リンクユニット

Windows10 & Office2016 Excel2016

テキストファイルウィザードで外部データを取り込む

投稿日:2018年5月5日 更新日:

Excelでは、外部からいろいろな形式のデータを取り込むことができます。[データ]タブにある[外部データの取り込み]機能を使って、テキストファイルのデータを取り込む方法を解説します。

[外部データの取り込み]機能を使うと、テキストファイルはそのままで、データのみをExcelに取り込むことができます。
テキストファイルウィザード

また、[外部データの取り込み]機能を使うと、取り込み元のテキストファイルと接続した状態になるので、テキストファイルのデータに変更があった場合は、簡単に変更されたデータをExcelに反映させることができます。

テキストファイル

テキストファイルの形式は拡張子で判断することができます。拡張子とは、ファイルの種類を識別するもので、ファイル名の後ろにアルファベットで表示されているものです。
拡張子

Windowsの設定で拡張子を表示することができます。その方法については、以下の記事で解説しています。

拡張子の表示や隠しファイルの設定はエクスプローラーの表示タブから

Windows10で拡張子の表示は、エクスプローラーの[表示]タブから設定することができます。 Windows8や8.1も同じです。Wind ...

続きを見る

よく使うテキストファイルは、txt形式のテキストファイルや、[,](カンマ)で区切ったCSV形式のテキストファイルです。

TXT形式のテキストファイル

以下は、[サンプル1.txt]というテキストファイルをメモ帳で開いた状態です。
TXT形式のテキストファイル

CSV形式のテキストファイル

[サンプル2.csv]というCSVファイルをメモ帳で開いた状態です。
CSV形式のテキストファイル

外部データの取り込み

[データ]タブの左端にある[外部データの取り込み]をクリックして、[テキストファイル]をクリックします。ポップヒントには、以下のように記されています。

テキストからデータを取り込み
テキストファイルからデータをインポートします。

外部データの取り込み

[テキストファイルのインポート]ダイアログボックスが表示されます。インポートしたいテキストファイルを選択して、[インポート]をクリックします。

ここでは、[サンプル2.csv]ファイルを選択して、インポートします。
[テキストファイルのインポート]ダイアログボックス

テキストファイル ウィザード - 1/3

[テキストファイルウィザード - 1/3]が表示されます。

[カンマやタブの区切り文字によってフィールドごとに区切られたデータ]を選択します。既定で選択されていると思いますが、念のため確認してください。
テキストファイルウィザード1/3

参考言語が[932:日本語(シフトJIS)]になっていることも確認してください。ダイアログボックスの下方にあるプレビューで文字化けしている状態であれば、言語を選択し直す必要があります。

【ベトナム語が自動選択された事例】

これは、原因はよくわかっていませんが、時々 下のように[ベトナム語]が自動で選択されていることがあります。
テキストファイルウィザード1/3 ベトナム語

これは、実際 私が遭遇した事例ですが、以下のCSVファイルを取り込むときに発生しました。そして、いろいろ試したところ、先頭行にある[方]の文字を削除すると、[日本語(シフトJIS)]が選択されました。txtファイルでも同じ現象でした。

OSやOfficeのバージョンではなく、取り込み元のテキストファイルに含まれる文字によって、時々こういう現象が起きるようです。
テキストファイル

テキストファイル ウィザード - 2/3

[テキストファイルウィザード - 2/3]が表示されます。

CSVファイルを選択しているので、[カンマ]のチェックボックスをオンにします。[次へ]のボタンをクリックします。

参考txtファイルの場合は、[タブ]が選択されていればOKです。
テキストファイルウィザード2/3

テキストファイル ウィザード - 3/3

[テキストファイルウィザード - 3/3]が表示されます。

ここでは、取り込み時のデータ形式を変更することができます。ここも重要です。

重要先頭に[0]がつく場合は、数値として取り扱われるため、[0]が取り除かれてしまいます。また、[1-1]や[1/2]などと入力されたものは、日付と認識されてしまいます。

なので、[商品コード]と[商品番号]のデータ形式を[文字列]にします。

【操作】[データのプレビュー]で[商品コード]の[G/標準]の箇所をクリックして、[列のデータ形式]から[文字列]を選択します。同じように、[商品番号]の[G/標準]の箇所をクリックして、[列のデータ形式]から[文字列]を選択します。

[商品コード]と[商品番号]のデータ形式が[文字列]に変更されたことを確認したら、[完了]ボタンをクリックします。

この[テキストファイル ウィザード - 3/3]の説明も読んでおくといいですね。

[G/標準]を選択すると、数字は数値に、日付は日付形式の値に、その他の値は文字列に変換されます。

テキストファイルウィザード3/3

ちなみに、[データ形式]で[文字列]を選択せずに取り込むと以下のようになります。取り込み元のテキストのデータに先頭に0がつく文字列がないか、[1-1]や[1/2]などと入力されたものがないかを確認してください。
データ形式を選択しないで取り込むんだ場合

