Windows 8 & Office 2013 Excel 2013

PowerPivotのスライサーの配置(左右に配置と上下に配置)

投稿日:2017年1月9日 更新日:

スライサーとは、テーブルやピボットテーブルでデータのフィルタリングを視覚的に実行することができるものです。

Excel2013では、スライサーを左右や上下に配置する機能は、[POWERPIVOT]タブにあります。

2つのスライサー

PowerPivotのピボットテーブルだけでなく、テーブルやピボットテーブルでもスライサーの配置機能は使えます。

参考Excel2016以降は、[POWERPIVOT]タブに[スライサーの配置]グループはありません。よって、[左右に配置]と[上下に配置]のコマンドもありません。

[オプション]タブの[オブジェクトの配置]から配置することはできます。

Excel2010のPowerPivotのスライサー

Excel2010では、PowerPivotで作成したピボットテーブルには、フィールドリストに[垂直スライサー]と[水平スライサー]というのがありました。

powerpivot2010のフィールドリスト

PowerPivotの垂直スライサーと水平スライサー

Excel2010のPowerPivotで取り込んだデータを基に作成したピボットテーブルでの[垂直スライサー]と[水平スライサー]の使い方で ...

続きを見る

Excel2013のPowerPivotのピボットテーブルには、[垂直スライサー]も[水平スライサー]もありません。

powerpivot2013のフィールドリスト

どこに消えたのだろうと思ったのですが、[POWERPIVOT]タブにちゃんとその機能はありました。

スライサーの表示

まず、ピボットテーブルで[分析]タブをクリックして、[フィルター]グループにある[スライサー]をクリックします。

スライサーとは、ポップヒントにも書いてあるとおり、データのフィルタリングを視覚的に実行することができるものです。

ポップヒントには以下のように記されています。

スライサー

スライサーを使って、データのフィルター処理を視覚的に実行します。

スライサーを使うと、テーブルやピボットテーブル、ピボットグラフ、キューブ関数のフィルター処理が速くなり、簡単になります。

[分析]タブの[フィルター]グループにある[スライサー]

[スライサーの挿入]が表示されます。

ここでは、[社員ID]と[出荷先名]のチェックボックスをオンにして、[OK]ボタンをクリックします。

[社員ID]と[出荷先名]の2つのスライサーが表示されます。

[スライサーの挿入]ダイアログボックス

POWERPIVOTタブのスライサーの配置

この2つのスライサーを[Ctrl]キーや[Shift]キーを使って選択します。

スライサーの選択

左右に配置

[POWERPIVOT]タブをクリックして、[スライサーの配置]グループにある[左右に配置]をクリックします。

下のような配置になります。

[POWERPIVOT]タブの[左右に配置]

参考1つのスライサーを選択していても動作はします。1つのスライサーを選択している場合は、ピボットテーブルに合わせて配置されます。

スライサーを選択していない場合は、以下のメッセージウィンドウが表示されます。

スライサーを配置するには、1つ以上のスライサーを選択し、ほかのオブジェクトの選択を解除する必要があります。

上下に配置

[スライサーの配置]グループの[上下に配置]をクリックすると、以下のような配置になります。

[POWERPIVOT]タブの[上下に配置]

[オプション]タブの[オブジェクトの配置]から配置

[スライサーツール]の[オプション]タブにも[配置]があります。

Excel2016以降は、[POWERPIVOT]タブに[スライサーの配置]グループはありませんが、[オプション]タブの[配置]から操作することができます。

オブジェクトの配置

選んだオブジェクトをページのどの場所に配置するのかを決めます。

オブジェクトをページの余白や端に揃える場合に便利です。複数のオブジェクトの間隔が等しくなるように揃えることもできます。

[オプション]タブの[オブジェクトの配置]

この[配置]のメニューからスライサーを揃えることもできます。

[配置]のメニュー

参考スライサーは、Excel2013以降はテーブルでも使用できるようになっています。

以下の記事では、スライサーのカスタマイズ(列数・配色・大きさ・配置)についても解説しています。ピボットテーブルでも同じ設定ができます。

テーブルでもスライサーの挿入ができる(フィルター処理を視覚的に)

Excel2013では、テーブルでも[スライサー]が使用できるようになりました。 以下のようなスライサーを使った絞り込みを行うことができます ...

続きを見る

スライサーについては、以下の記事でも解説しています。

ピボットテーブルのレポートの接続とフィルターの接続

Excelのピボットテーブルやピボットグラフでは、スライサーを使用してフィルタリングすると視覚的に分かりやすく、とても便利です。 Excel ...

