リンクユニット

Windows8 & Office2013 Excel2013

PowerPivotのスライサーの配置

投稿日:2017年1月9日 更新日:

Excel2010では、PowerPivotで作成したピボットテーブルには、フィールドリストに[垂直スライサー]と[水平スライサー]というのがありました。
powerpivot2010のフィールドリスト

PowerPivotの垂直スライサーと水平スライサー

Excel2010のPowerPivotで取り込んだデータを元を作成したピボットテーブルで、垂直スライサーと水平スライサーの使い方です。 垂 ...

続きを見る

Excel2013のPowerPivotのピボットテーブルには、[垂直スライサー]も[水平スライサー]もありません。
powerpivot2013のフィールドリスト

どこに消えたのだろうと思ったのですが、[POWERPIVOT]タブにちゃんとその機能はありました。

スライサーの表示

まず、ピボットテーブルで[分析]タブをクリックして、[フィルター]グループにある[スライサー]をクリックします。
スライサーとは、ポップヒントにも書いてあるとおり、データのフィルタリングを視覚的に実行することができるものです。

ポップヒントには以下のように記されています。

スライサーを使って、データのフィルター処理を視覚的に実行します。
スライサーを使うと、テーブルやピボットテーブル、ピボットグラフ、キューブ関数のフィルター処理が速くなり、簡単になります。

スライサー

[スライサーの挿入]が表示されます。ここでは、[社員ID]と[出荷先名]のチェックボックスをオンにして、[OK]ボタンをクリックします。
スライサーの挿入

この2つのスライサーを[Ctrl]キーや[Shift]キーを使って選択します。
スライサーの選択

POWERPIVOTタブのスライサーの配置

[POWERPIVOT]タブをクリックして、[スライサーの配置]グループにある[左右に配置]をクリックします。下のような配置になります。
POWERPIVOTタブ 左右に配置

[上下に配置]をクリックすると、下のような配置になります。
上下に配置

関連スライサーについての関連記事です。
ピボットのレポートの接続とフィルターの接続

ピボットテーブルのレポートの接続とフィルターの接続

Excelのピボットテーブルやピボットグラフでは、スライサーを使用してフィルタリングすると視覚的に分かりやすく、とても便利です。 下の画像は ...

続きを見る

参考Officeのバージョンによって操作が異なる場合があります。以下の記事で、お使いのOfficeのバージョンを確認する方法を解説しています。

Office(Word、Excel、PowerPointなど)のバージョンを確認する方法

Microsoft Officeも時を得て、大きく様変わりしてきました。トラブルを解決しようとするとき、あるいは、何かの操作を探すときなど、 ...

続きを見る

管理人一押しのテキストです。業務改善、時短のための一冊です。関数を学び直したい人はぜひ!

おすすめ記事と広告

記事を更新しました

フィルター後の表を行の高さも列幅もそのままコピーしたい

Excelで下のように完成した表があって、A列の「地域」でフィルターをかけて抽出しています。 フィルターで抽出した表をそのままコピーして、 ...

フィルターの空白を含む複数選択で抽出数が違う

Access2007からの新機能だと思うですが、テーブルやデータシートビューでフィルターが使用できます。 Excelのフィルターと同じように ...

マウスで罫線を引く

Word2013で[罫線を引く]コマンドは[ホーム]タブ、[レイアウト]タブ、[デザイン]タブの3か所にあります。 [ホーム]タブの[罫線] ...

ワンクリックで行や列の挿入

Word2013では、ワンクリックで表の行や列の挿入ができるようになっています。 挿入マーク 列の場合 列を挿入したい位置の列の罫線にマウス ...

Do Not Trackの有効/無効

IE10のインターネットオプションには、[常にDo Not Trackヘッダーを送信する]というチェック項目があります。 インターネットオプ ...

-Windows8 & Office2013 Excel2013

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.