Windows8 & Office2013 Excel2013

Print Friendly

PowerPivotのスライサーの配置

投稿日:

Excel2010では、PowerPivotで作成したピボットテーブルには、フィールドリストに[垂直スライサー]と[水平スライサー]というのがありました。
powerpivot2010のフィールドリスト
Excel2013のPowerPivotのピボットテーブルには、[垂直スライサー]も[水平スライサー]もありません。
powerpivot2013のフィールドリスト
どこに消えたのだろうと思ったのですが、[POWERPIVOT]タブにちゃんとその機能はありました。

まず、ピボットテーブルで[分析]タブをクリックして、[フィルター]グループにある[スライサー]をクリックします。
スライサーとは、ポップヒントにも書いてあるとおり、データのフィルタリングを視覚的に実行することができるものです。
スライサー

スポンサーリンク
[スライサーの挿入]が表示されます。ここでは、[社員ID]と[出荷先名]のチェックボックスをオンにして、[OK]ボタンをクリックします。
スライサーの挿入
この2つのスライサーを[Ctrl]キーや[Shift]キーを使って選択します。
スライサーの選択
[POWERPIVOT]タブをクリックして、[スライサーの配置]グループにある[左右に配置]をクリックします。
下のような配置になります。
POWERPIVOTタブ 左右に配置
[上下に配置]をクリックすると、下のような配置になります。
上下に配置
スライサーについての関連記事です。
ピボットのレポートの接続とフィルターの接続

お勧め記事と広告

関連記事

Ctrl+Oでダイアログボックスを開くには

Office2013では、開くダイアログボックスを開くためのショートカットキー[Ctrl]+[O]キーを押すと、 [ファイルを開く]ダイアロ ...

図形・テキストボックスで文字を下左右中央にする

PowerPoint2013で図形やテキストボックスを挿入後、文字列を縦書きして、その文字列を下の左右中央に配置する方法です。 ここでは、図 ...

おすすめピボットテーブルは簡単便利

Excel2013には、[挿入]タブに[おすすめピボットテーブル]というのがあります。 おすすめグラフと同じようにとても便利なものです。これ ...

2つのテーブルの差分を求める

Accessで2つのテーブルの不一致レコードを抽出する方法です。 下のように[テーブルA]と[テーブルB]があります。テーブルのオブジェクト ...

テーブルでスライサー

Excel2013では、テーブルでも[スライサー]が使用できるようになりました。 Excel2010のピボットテーブルでスライサーが登場した ...

-Windows8 & Office2013 Excel2013

Copyright © 2001-2017 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.