Windows8 & Office2013 Excel2013

PowerPivotのスライサーの配置

投稿日:

Excel2010では、PowerPivotで作成したピボットテーブルには、フィールドリストに[垂直スライサー]と[水平スライサー]というのがありました。
powerpivot2010のフィールドリスト
Excel2013のPowerPivotのピボットテーブルには、[垂直スライサー]も[水平スライサー]もありません。
powerpivot2013のフィールドリスト
どこに消えたのだろうと思ったのですが、[POWERPIVOT]タブにちゃんとその機能はありました。

まず、ピボットテーブルで[分析]タブをクリックして、[フィルター]グループにある[スライサー]をクリックします。
スライサーとは、ポップヒントにも書いてあるとおり、データのフィルタリングを視覚的に実行することができるものです。
スライサー

スポンサーリンク
[スライサーの挿入]が表示されます。ここでは、[社員ID]と[出荷先名]のチェックボックスをオンにして、[OK]ボタンをクリックします。
スライサーの挿入
この2つのスライサーを[Ctrl]キーや[Shift]キーを使って選択します。
スライサーの選択
[POWERPIVOT]タブをクリックして、[スライサーの配置]グループにある[左右に配置]をクリックします。
下のような配置になります。
POWERPIVOTタブ 左右に配置
[上下に配置]をクリックすると、下のような配置になります。
上下に配置
スライサーについての関連記事です。
ピボットのレポートの接続とフィルターの接続

トラブルをすぐに解決したいならteratail

お勧め記事と広告

関連記事

ピボットのアイテムの並べ替えはドラッグで

Excelのピボットデーブルで作成したフィールドのアイテムは、ドラッグで移動することができます。 下は、PowerPivotのテーブルです。 ...

前にコピーしたものを貼りつけたい時

コピーは、直前のものしか貼り付けできないと思っていませんか? そんなことはありません。数回前にコピーしたものでも貼り付けすることができます。 ...

グラフをプレビューして確定

Excel2013では、グラフの種類を決定する際、プレビューで確認しながら確定できるようになりました。 Excel2010までは、グラフの種 ...

氏名を姓と名のフィールドに分ける

Accessでしっかりテーブル設計をしていればいいのですが、なかなかそうはいかず、後からいろいろ注文を受けることになります。 氏名フィールド ...

省略波線の作り方

Excelで省略を意味する波線を作成する方法です。 下のようにグラフで数値が極端に違う場合に使用するといいですね。波線の上下はは黒い線で、中 ...

-Windows8 & Office2013 Excel2013

Copyright © 2001-2017 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.