リンクユニット

Windows10 & Office2016 Excel2016

相対参照と絶対参照と複合参照は【 F4 】キーで切替

投稿日:2017年11月17日 更新日:

セルの参照方法は、相対参照絶対参照複合参照があります。絶対参照と複合参照では、[$]を挿入する必要があります。このとき、直接入力しても構いませんが、[F4]キーを使うと便利です。
$の入力はF4キーを使うと便利

相対参照

相対参照は、セルの位置を相対的に参照する形式で、数式をコピーすると、セルの参照は自動的に相対的なセル位置を参照します。

下のような表の場合、セル[D2]には、[=B2*C2]と入力されています。[$]はありません。セル[D3]には、[=B3*C3]、セル[D4]には、[=B4*C4]というように数式を入力したセル位置と相対的な位置のセルが参照されています。
相対参照の表

以下は、[数式]タブの[数式の表示]ボタンをクリックして、数式を表示した状態です。
数式を表示した表

絶対参照

絶対参照とは、特定の位置のセルを必ず参照する形式です。数式をコピーしたり、移動しても参照するセルの位置は変わりません。

例えば、下のような場合です。税込み価格を求めたい場合は、消費税率を入力しているセル[C1]を参照したいですね。こうしておくと、消費税率が変更になっても、セル[C1]の数値を変更するだけで済みます。

セル[C4]には、[=B4*(1+$C$1)]と入力されています。この数式を入力する場合は、セル[C1]を参照(クリック)したときに、キーボードから[F4]キーを1回押します。そうすると列と行の前に自動的に[$]がついて[$C$1]となります。
絶対参照がついた数式

F4キー

[F4]キーを1回押すと、行にも列にも[$]が挿入されます。数式を入力後、下方へ数式をコピーしても、絶対参照のセルは変わりません。

以下は、[数式]タブの[数式の表示]ボタンをクリックして、数式を表示した状態です。
数式を表示した表

複合参照

相対参照絶対参照を組み合わせることができます。行のみ固定したい、または列のみ固定したときに使用します。こういうセルの参照を複合参照と呼びます。

例えば、VLOOKUP関数の場合などによく使います。
セル[C2]には、以下のように数式が入力されています。
[=IFERROR(VLOOKUP($B2,$F$1:$H$6,2,0),"")]

この時、セル[B2]には列を固定するため、[$B2]となっています。列が絶対参照、行は相対参照となっています。

参考参照先のB列のセルが空白でもエラーが表示されないように、IFERROR関数を使っています。

VLOOKUP関数のエラー回避

Excelでデータを参照する場合、VLOOKUP関数を使います。 下の左の表、セルC2からセルC7には、VLOOKUP関数が入力されていて、 ...

続きを見る

C列の数式を下へコピーする場合は、列に絶対参照をつけなくても問題はありませんが、数式を横へコピーする場合は便利です。
数式をセル[D2]へコピーすると、以下のようになります。
[=IFERROR(VLOOKUP($B2,$F$1:$H$6,2,0),"")]

ですが、セル[D2]の数式は、参照する列番号を3に変更するだけで済みますね。
[=IFERROR(VLOOKUP($B2,$F$1:$H$6,3,0),"")] VLOOKUP関数を入力した表

F4キー

[F4]キーを3回押すと、列のみに[$]が挿入されます。絶対参照をつけたB列は固定されます。

数式を表示した状態です。
数式を表示した表

[$]の入力

[$]の入力は、直接入力してもいいですが、[F4]キーを使うと便利です。[F4]キーをポンポンと連続して押すと、下のような順番で切り替わっていきます。

F4キーを押す回数 セル表記 参照方法
1回 =$A$1 絶対参照(列も行も固定)
2回 =A$1 複合参照 行のみ絶対参照(行のみ固定)
3回 =$A1 複合参照 列のみ絶対参照(列のみ固定)
4回 =A1 相対参照(列も行も固定しない)

関連VLOOKUP関数については、以下の記事でも解説しています。

参照範囲から検索値以下の一番近い値を求める方法(VLOOKUP関数)

通し番号を印刷した展示会の案内状があります。その案内状をどの企業へ配布したか、また誰が招待したかが分かるように作成した管理表があります。 配 ...

続きを見る

SUM関数で、絶対参照と相対参照を組み合わせて、累計を求めることもできます。

SUM関数を使った累計の求め方(絶対参照と相対参照の組み合わせ)

SUM関数を使った累計を求める方法を解説します。絶対参照と相対参照の学習にもなるので、読んでいただければと思います。 累計を求めるには、以下 ...

続きを見る

参考Officeのバージョンによって操作が異なる場合があります。以下の記事で、お使いのOfficeのバージョンを確認する方法を解説しています。

Office(Word、Excel、PowerPointなど)のバージョンを確認する方法

Microsoft Officeも時を得て、大きく様変わりしてきました。トラブルを解決しようとするとき、あるいは、何かの操作を探すときなど、 ...

続きを見る

管理人一押しのテキストです。業務改善、時短のための一冊です。関数を学び直したい人はぜひ!

おすすめ記事と広告

記事を更新しました

表の縞模様を1行3列おきに設定するには(新しい表のスタイルを作成)

Wordの表で縞模様は、[縞模様]ダイアログボックスの設定で列方向や行方向の縞の幅は3行、3列まで設定することができます。たとえば、下のよう ...

予測入力の設定と表示される入力候補を個別に削除するには

入力候補とは、先頭の1文字や数文字で「変換」キーや「スペース」キーを押さなくても、ユーザーが入力したい文字列を予測して表示してくれる機能です ...

球体を描いて保存する

PowerPointで球体を描いて、それを画像として保存する方法を紹介します。球体を描くには、Office2010以降のバージョンであれば可 ...

セル範囲の中から数値に見える文字列のセルを見つけるには

Excelのセルに数値が入力されていると思っても、実際は文字列だったということがあります。見た目は数値に見えても表示形式は文字列になっている ...

図形を罫線の中央に配置するには

Excelで罫線で囲んだ中に図形やテキストボックスを中央に配置する簡単な方法です。Excel2016で解説していますが、バージョンは関係あり ...

-Windows10 & Office2016 Excel2016

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.