Windows8 & Office2013 Excel2013

Print Friendly, PDF & Email

カタカナは全角で数字は半角にしたい

投稿日:2017年1月9日 更新日:

Excelでカタカナは全角で、数字は半角にしたいという場合があります。
たとえば、住所でマンション名のカタカナは全角のままで、番地や部屋番号の数字は半角にしたいという要望があります。
件数が少ない時は、手動で修正してもいいのですが、何百何千件となると大変な作業になります。
こういう場合、関数を使うと効率的です。(画像はExcel2013ですが、バージョンは関係ありません。)

下のサンプルは住所ではありませんが、A列の全角の文字列(カタカナ全角、数字全角)をB列のようにカナカナ全角、数字は半角する方法です。
Excel表

ASC関数

セルB1に[=ASC(A1)]と入力します。下へオートフィル機能を使って、フィルハンドルをセルB6までドラッグして貼り付けします。または、フィルハンドルをダブルクリックします。
ASC関数

ASC関数は、全角の英数カナ文字を半角の英数カナ文字に変換する関数です。
ASC関数の引数

値のみ貼り付け

全ての文字が半角になってしまいました。今度は、カタカナを全角にします。
まず、数式のままでは困りますので、数式が入力されたセルB1からセルB6を選択してコピーします。
コピー

そして、セルB1を選択して右クリックします。ショートカットメニューから[値]を選択します。値のみが貼り付けられます。
値の貼り付け

PHONETIC関数

次にセルC1に今度は、[=PHONETIC(B1)]と入力します。セルC6までコピーします。
カタカナが全角になります。
PHONETIC関数

PHONETIC関数とは、ふりがなの文字列を取り出す関数です。
C列の関数が入力されたセルも範囲選択して、コピーした後、値のみ貼り付けします。
PHONETIC関数の引数

もし、C列に半角のカタカナが表示された場合は、ふりがなの設定が半角カタカナになっていると思います。
ふりがなの設定

既定では全角カタカナにが選択されています。
ふりがなの設定ダイアログボックス

修正するには、B列の文字列を範囲選択して、[ホーム]タブの[フォント]グループにある[ふりがなの表示/非表示]ボタンをクリックして、[ふりがなの設定]ダイアログボックスを表示します。[ふりがな]タブにある[全角カタカナ]を選択します。[OK]ボタンをクリックして閉じます。
範囲選択

JIS関数

また、反対に半角文字を全角文字にするには、JIS関数を使います。
JIS関数の引数

下のように半角の英数カナ文字を全角の英数文字に変換することができます。
JIS関数

参考Officeのバージョンによって操作が異なる場合があります。以下の記事で、お使いのOfficeのバージョンを確認する方法を解説しています。

Office(Word、Excel、PowerPointなど)のバージョンを確認する方法

Microsoft Officeも時を得て、大きく様変わりしてきました。トラブルを解決しようとするとき、あるいは、何かの操作を探すときなど、 ...

続きを見る

解決できないことは【teratail】に質問してみましょう。

アドセンス記事内広告1個

おすすめ記事と広告

こんな記事も読まれています

フォームで入力と検索

ExcelでもAccessの単票フォームのような形で入力したり、検索したりすることができます。 1レコードずつ表示することができ、検索も新規 ...

フィルター後の表を行の高さも列幅もそのままコピーしたい

Excelで下のように完成した表があって、A列の「地域」でフィルターをかけて抽出しています。 フィルターで抽出した表をそのままコピーして、 ...

表のミニツールバーにコマンドが追加

Word2013では、表内で右クリックして表示されるミニツールバーに[挿入]と[削除]のコマンドが追加されました。 下は、Word2010の ...

Wordでグラフを作成

Wordでグラフを作成する方法です。 Word2007からの機能ですが、Word2013で解説します。 グラフの挿入 グラフを挿入したい位置 ...

コンボボックスの2列目の値を取得

Access2013のフォームでコンボボックスの2列目の値を取得する方法です。他のバージョンでも同じです。 商品テーブルは下のように[ID] ...

-Windows8 & Office2013 Excel2013

Copyright © 2001-2017 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.