続きを見る

Excel2016では、スライサーに複数選択ボタンが追加されています。

テーブルのスライサーに[複数選択]のボタンが追加

テーブルやピボットテーブルでは、スライサーを使用してデータのフィルターを視覚的に実行することができます。 Excel2010のピボットテーブ ...

続きを見る

関連以下は、PowerPivotに関する記事です。

PowerPivotのインストールとAccessデータベースのインポート

Excel2010には、PowerPivotというアドインを組み込むことができます。 Excel2013には標準でアドインがインストールされ ...

続きを見る

PowerPivotでExcelファイルのデータをインポート(貼り付けもできる)

Excel2010のPowerPivotで、Excelのデータをインポートする方法です。 [PowerPivotウィンドウ]を起動して、[そ ...

続きを見る

ピボットテーブルで値領域に移動しようとするとメッセージが表示される

Excel2010でPowerPivotをインストールした環境でピボットテーブルを利用していると、PowerPivotのフィールドリストと、 ...

続きを見る

PowerPivotタブが消えた場合の対処方法

Excel2010でPowerPivotアドインを追加して[PowerPivot]タブが表表示されていたのに、いつの間にか[PowerPiv ...

続きを見る

PowerPivotのデータの更新

Excel2010のPowerPivotで取りこんだデータからピボットテーブルを作成して、そのデータを最新化するためには、PowerPivo ...

続きを見る

フィールドの一覧に[垂直スライサー]と[水平スライサー]がない

Excel2010のPowerPivotで作成したピボットテーブルで、フィールドの一覧にあった[垂直スライサー]と[水平スライサー]が消えて ...

続きを見る

PowerPivot2010のリレーションシップ

PowerPivotでは、複数のテーブルに共通フィールドがあるとリレーションシップが自動的に検出されます。 Excel2010のPowerP ...

続きを見る

Wordに埋め込んだExcelの編集ができない

Excel2010でPowerPivotアドインを追加した場合、Word文書に埋め込んだExcelは起動することができません。 [Power ...

続きを見る

PowerPivotウィンドウでのダイアグラムビューの表示

Excel2013のPowerPivotウィンドウには[ダイアグラムビュー]があります。 ちょっと気が付きにくいのですが、実際試してみるとリ ...

続きを見る

PowerPivot2013の計算フィールド

Excel2013のPowerPivotでは、[計算フィールド]というボタンが追加されました。 Excel2010のPowerPivotでは ...

続きを見る

ワークシートからデータモデルへデータを追加するには

Excel2013には、POWERPIVOTというアドインが標準で組み込まれています。 POWERPIVOTタブを表示させよう このPOWE ...

続きを見る

リレーションシップを表示(ダイアグラムビューで共通フィールドを関連付け)

Excel2013では、テーブル同士の関連づけが簡単にできます。 VLOOKUP関数を使うより簡単だと思います。 参考[POWERPIVOT ...

続きを見る

PowerPivot2013のリレーションシップ(自動検出と作成)

Excel2013のPowerPivotで、以下の操作でExcelのデータをインポートしました。 Excel2013のPowerPivotで ...

続きを見る

POWERPIVOTの元データの確認は[既存の接続]から

Excel2010からのアドインであるPowerPivotは、便利なのであれこれ活用していますが、時々このピボットテーブルの元データはどこの ...

続きを見る

PowerPivotウィンドウに数式列を追加してピボットテーブルを作成

Excel2013の[POWERPIVOT]タブにある[管理]ボタンをクリックして現れるウィンドウに数式列を追加する方法を紹介します。 下の ...

続きを見る

PowerPivotの更新はピボットテーブルの更新ボタンをクリックするだけ

PowerPivotからデータを取り込んでピボットテーブルを作成した場合、データを更新するには、Excel2010では[PowerPivot ...

続きを見る

Excel2010とExcel2013が混在した環境でのPowerPivotは注意が必要

Excel2010のPowerPivotでデータを取り込んで作成したブックを、Excel2013のPowerPivotタブでデータモデルの[ ...

続きを見る

データモデルの2つのテーブルから計算フィールドを作成

Excelでデータモデルに追加したテーブルを使って計算フィールドを作成する方法です。 ここでは、3つのデータをデータモデルに追加してピボット ...

続きを見る

データモデルのデータを使ってピボットテーブルを作成する方法

Excel2013以降にはPowerPivotというビッグデータを分析できるアドイン機能が標準で搭載されています。 ただし、既定では有効にな ...

続きを見る

検索

ほかの記事も検索してみませんか?

Access / Excel / PowerPoint / Word

Profile

執筆者/はま

-Windows 8 & Office 2013 Excel 2013

Copyright © 2001-2023 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2023 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.