リンクユニット

Google検索

Office2019 Excel2019

横書き表から縦書き表へ変換

投稿日:2019年8月21日 更新日:

Excelで横書きで作成された表を縦書きの表へ変換する方法です。すでに作成された表なら縦書きで入力し直す必要はありません。3つの手順で完了できます。

まず、横書きの表を縦書きにします。そして、縦書きになった表の行列を入れ替えて貼り付けします。最後にワークシートを右から左へ変更します。縦書きでの入力は苦手という方にもおすすめです。

横書きの表を縦書きの表へ変更

横書きの表

Excelは既定では、横書きですね。初めから縦書きにすると分かっていれば、縦書きにして入力すればいいですが、ここでは、すでに横書きで作成された表があって、それを縦書きにしたいという場合の方法です。

ここでは、サンプルとして以下のような表を作成しました。

横書きの表

縦書きに変換

横書きの表を範囲選択して、縦書きにします。

表全体を範囲選択します。そして、[ホーム]タブの[配置]グループにある[方向]をクリックして、メニューの中から[縦書き]をクリックします。

[ホーム]タブの[方向]から[縦書き]を選択

以下のようにセル内の文字列が縦書きになります。範囲選択は解除せずに、そのままにしておきます。

縦書き文字

注意Excel2016とExcel2019では、既定のフォントが[游ゴシック]になっています。この[游ゴシック]のまま縦書きにすると、Windows10の場合、バージョンによって変になります。もしも、縦書きにした場合、変になった場合は、フォントを変更してみてください。

フォント選択の注意

また、既定のフォントを変更する方法は、以下の記事で解説しています。

既定のフォントが游ゴシックに(既定フォントの変更)

Excel2016では、既定のフォントが「游ゴシック」になっています。 Excel2013までは、「MSPゴシック」だったのですが。 游ゴシ ...

続きを見る

[セルの書式設定]から縦書きにするには

[セルの書式設定]ダイアログボックスを表示して縦書きに設定することもできます。

表を範囲選択して、右クリックします。ショートカットメニューから[セルの書式設定]をクリックします。

右クリックのショートカットメニューから[セルの書式設定]

または、ショートカットキー[Ctrl]+[1]を使います。

キーボード[Ctrl]+[1]

[セルの書式設定]ダイアログボックスが表示されます。[配置]タブが表示されます。

[方向]の縦書きの[文字列]をクリックします。黒くなります。[OK]ボタンをクリックして閉じます。

[セルの書式設定]ダイアログボックスの[配置]タブ

コピーして行列を入れ替えて貼り付け

縦書き文字になった表を範囲選択したままコピーします。

[ホーム]タブの[クリップボード]グループにある[コピー]ボタンをクリックします。

あるいは、ショートカットキー[Ctrl]+[C]を使っても構いません。

[ホーム]タブの[コピー]ボタン

新規ワークシート(ここでは[Sheet2])に行列を入れ替えて貼り付けします。

ここでは、Sheet2のセル[B2]を選択します。

[ホーム]タブの[貼り付け]ボタンの下側をクリックしてメニューを表示します。

その中から、[行/列の入れ替え]ボタンをクリックします。

[貼り付け]の[行/列を入れ替え]

以下のように行列を入れ替えた表になります。

行列入れ替えて貼り付けた表

参考行列を入れ替えて貼り付ける方法は、Excel2003でも解説しています。

行列を簡単に入れ替える方法

表の行と列を入れ替えたいと思ったことはありませんか? 簡単に入れ替えることができます。 下のような表があります。1月から12月までの列を行と ...

続きを見る

シートを右から左へ表示する

Excelのオプションでワークシートを右から左へ表示します。

[ファイル]タブをクリックして、[オプション]をクリックして[Excelのオプション]ダイアログボックスを表示します。

[詳細設定]タブを選択して、[次のシートで作業するときの表示設定]にある[シートを右から左へ表示する]のチェックボックスをオンにします。

シート名が間違っていないかを確認してください。ワークシートごとの設定になります。

[OK]ボタンをクリックします。

[Excelのオプション]ダイアログボックス

以下のようになります。

[シートを右から左へ表示する]設定後のワークシート

後は、見た目を調整すればいいですね。

上揃えにするには[ホーム]タブの[配置]グループにある[上揃え]をクリックします。

セルの文字を上揃え

参考ワークシートを右から左へ表示する設定については、以下の記事で解説しています。

ワークシートを右から左へ表示するには

Excel2013の[ページレイアウト]タブの[シートのオプション]グループには[シート(右から左)]というコマンドボタンがあります。 この ...

続きを見る

フォント選択の注意

Windows10のバージョンによっては、縦書きが変になる場合があります。

Excel2016とExcel2019では、既定のフォントが[游ゴシック]になっていますが、この[游ゴシック]を縦書きにすると、以下のようになります。Windows10のバージョン1803と1809での現象です。

Windows10のバージョン1803と1809で游ゴシックを縦書きにした場合

游ゴシックや游明朝などの場合に起こります。他のフォントに変更すると、正常になります。

Windows10のバージョン1903では、正常になっています。

Windows10のバージョン1903の游ゴシックを縦書き

縦書き専用フォントを使用するには

縦書き文字を綺麗に見せるには、[縦書きフォント]を使用するといいです。

以下は、[MS Pゴシック]を使用しています。フォントは、[ホーム]タブの[フォント]グループにある[フォント]で確認できます。

[ホーム]タブのフォント選択

フォントに[@]を付ける

縦書きフォントにするには、範囲選択して、[フォント]内でクリックして先頭に[@](半角)を入力して[Enter]キーを押します。

数字が入力されたセルは外して選択します。

フォントの先頭に@を付ける

以下のように文字が90度回転した状態になります。

横向き文字になった表

右へ90度回転

文字の方向を右へ90度回転させます。

範囲選択したまま、[ホーム]タブの[配置]グループにある[方向]をクリックして、メニューの中から[右へ90度回転]をクリックします。

[ホーム]タブの[方向]から[右へ90度回転]

縦書き専用フォントと通常フォントとの比較です。

縦書きフォントにすると、文字間隔が詰まっています。Pが付いているプロポーショナルフォントの場合は特に違いが分かると思います。

文字間隔が空いた方がいい場合、詰まった方がいい場合があると思いますので、読みやすい方法を工夫してみてください。

縦書きフォントとの比較

参考メイリオフォントは、綺麗だと思います。

メイリオフォント

数字は横のままにしたい場合

数字は横向きのままにしておきたいという場合もあると思います。その場合の方法です。

数字は横になった縦書きの表

縦書きの解除

数字が入力されたセルを範囲選択して、縦書きを解除します。

[ホーム]タブの[配置]グループにある[方向]をクリックして、メニューの中から[縦書き]をクリックしてオフにします。

数字が入力されたセルを選択して縦書きを解除

以下のようになります。[中央揃え]のボタンをクリックして、中央揃えにしておきます。

セルの文字を中央揃え

セル内改行

改行したい位置にカーソルを置いて、キーボードから[Alt]+[Enter]を押します。

キーボード[Alt]+[Enter]

改行したい位置にカーソルを置いて[Alt]+[Enter]

参考セル内改行については、以下の記事で解説しています。

セルの中を2行表示にするには(セル内改行)

1つのセルの中をどうしても2行にしたい、セル内で改行したい時ってありますね。その場合の方法です。 [Alt]キー +[Enter]キー セル ...

続きを見る

Profile

執筆者/はま

おすすめ記事と広告

-Office2019 Excel2019

Copyright © 2001-2019 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.