データの取り込み

[データの取り込み]ダイアログボックスが表示されます。ここでは、データを取り込む位置を指定します。

既定では、[既存のワークシート]が選択されています。

取り込み先のセルを[A1]以外のセルに指定したい場合は、クリックしてセルを指定します。指定したセルを起点にして取り込まれます。また、[新規ワークシート]に取り込むこともできます。

[OK]ボタンをクリックします。
[データの取り込み]ダイアログボックス

以下のようにテキストファイルのデータが取り込まれます。[商品コード]と[商品番号]は、文字列になっています。
取り込まれたデータ

参考テキストファイルの取り込みをする場合の注意点は、以下の記事でも解説しています。ボタンの位置などが分からない場合は、参考にしてください。

CSVファイルをExcelで開くには(Excel2003)

CSVファイルをExcelで開くときの注意点(Excel2007)

取り込み元のテキストファイルの変更を反映させるには

取り込み元のテキストファイルに変更があった場合に、そのデータを取り込んだExcelのワークシートに反映させる場合の方法です。

データを取り込んだワークシートを開いて、[データ]タブの[接続]グループにある[すべて更新]のアイコン部分をクリックします。
[データ]タブの[接続]グループにある[すべて更新]

[テキストファイルインポート]ダイアログボックスが表示されます。取り込んだテキストファイルを選択して、[インポート]をクリックします。[テキストファイルインポート]ダイアログボックス

変更されたデータが反映されます。
変更が反映されたデータ

外部データとの接続を解除する方法

外部データの接続を解除したい場合の方法です。

[データ]タブの[接続]グループにある[接続]をクリックします。ポップヒントには、以下のように記されています。

ブックのすべてのデータ接続を表示します。
データ接続とは、このブックの外にあるデータへのリンクであり、元のデータが変更されると、このデータも更新されます。

[データ]タブの[接続]グループにある[接続]

[ブックの接続]ダイアログボックスが表示されます。接続を解除したい名前を選択して、[削除]ボタンをクリックします。
[ブックの接続]ダイアログボックス

メッセージウィンドウが表示されます。[Ok]ボタンをクリックします。

接続を削除すると、このブックがデータソースから分離され、ブックのデータが更新が正しく機能しなくなります。接続を保持する場合は[キャンセル]をクリックしてください。接続を削除する場合は[OK]をクリックしてください。

メッセージウィンドウ

[ブックの接続]ダイアログボックスは、以下のようになります。

参考データの接続が解除されただけで、Excelに取り込んだデータはそのままです。ただ、取り込み元のテキストファイルのデータに変更があっても、更新されなくなります。
[ブックの接続]ダイアログボックス

参考Accessのデータも同じように取り込むことができます。

AccessのテーブルやクエリのデータをExcelに取り込む

Accessで作成されたテーブルやクエリのデータをExcelのワークシートに取り込む方法です。 Accessのデータを接続しないで取り込む方 ...

続きを見る

タブ区切りのテキストファイルは、[ファイルを開く]ダイアログボックスから開くこともできます。

タブやカンマで区切られたテキストファイルをExcelで開く

Excelで外部データを開くには、テキストファイルウィザードを使います。 Excelでよく扱うテキストファイルは、txt形式のテキストファイ ...

続きを見る

参考Officeのバージョンによって操作が異なる場合があります。以下の記事で、お使いのOfficeのバージョンを確認する方法を解説しています。

Office(Word、Excel、PowerPointなど)のバージョンを確認する方法

Microsoft Officeも時を得て、大きく様変わりしてきました。トラブルを解決しようとするとき、あるいは、何かの操作を探すときなど、 ...

続きを見る

管理人一押しのテキストです。業務改善、時短のための一冊です。関数を学び直したい人はぜひ!

おすすめ記事と広告

記事を更新しました

Ctrl+Fで【検索と置換】ダイアログボックスを表示する方法

Word2010以降、[Ctrl]+[F]を押すと、[検索と置換]ダイアログボックスではなくて、画面の左側に[ナビゲーションウィンドウ]が表 ...

カーソルの太さを変更する

Windowsでは、カーソルの太さを変更することができます。マウスカーソルの位置が見つけにくいと思っている方は、設定してみてください。ちょっ ...

Accessの宛名ラベルウィザードを起動してラベル作成

Accessのテーブルやクエリを基に宛名ラベルウィザードを使用して、宛名ラベルを作成することができます。 ここでは、テーブル[T_住所一覧] ...

複数の文字列を結合してひとつの文字列にするには

Excelで1つのセルに他のセルの文字列を結合した文字列を表示する方法を紹介します。3つの方法を紹介しますので、ご自分に合った方法で操作して ...

【きょう】と入力して今日の日付に変換【いま】と入力して現在時刻に変換

Windows10のIMEでは、日付や現在の時刻の入力が簡単にできるようになっています。いつのアップデートで機能が追加されたのかは分かりませ ...

-Windows10 & Office2016 Excel2016

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.