Windows10 & Office2016 Excel2016

Print Friendly, PDF & Email

先頭の1文字が同じセルを集計するには

投稿日:2017年1月9日 更新日:

Excelで顧客番号や商品番号の先頭の1文字が同じセルの合計をしたいという場合の方法です。
下のような表があります。商品番号の先頭が1の売上合計をセルE2に求めます。同じように先頭番号が2の集計をセルE3に、先頭番号が3の集計をセルE4に求めます。
Excel表

商品番号は文字列になっています。セルE2に下のようにSUMIF関数を使って入力します。これだけで分かる方はここでお終いです。
SUMIF関数

参考複数の検索条件を満たすセルの合計値を求めるには、SUMIFS関数を使います。SUMIFS関数については、複数条件の合計を求める関数で解説しています。

複数条件の合計を求める関数

複数の検索条件の値の合計を求める関数を紹介します。1つの条件であれば、SUMIF関数で求めることができますが、2つ以上の条件を満たす合計値を ...

続きを見る

以下は、関数を使うのが不慣れな方への説明です。

関数の入力

関数を入力するときは、集計値を表示したいセルをアクティブにして半角で[=su]まで入力すると、下のように関数の候補が表示されますので、[SUMIF]を選択します。方向キー↓でもいいですし、マウスでクリックしてもいいです。
そして、[Tab]キーを押します。
注意ここで[Enter]キーを押さないように気をつけてください。もし、数式を入力しているときに変になってしまったら、[Esc]キーを押して解除してください。また、数式バーにも同じものが入力されていきますので、数式バーで入力しても構いません。関数はオートコンプリート機能で入力
関数のオートコンプリート

範囲の指定

そうすると、下のようにポップヒントが表示されます。このポップヒントに合わせて入力していきます。まず、範囲を指定します。
範囲の指定

範囲は、セルA2からセルA10ですので、ドラッグで範囲指定します。
範囲選択

範囲を固定するため、[F4]キーを押します。下のように絶対参照($)が表示されます。範囲の設定はこれで終わりなので、カンマ(,)を入力します。

参考絶対参照については、以下の記事で解説しています。

相対参照と絶対参照と複合参照は[F4]キーで切替

セルの参照方法は、相対参照、絶対参照、複合参照があります。絶対参照と複合参照では、[$]を挿入する必要があります。このとき、直接入力しても構 ...

続きを見る

検索条件の指定

検索条件を設定します。1で始まる商品番号を検索したいので、["1*"]と入力します。完全一致ではないので、検索条件にワイルドカード[*]を使用します。
検索条件の指定

検索条件の設定はこれで終わりなので、カンマ(,)を入力します。

合計範囲の指定

最後は[合計範囲]です。合計を求めたい範囲は、セルB2からセルB10なので、ドラッグで範囲指定します。
合計範囲の指定

範囲を固定するため、[F4]キーを押します。下のように絶対参照($)が表示されます。範囲の設定はこれで終わりなので、閉じ括弧[)]を入力して、[Enter]キーで確定します。
範囲選択

これで先頭が1の商品番号のセルを集計することができたと思います。
関数の完成

[セルE3]に[商品番号の先頭が2の売上合計]、[セルE4]に[商品番号の先頭が3の売上合計]を求めるには、関数の検索条件のみを編集するといいですね。セルE2に入力した関数をコピーして編集すると早いと思います。
商品番号2と3の合計

SUMIF関数については、SUMIF関数(blog)でも解説しています。検索条件をセル参照にしています。

集計値が0になっている場合は、文字列へ変換

もし、集計値が0になっている場合は、商品番号が文字列ではない可能性があります。商品番号を[区切り位置指定ウィザード]を使用して文字列に変換すると解決するかもしれません。商品番号の範囲を選択して、[データ]タブの[データツール]グループにある[区切り位置]をクリックします。[区切り位置指定ウィザード]が表示されますので、[次へ]をクリックします。
区切り位置

次に[区切り位置指定ウィザード-2/3]になりますので、このまま[次へ]ボタンをクリックします。
区切り位置指定ウィザード-2/3

次に[区切り位置指定ウィザード-3/3]になりますので、ここでデータ形式から[文字列]を選択します。[完了]ボタンをクリックします。
区切り位置指定ウィザード-3/3

関数の引数ダイアログボックス

数式バーの[fx]ボタンをクリックすると、[関数の引数]ダイアログボックスが表示されます。編集する場合は、このダイアログボックスで編集してもいいと思います。
[関数の引数]ダイアログボックス

ピボットテーブルで求める

商品番号の先頭文字を抜き出したフィールドを作成して、それでピボットテーブルを作成して求めることもできます。

商品番号の右へ列を挿入して、項目名を付けます。そして、LEFT関数を使って先頭文字を抜き出します。
LEFT関数

あとは、[挿入]タブの[ピボットテーブル]をクリックして、ピボットテーブルを作成して求めます。下のように[行]に[商品番号先頭文字]と[商品番号]、[値]に[売上]をレイアウトすればいいですね。
ピボットテーブルのレイアウト

参考Officeのバージョンによって操作が異なる場合があります。以下の記事で、お使いのOfficeのバージョンを確認する方法を解説しています。

Office(Word、Excel、PowerPointなど)のバージョンを確認する方法

Microsoft Officeも時を得て、大きく様変わりしてきました。トラブルを解決しようとするとき、あるいは、何かの操作を探すときなど、 ...

続きを見る

解決できないことは【teratail】に質問してみましょう。

アドセンス記事内広告1個

おすすめ記事と広告

こんな記事も読まれています

コマンドが無効になっていて使用できない

Outlookで下のようにコマンドが無効になっていて、使用できないという質問を受けることがあります。画像はOutlook2016です。 これ ...

漢字の横に読み仮名をつける

Wordで漢字の横に読み仮名をつける簡単な方法です。 ルビを振ります まず、読み仮名をつけたい漢字を選択して、ルビを振ります。 [ルビ] ダ ...

円グラフと1つの項目の内訳を表す補助円グラフ付き円グラフの作成

Excelのグラフ作成も随分進化してきました。簡単に綺麗なグラフを短時間で作成できるようになっています。文書の中にグラフがあると結果を視覚的 ...

名前を付けて保存を元の大きさに戻す

名前を付けて保存ダイアログボックスが画面いっぱいに広がってしまった時に、元の大きさに戻す方法を解説します。 Windows10のメモ帳をサン ...

切り取った要素をまとめて貼り付けるにはスパイク機能が便利

Wordには、スパイク機能というのがあります。文字列や画像、表などを次々に切り取り、別の位置にまとめて貼り付けることが出来る機能です。切り取 ...

-Windows10 & Office2016 Excel2016

Copyright © 2001-2017 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.