Google検索

リンクユニット

Windows10 & Office2016 Excel2016

フィルターの抽出条件はデータの種類で異なる

投稿日:2017年1月9日 更新日:

Excelのフィルター機能を使用すると、条件に合うデータを簡単に抽出することができます。

表をフィルターモードにするには、表内のセルをアクティブにして、[データ]タブの[並べ替えとフィルター]グループにある[フィルター]をクリックします。

列見出しに▼ボタン(フィルターボタン)が表示されます。

列見出しにこのボタンがあるときは、フィルターモードになっていると思ってください。

エクセル表

日付フィルター

B列は[売上年月日]で日付が入力されています。

ここで列見出しの▼ボタンをクリックすると、[日付フィルター]というのがあります。

この[日付フィルター]をポイントしていみると、下のようになります。

この詳細なフィルターは、データの種類によって異なります。

ここは日付なので、日付フィルターとして下のような抽出条件が用意されているんですね。

たいていの条件は揃ってるのではないでしょうか?

  • 日付の値に等しい
  • 指定の値より前
  • 指定の値より後
  • 指定の範囲内
  • 明日
  • 今日
  • 昨日
  • 来週
  • 今週
  • 先週
  • 来月
  • 今月
  • 先月
  • 来四半期
  • 今四半期
  • 前四半期
  • 来年
  • 今年
  • 昨年
  • 今年の初めから今日まで

条件の横に[...]があるものは、ダイアログボックスが表示されて条件を入力するようになっています。

参考[...]がないものは、ワンクリックでデータが抽出されます。

日付フィルター

テキストフィルター

C列は、[製品コード]で文字列です。

ここで▼ボタンをクリックしてみると、[テキストフィルター]となっています。

[テキストフィルター]をポイントすると、下のような抽出条件が表示されます。

  • 指定の値に等しい
  • 指定の値に等しくない
  • 指定の値で始まる
  • 指定の値で終わる
  • 指定の値を含む
  • 指定の値を含まない

テキストフィルター

指定の値を含む

例えば、ここで[指定の値を含む]をクリックすると、

指定の値を含む

[オートフィルターオプション]ダイアログボックスが表示されます。

[抽出条件の指定]の[製品コード]に[9]と入力して、[OK]ボタンをクリックします。

また、このウィンドウにも[?を使って、任意の1文字を表すことができます。*を使って、任意の文字列を表すことができます。」と表記されています。

[?]や[*]を使って抽出することもできます。

オートフィルターオプション

すると、[製品コード]に[9]を含むデータが抽出されます。

データの抽出

フィルターの解除

フィルターの条件を解除するには、フィルターボタンをクリックして、["製品コード"からフィルターをクリア]をクリックします。

フィルターのクリア

または、[データ]タブの[並べ替えとフィルター]グループにある[クリア]をクリックします。

クリア

数値フィルター

D列の[販売単価]は数値です。

同じように▼ボタンをクリックすると、今度は[数値フィルター]があります。

ポイントすると、下のような抽出条件が表示されます。

  • 指定の値に等しい
  • 指定の値に等しくない
  • 指定の値より大きい
  • 指定の値以上
  • 指定の値より小さい
  • 指定の値以下
  • 指定の範囲内
  • トップテン
  • 平均より上
  • 平均より下

数値フィルター

トップテン

トップテンは、[トップテン オートフィルター]ダイアログボックスで数値を変えて、トップ3などの抽出も可能です。

トップテンフィルター

フィルターモードの解除

このフィルターモードを解除するには、[データ]タブの[並べ替えとフィルター]グループにある[フィルター]をクリックします。

データタブのフィルター

フィルターのショートカットキー

フィルターモードのオン/オフは、ショートカットキー[ Ctrl]+[Shift]+[L]で切り替えることができます。

キーボード フィルター Ctrl+Shift+L

参考表をテーブルに変換すると、自動的にフィルターモードになります。

テーブルの便利機能(テーブルに変換して効率アップ)

Excelのテーブルはとても便利なものです。 通常の表をテーブルに変換することによって、データベースとしての機能が自動的に設定され、管理や分 ...

続きを見る

より複雑な検索条件でデータを抽出する場合は、複数の条件に合うものを抽出する方法を参照してください。

[詳細設定]の[フィルターオプションの設定]を使用して抽出する方法です。

複数の条件に合うものを抽出する方法

Excelのデータ抽出の方法はいろいろありますが、ここでは[データ]タブの[並べ替えとフィルター]グループにある[詳細設定]を使って、複数な ...

続きを見る

検索ボックスを利用して検索した後、続けて検索し、そのリストをフィルターに追加することもできます。

フィルターの追加(現在の選択範囲をフィルターに追加する)

Excelのフィルターを設定した表で、多数のリストの中から検索ボックスを利用して検索した後、続けて検索し、そのリストをフィルターに追加する方 ...

続きを見る

おすすめ記事と広告

推奨管理人一押しのテキストです。業務改善、時短のための一冊です。関数が分かるとExcelが楽しくなります。

【無料】できるExcel 2016 新機能ガイド|ダウンロード版

-Windows10 & Office2016 Excel2016

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.