Windows8 & Office2013 Excel2013

Print Friendly, PDF & Email

PowerPivotのスライサーの配置

投稿日:2017年1月9日 更新日:

Excel2010では、PowerPivotで作成したピボットテーブルには、フィールドリストに[垂直スライサー]と[水平スライサー]というのがありました。
powerpivot2010のフィールドリスト

PowerPivotの垂直スライサーと水平スライサー

Excel2010のPowerPivotで取り込んだデータを元を作成したピボットテーブルで、垂直スライサーと水平スライサーの使い方です。 垂 ...

続きを見る

Excel2013のPowerPivotのピボットテーブルには、[垂直スライサー]も[水平スライサー]もありません。
powerpivot2013のフィールドリスト

どこに消えたのだろうと思ったのですが、[POWERPIVOT]タブにちゃんとその機能はありました。

スライサーの表示

まず、ピボットテーブルで[分析]タブをクリックして、[フィルター]グループにある[スライサー]をクリックします。
スライサーとは、ポップヒントにも書いてあるとおり、データのフィルタリングを視覚的に実行することができるものです。

ポップヒントには以下のように記されています。

スライサーを使って、データのフィルター処理を視覚的に実行します。
スライサーを使うと、テーブルやピボットテーブル、ピボットグラフ、キューブ関数のフィルター処理が速くなり、簡単になります。

スライサー

[スライサーの挿入]が表示されます。ここでは、[社員ID]と[出荷先名]のチェックボックスをオンにして、[OK]ボタンをクリックします。
スライサーの挿入

この2つのスライサーを[Ctrl]キーや[Shift]キーを使って選択します。
スライサーの選択

POWERPIVOTタブのスライサーの配置

[POWERPIVOT]タブをクリックして、[スライサーの配置]グループにある[左右に配置]をクリックします。下のような配置になります。
POWERPIVOTタブ 左右に配置

[上下に配置]をクリックすると、下のような配置になります。
上下に配置

関連スライサーについての関連記事です。
ピボットのレポートの接続とフィルターの接続

ピボットのレポートの接続とフィルターの接続

Excelのピボットテーブルやピボットグラフでスライサーを使用してフィルタリングすると便利です。 下の画像は、二つのピボットテーブルとピボッ ...

続きを見る

参考Officeのバージョンによって操作が異なる場合があります。以下の記事で、お使いのOfficeのバージョンを確認する方法を解説しています。

Office(Word、Excel、PowerPointなど)のバージョンを確認する方法

Microsoft Officeも時を得て、大きく様変わりしてきました。トラブルを解決しようとするとき、あるいは、何かの操作を探すときなど、 ...

続きを見る

あなたへのおすすめ

関連記事

別フォームのサブフォームを更新する

Accessで現在開いているフォームを閉じる時に、別フォームのサブフォームを更新したい場合の方法です。 サブフォームの作成については、サブフ ...

IMAPのデータ保存先変更

Outlook2013のIMAPデータ保存先を変更する方法です。(私が行った環境は、Windows7 32bit、Outlook2013です ...

mdbではインポートしたフィールドの順番が変わる

Access2013で拡張子[.mdb(Access2002~2003ファイル形式)]で操作する時に発生する問題点です。 下のようなExce ...

全てのグラフに引き出し線を表示

Excel2010までは、引き出し線は円グラフのみに表示できたのですが、Excel2013ではすべてのグラフで表示することができるようになり ...

おすすめグラフに複合グラフを表示するには

Excel2013のおすすめグラフはとても便利です。 複合グラフの作成ならExcel2013の「おすすめグラフ」が便利 複合グラフですが、あ ...

-Windows8 & Office2013 Excel2013

Copyright © 2001-2017 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.