Windows8 & Office2013 Excel2013

Print Friendly, PDF & Email

VLOOKUP関数のエラー回避

投稿日:2017年1月9日 更新日:

Excelでデータを参照する場合、VLOOKUP関数を使います。
下の左の表、セルC2からセルC7には、VLOOKUP関数が入力されていて、右側の表を参照しています。

VLOOKUP関数については、エクセルでデータを検索、引用して転記したい! (VLOOKUP 関数)を参照されてください。(Microsoftのページです。とても分かりやすいです。)

この時に参照するデータがないとエラーが表示されてしまいます。下の表の場合、セルC6です。参照する右のデータ表に参照できるデータがありません。
また、検索値が空欄の場合もエラーになります。下の表の場合、セルC7です。検索値であるセルB7が空欄なのでエラーが表示されます。
エラー表示

VLOOKUPの関数の引数ダイアログボックスです。
VLOOKUPの関数の引数ダイアログボックス

このエラーを回避する方法です。
Excel2003まではIF関数を使用していましたが、Excel2007以降はIFERROR関数を使うと便利です。
数式バー[=]の後ろに[IF]と入力します。
そうすると、下のように補助ポップが表示されますので、[IFERROR]を方向キーやマウス選択して[Tab]キーを押します。
※[Enter]キーではなく、[Tab]キーを押してください。
数式バー

そして、下のように数式の最後に[,"")]と追加します。下のセルへ数式をコピーします。
数式の編集

IFERROR関数の引数ダイアログボックスです。
数式バーのIFERRORの箇所でクリックして、Fx(関数の挿入)ボタンをクリックすると表示されます。
IFERROR関数の引数ダイアログボックス

数式を編集した結果です。エラーは表示されなくなりました。
数式編集後の表

[エラーの場合の値]に["データがありません"]と入力すると、もっと分かりやすいかもしれません。
エラーの場合の値

下のようになります。
数式編集の結果

IFERROR関数については、エラーの場合の値を指定するも参考になると思います。

エラーの場合の値を指定する

Excel2007からの関数ですが、エラー値を表示せずにエラーの場合の値を指定することができる関数があります。 下の表は、E列で[販売単価] ...

続きを見る

VLOOKUP関数についてのお勧めのテキストです。

参考Officeのバージョンによって操作が異なる場合があります。以下の記事で、お使いのOfficeのバージョンを確認する方法を解説しています。

Office(Word、Excel、PowerPointなど)のバージョンを確認する方法

Microsoft Officeも時を得て、大きく様変わりしてきました。トラブルを解決しようとするとき、あるいは、何かの操作を探すときなど、 ...

続きを見る

あなたへのおすすめ

関連記事

複数のテキストボックスのリンク

Wordでは、下のようにテキストボックス内の文字列を他のテキストボックスへ流し込んでリンクさせることができます。 テキストボックスの挿入 テ ...

PowerPivotの更新はピボットテーブルの更新ボタンをクリックするだけ

PowerPivotからデータを取り込んでピボットテーブルを作成した場合、データを更新するには、Excel2010では[PowerPivot ...

リボンの表示オプション

Office2013には、ウィンドウ右上に[リボンの表示オプション]というボタンあります。[最小化]ボタンの左側にあります。 この[リボンの ...

一時的に送受信を停止する

Outlook2013で一時的に予定された送受信を停止する方法です。 [送受信]タブにある[送受信]グループの[送受信グループ]にある[予定 ...

テーブルでスライサー

Excel2013では、テーブルでも[スライサー]が使用できるようになりました。 Excel2010のピボットテーブルでスライサーが登場した ...

-Windows8 & Office2013 Excel2013

Copyright © 2001-2017 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.