Windows XP & Office 2003 Excel 2003

印刷範囲の点線を消したい(標準表示の改ページの非表示設定)

投稿日:2017年1月9日 更新日:

一度[印刷プレビュー]ボタンをクリックすると、編集画面に戻ったときに印刷範囲が点線で表示されます。

印刷される範囲がどこまでかが分かって便利だと思うのですが、目障りと思う方もいます。

この点線を非表示にする方法です。2つの方法があります。

Excel標準表示の印刷範囲の点線

参考標準表示で表などを作成する場合、Wordと違ってExcelは印刷される範囲がどこまでなのかが分からなくて不安に感じる方もいるので、そういう人の場合は、先に印刷プレビューボタンを押して印刷範囲を示しておくほうが安心されます。

ファイルを開きなおす

この点線は ファイルを開きなおすと消えます。

一度、ファイルを閉じて、再度 表示すると点線は消えます。

[オプション]ダイアログボックスから設定

もう一つの方法は、[オプション]ダイアログボックスから設定します。

[ツール]メニューから[オプション]をクリックします。

[ツール]メニューの[オプション]

[オプション]ダイアログボックスが表示されます。

[表示]タブの[ウィンドウオプション]にある[改ページ]のチェックを外して、[OK]ボタンをクリックします。

再起動する必要はありません。

[オプション]ダイアログボックスの[改ページ]

参考印刷範囲の設定については、以下の記事で解説しています。

必要な範囲の印刷は[印刷範囲の設定]または[選択した部分の印刷]

Excelでは、必要な範囲だけ印刷することができます。 [ファイル]メニューから[印刷範囲の設定]をする方法と、印刷したい範囲を選択して[印 ...

続きを見る

Excel2007以降は、[Excelのオプション]ダイアログボックスの[詳細設定]にあります。

以下の画像は、Excel2019です。

[ファイル]タブをクリックしてBackstageビューを表示して、[オプション]をクリックします。

[Excelのオプション]ダイアログボックスの[詳細設定]をクリックします。

[次のシートで作業する時の表示設定]にある[改ページを表示する]をオフにします。

Excel2019の[Excelのオプション]ダイアログボックス-[改ページを表示する]

Office2007以降、[オプション]ダイアログボックスを表示するには、キーボードから[Alt]→[T]→[O]の順に押すと表示できます。

キーボード[Alt]→[T]→[O]

検索

ほかの記事も検索してみませんか?

おすすめ記事と広告

Profile

執筆者/はま

-Windows XP & Office 2003 Excel 2003

Copyright © 2001-2021 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.