Google検索

リンクユニット

Windows10 & Office2016 Excel2016

開始日から指定した営業日後の日付を求めるWORKDAY関数

投稿日:2017年5月12日 更新日:

土日と祝日などを除いて、開始日から指定した日数の経過した日付を求める方法です。

WORKDAY関数を使います。

WORKDAY関数

サンプル表の確認

ここでは、下のような表があってA列に「注文受付日」が入力されています。

B列の「配達期限」に10営業日後の配達期限日を求めます。

Excelの表

日付の表示形式

A列の「注文受付日」には、曜日も表示されるように[セルの書式設定]ダイアログボックスの[表示形式]で[yyyy/mm/dd(aaa)]の表示にしています。

参考[セルの書式設定]ダイアログボックスを表示するショートカットキーは、[Ctrl]+[1]です。

※ユーザー定義で日付に曜日を表示する方法は、日付の入力を参照してください。

日付に曜日を表示するでも解説しています。

セルの書式設定ダイアログボックス

祝日一覧

また、国民の祝日や特定休業日の一覧を作成しておきます。

ここでは、[祝日]シートに作成しています。

祝日一覧

WORKDAY関数

WORKDAY関数は、=WORKDAY(開始日,日数,祭日)となります。

開始日:開始日の日付、または日付が入力されているセルを指定します。

日付を指定する場合は「ダブルクォーテーション(")」で囲みます。

日数:経過する日数を指定します。

祭日:国民の祝日や特定休業日など、計算から除く日付、または日付が入力されているセルを指定します。

日付を指定する場合は「ダブルクォーテーション(")」で囲みます。

※祭日は省略可です。

省略すると、土日を除いた日付が求められます。

セル[B2]からセル[B11]に注文受付日から10営業日の日付を求めます。

WORKDAY関数を入力するセル[B2]をアクティブにして、[数式]タブの[関数ライブラリ]にある[日付/時刻]ボタンをクリックします。

関数ライブラリー

一覧の中から[WORKDAY]をクリックします。

ポップヒントには、以下のように記されています。

開始日から起算して日数で指定した日数だけ前あるいは後の日付い対応するシリアル値を計算します。

WORKDAY関数

クリックすると、下のように[関数の引数]ダイアログボックスが表示されます。

関数の引数

[開始日]のテキストボックスには、セル[A2]を指定します。

[開始日]のテキストボックス内にカーソルを置いて、セル[A2]をクリックするとテキストボックスに[A2]と表示されます。

[日数]には[10]と直接入力します。

[祭日]には[祝日シートのセル範囲]を指定します。

[OK]ボタンをクリックします。

関数の引数のテキストボックスに入力

数式のコピー

セル[B2]には下のようにシリアル値が表示されます。

日付になっていませんが、ここでは気にしないでください。

セル[B2]を選択してセルの右下に表示されるマウスポインタの形が十字の形になった時にダブルクリックします。

隣の列の連続した同じ行まで数式がコピーされます。

フィルハンドルをダブルクリック

下のように数式がコピーされます。

数式のコピー

表示形式の変更

表示形式を日付にしたいので、セル[B2]からセル[B11]まで選択した状態で[ホーム]タブの[数値の書式]の▼をクリックして、最後にある[その他の表示形式]をクリックします。

もちろん、右クリックのショートカットメニューから「セルの書式設定」をクリックしてもOKです。

参考[セルの書式設定]ダイアログボックスを表示するショートカットキーは、[Ctrl]+[1]です。

その他の表示形式

[セルの書式設定]ダイアログボックスの[表示形式]タブが表示されます。

[ユーザー定義]を選択して、下のように入力します。

[OK]ボタンをクリックします。

表示形式の設定

セル[B2]からセル[B11]は下のようになります。

完成表

WORKDAY.INTL関数

土日以外の曜日を除きたい場合は、WORKDAY.INTL(ワークデイ・インターナショナル)関数を使います。

指定する曜日と祝日を除いて、開始日から指定した日数だけ経過した日付を求めます。

WORKDAY関数は土日が休日になりますが、WORKDAY.INTL関数は土日以外の曜日を指定できます。

土日以外が休業日となっている場合に対応できる関数です。

(Excel2010以降の関数です)

=WORKDAY.INTL(開始日,日数,週末,祭日)

週末:計算から除く曜日を番号で指定します。

例えば、上記と同じ表で「日曜日と月曜日」が休業日の場合は、下の表から週末番号は「2」とわかりますので、「=WORKDAY.IMTL(A2,10,2,祝日!A2:A18)」となります。

WORKDAY.INTL関数

週末番号 曜日
1または省略 土曜日と日曜日
2 日曜日と月曜日
3 月曜日と火曜日
4 火曜日と水曜日
5 水曜日と木曜日
6 木曜日と金曜日
7 金曜日と土曜日
11 日曜日のみ
12 月曜日のみ
13 火曜日のみ
14 水曜日のみ
15 木曜日のみ
16 金曜日のみ
17 土曜日のみ

週末の曜日は7桁の数字で指定することもできます。

例えば、水曜日と金曜日が休業日の場合は、[0010100]となります。

月曜から開始で、稼働日が0、非稼働日が1になります。

Microsoftのサポートページです。

WORKDAY.INTL関数

おすすめ記事と広告

推奨管理人一押しのテキストです。業務改善、時短のための一冊です。関数が分かるとExcelが楽しくなります。

【無料】できるExcel 2016 新機能ガイド|ダウンロード版

-Windows10 & Office2016 Excel2016

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.