Windows XP & Office 2003 Excel 2003

セルの中を2行表示にするには(セル内改行)

投稿日:2017年1月9日 更新日:

1つのセルの中をどうしても2行にしたい、セル内で改行したい時ってありますね。その場合の方法です。

また、改行を解除する方法も合わせて解説します。

文字を改行したセル

[Alt]キー +[Enter]キーで改行

セル内改行をしたいセルをクリックします。

そして、セルの中でダブルクリックします。または、[F2]キーを押します。セルの中にカーソルが表示されます。

改行したい位置にカーソルを移動します。

[Alt]キーを押したまま[Enter]キーを押すと改行することができます。

※[Alt]キーは、キーボードの右側にもあると思います。

[Alt]キー+[Enter]キー

セル内で改行

参考[Alt]+[Enter]で改行すると、[セルの書式設定]ダイアログボックスの[配置]タブにある[折り返して全体を表示する]のチェックボックスが自動的にオンになります。

[セルの書式設定]折り返して全体を表示する

改行を解除したい場合は、[セルの書式設定]ダイアログボックスの[配置]タブにある[折り返して全体を表示する]のチェックボックスをオフにします。

セル内改行の活用例

1つのセル内に長い文字列を入力しなければならない場合に、文の区切りで改行することもあると思います。

また、表の左上のセルに斜線を引いて、文字を配置したい場合も改行すると上手く表示できます。

(画像はExcel2010)

セル内改行して配置

参考罫線の設定については、以下の記事で解説しています。

表に罫線を効率よく作成するには(マウスを使って操作するのも便利)

Excelで罫線を設定する方法は、[罫線]コマンドを使用したり、[セルの書式設定]ダイアログボックスで設定できますが、もう一つ、マウスで罫線 ...

続きを見る

以下の記事でもセル内改行を紹介しています。また、セルの書式設定のユーザー定義で改行する方法も解説しています。

横書き表から縦書き表へ変換

Excelで横書きで作成された表を縦書きの表へ変換する方法です。すでに作成された表なら縦書きで入力し直す必要はありません。3つの手順で完了で ...

続きを見る

[セルの書式設定]ダイアログボックスから設定と解除

書式設定から変更することもできます。

目的のセルをクリックします。メニューバーの[書式]から[セル]をクリックします。

参考[セルの書式設定]ダイアログボックスを表示するショートカットキーは、[Ctrl]+[1]です。ただし、テンキーの[1]では動作しません。

[書式]メニューの[セル]

[セルの書式設定]ダイアログボックスが表示されます。

[配置]タブをクリックします。

[文字の制御]から[折り返して全体を表示する]にチェックを入れて、[OK]ボタンをクリックします。

[セルの書式設定]ダイアログボックスの[配置]タブ-折り返して全体を表示する

できましたね。

ただし、この場合は折り返す位置を指定できません。

以下の画像では、ちょうどいい位置で折り返しができていますが、目的の位置で改行できていない場合は再度調整が必要になります。

文字を改行したセル

改行の解除(縮小して全体を表示するには)

[セルの書式設定]ダイアログボックスで[折り返して全体を表示する]のチェックボックスをオフにすると、改行は解除されます。

列幅を変えずにセル内におさめたいときは、[セルの書式設定]ダイアログボックスの[縮小して全体を表示する]にチェックを入れます。

[セルの書式設定]ダイアログボックスの[配置]タブ-縮小して全体を表示する

自動的にフォントサイズが縮小され、セル内に収まるように表示されます。

セル内に文字列が1行で表示されたセル

参考Excel2010の[セルの書式設定]ダイアログボックスです。同じく[配置]タブに設定項目があります。

Excel2010の[セルの書式設定]ダイアログボックスの[配置]タブ

Excel2007以降はリボンに[折り返して全体を表示する]ボタン

Excel2007では、[ホーム]タブの[配置]グループに[折り返して全体を表示する]ボタンがあります。

折り返して全体を表示する

セルの内容を折り返して複数行にし、セルの全内容を表示します。

[セルの書式設定]ダイアログボックスを表示しなくても設定できるようになっています。

ただし、これも位置を指定できるわけではありません。

位置を指定して改行したい場合は、[Alt]+[Enter]が効率的です。

ただ、改行を解除する場合は、このボタンをクリックするだけなので簡単ですね。

[折り返して全体を表示する]ボタン

以下は、Excel2019(バージョン2111)の[折り返して全体を表示する]のボタンです。アイコンが少し変わってますね。Excel2016から変わったようです。

Excel2019(バージョン2111)の[折り返して全体を表示する]のボタン

CLEAN関数で改行を解除

セル内改行は、関数を使用して解除することもできます。

関数なので、別のセルへ表示することになりますが、知っておくと役立ちます。

CLEAN関数は、印刷できない文字を文字列から削除する関数です。

以下の状態の時に[Tab]キーを押すと、関数を入力できます。画像は、Excel2010です。

CLEAN関数を入力途中のセル

以下のようになります。

CLEAN関数を入力したセル

CLEAN関数の引数ダイアログボックスです。

CLEAN関数の引数ダイアログボックス

CLEAN 関数 - Microsoft サポート(Microsoft)

参考セル内改行をまとめて削除するには、置換作業で行うこともできます。

セル内改行をスラッシュ[/]に一括置換(空白に置換で改行解除)

Excelでは、セル内で改行したい場合は、キーボードから[Alt]キーと[Enter]キーを押します。 下のように一つのセル内で改行すること ...

続きを見る

値のみ貼り付けで改行を解除

改行されたセルをコピーして、値のみの貼り付けをしても解除できます。

ただし、セルに[折り返して全体を表示する]の設定がないセルです。既定ではオフです。

改行されたセルを解除しないまま、別のセルへ貼り付けても解除できるということです。

貼り付けオプションの[値のみ]

貼り付けオプションについては、以下の記事で解説しています。

Excelの貼り付けオプションはコピーしたデータによって異なる

貼り付けオプションのアイコンにマウスをポイントすると(合わせると)、ポップヒントにコマンド名が表示されます。 ポイントするだけで、貼り付けし ...

続きを見る

参考確定前ならセル内改行された文字列を解除するのは、[BackSpace]キーでOKです。改行された文字列の先頭にカーソルを置いて、[Backspace]キーを押します。

検索

ほかの記事も検索してみませんか?

Access / Excel / PowerPoint / Word

Profile

執筆者/はま

Ad

-Windows XP & Office 2003 Excel 2003

Copyright © 2001-2022 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2022 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.