Windows8 & Office2013 Excel2013

Print Friendly, PDF & Email

PowerPivotのスライサーの配置

投稿日:2017年1月9日 更新日:

Excel2010では、PowerPivotで作成したピボットテーブルには、フィールドリストに[垂直スライサー]と[水平スライサー]というのがありました。
powerpivot2010のフィールドリスト

PowerPivotの垂直スライサーと水平スライサー

Excel2010のPowerPivotで取り込んだデータを元を作成したピボットテーブルで、垂直スライサーと水平スライサーの使い方です。 垂 ...

続きを見る

Excel2013のPowerPivotのピボットテーブルには、[垂直スライサー]も[水平スライサー]もありません。
powerpivot2013のフィールドリスト

どこに消えたのだろうと思ったのですが、[POWERPIVOT]タブにちゃんとその機能はありました。

スライサーの表示

まず、ピボットテーブルで[分析]タブをクリックして、[フィルター]グループにある[スライサー]をクリックします。
スライサーとは、ポップヒントにも書いてあるとおり、データのフィルタリングを視覚的に実行することができるものです。

ポップヒントには以下のように記されています。

スライサーを使って、データのフィルター処理を視覚的に実行します。
スライサーを使うと、テーブルやピボットテーブル、ピボットグラフ、キューブ関数のフィルター処理が速くなり、簡単になります。

スライサー

[スライサーの挿入]が表示されます。ここでは、[社員ID]と[出荷先名]のチェックボックスをオンにして、[OK]ボタンをクリックします。
スライサーの挿入

この2つのスライサーを[Ctrl]キーや[Shift]キーを使って選択します。
スライサーの選択

POWERPIVOTタブのスライサーの配置

[POWERPIVOT]タブをクリックして、[スライサーの配置]グループにある[左右に配置]をクリックします。下のような配置になります。
POWERPIVOTタブ 左右に配置

[上下に配置]をクリックすると、下のような配置になります。
上下に配置

関連スライサーについての関連記事です。
ピボットのレポートの接続とフィルターの接続

ピボットのレポートの接続とフィルターの接続

Excelのピボットテーブルやピボットグラフでスライサーを使用してフィルタリングすると便利です。 下の画像は、二つのピボットテーブルとピボッ ...

続きを見る

参考Officeのバージョンによって操作が異なる場合があります。以下の記事で、お使いのOfficeのバージョンを確認する方法を解説しています。

Office(Word、Excel、PowerPointなど)のバージョンを確認する方法

Microsoft Officeも時を得て、大きく様変わりしてきました。トラブルを解決しようとするとき、あるいは、何かの操作を探すときなど、 ...

続きを見る

検索して分からなかったら【teratail】に質問!

あなたへのおすすめ

関連記事

印刷時の設定

PowerPointで2013で印刷時の設定は、Backstageビューの[印刷]カテゴリーの[設定]にあります。 下の画像は、[ファイル] ...

ピボットテーブルの行や列の並べ替え

Excelのピボットで、行や列を並べ替えするときに知っておくと便利な機能があります。ユーザー設定リストに登録したリストで並べ替えることもでき ...

改ページを一括削除するには

Word2013で改ページを一括で削除する方法です。他のバージョンのWordも同じ操作です。 改ページは、1つずつ削除するには、編集記号の改 ...

省略波線の作り方

Excelで省略を意味する波線を作成する方法です。 下のようにグラフで数値が極端に違う場合に使用するといいですね。波線の上下はは黒い線で、中 ...

マイナス値まであるグラフで横軸を下へ移動する

Excelで、値がマイナスまであるデータを元にグラフを作成すると、下のグラフのように横軸が縦軸の0の位置に表示されて、見づらいですね。 これ ...

-Windows8 & Office2013 Excel2013

Copyright © 2001-2017 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.