタートメニューから[Windowsアクセサリ]を展開すると、その中にあります。
スタートメニューのステップ記録ツール

このツールを使って保存すると「mhtファイル」が作成されます。そのmhtファイルをWordで編集する方法を紹介します。

ZIPファイルの展開

まずステップ記録ツールで保存するとzipファイルが保存されますので、このzipファイルを展開します。ここでは、保存するときに「画像を背景に」という名前で保存しています。該当のzipファイルを選択します。
Zipファイルの選択

そして、[圧縮フォルダーツール]の[展開]にある[すべて展開]のボタンをクリックします。
すべて展開

次に下のウィンドウが表示されますので、展開先を変更したい場合は[参照]ボタンで展開先を指定します。そして、[展開]ボタンをクリックします。
[展開]ボタンをクリック

下のように展開先のフォルダーが開きます。
展開先フォルダー

Wordで開いて編集

フォルダー内のmhtファイルを右クリックします。ショートカットメニューの中の[プログラムから開く]をポイントして[Word2016]をクリックします。もしくは、Wordを先に起動して[開く]ダイアログボックスから該当のmhtファイルを指定しても構いません。
ショートカットメニューの中の[プログラムから開く]をポイントして[Word2016]をクリック

Webレイアウト表示

下のようにWordで開くことができますが、画像が大きくはみ出していると思います。非常に見辛いですね。もし、このままの大きさで表示したいのであればウィンドウの右下にある[Webレイアウト]ボタンをクリックします。
ウィンドウの右下にある[Webレイアウト]ボタンをクリック

[Webレイアウト]表示は、[表示]タブにもあります。
[表示]タブの[Webレイアウト]ボタン

印刷レイアウト表示で画像の大きさを調整

印刷レイアウトで編集したい場合は、印刷レイアウトのまま画像を縮小します。一番上にある画像を選択します。[図ツール]の[書式]タブの右端にある[サイズ]を見ると、下のようにかなり大きな数値が表示されていると思います。
サイズの確認

このサイズを調整します。高さを[80.00mm]にしてみました。だいたい幅いっぱいに画像が収まると思います。F4キーで直前の操作の繰り返し行うために、ドラッグで調整せずにサイズを指定します。※80.00にしても、画像を選択すると79.99になります。
サイズの指定

そして、次の画像を選択して[F4]キーを押します。同じ大きさになると思います。次々と画像を選択して[F4]キーを押していきます。後は、不要な文字を削除したり、追記したりして編集してください。
次の画像を選択してF4キー

名前を付けて保存

[F12]キーを押して、[名前を付けて保存]ダイアログボックスを表示します。[ファイルの種類]から[Word文書(*.docx)]を選択して、任意の名前を付けて保存します。
[名前を付けて保存]ダイアログボックス

次に[Microsoft Word 互換性チェック]ウィンドウが表示されます。このまま[続行]ボタンをクリックします。これで拡張子docxで保存されます。
互換性チェック

参考Officeのバージョンによって操作が異なる場合があります。以下の記事で、お使いのOfficeのバージョンを確認する方法を解説しています。

Office(Word、Excel、PowerPointなど)のバージョンを確認する方法

Microsoft Officeも時を得て、大きく様変わりしてきました。トラブルを解決しようとするとき、あるいは、何かの操作を探すときなど、 ...

続きを見る

ワードを学習するなら、お勧めのテキストです。ぜひお手元においてご活用ください。

おすすめ記事と広告

こんな記事もあります

フィルター後の印刷がうまくいかない時

時々、受ける質問がありますす。Excelで表を作成した後、必要な部分だけを印刷するため、フィルターで抽出して印刷しようとしたけど、印刷範囲が ...

オブジェクトの配置

PowerPointでは、図形や画像を扱うことは多いと思います。オブジェクトを配置するコマンドを上手に使って効率よく配置したいですね。 オブ ...

レポートウィザードを使用して[グループ化]と[並べ替え]と[集計]の設定

Accessのレポートではグループレベルを設定したり、並べ替えやグループごとの集計を求めることができます。レポートウィザードを使用すると、そ ...

住所入力支援ウィザードを使って、郵便番号から住所を自動入力

Accessの住所入力支援機能を使うと、郵便番号を入力して、自動的に住所を入力することができます。郵便番号で変換できる住所までですが、入力の ...

ウィザードを使ったコマンドボタンの作成

Accessで起動時にメニューフォームを表示した後、ボタンをクリックして目的のフォームを開くようにしたいという要望はよくあります。コマンドボ ...

-Windows10 & Office2016 Word2016

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.