Google検索

リンクユニット

Windows10 & Office2016 Excel2016

複数条件の合計を求める関数(SUMIFS関数)

投稿日:2017年1月9日 更新日:

複数の検索条件の値の合計を求める関数を紹介します。

1つの条件であれば、SUMIF関数で求めることができますが、2つ以上の条件を満たす合計値を求めるにはSUMIFS関数を使います。

SUMIF関数を使った例としては、先頭の1文字が同じセルを集計するにはを参照してください。

先頭の1文字が同じセルの売上を集計するには(SUMIF関数)

Excelで顧客番号や商品番号の先頭の1文字が同じセルの合計をしたいという場合の方法です。 SUMIF関数を使用します。 指定された検索条件 ...

続きを見る

また、SUMIFS関数は、Excel2007以降で使用できる関数です。特定の条件に一致する数値の合計を求めます。

条件3の設定

サンプル表の確認

下のような表があります。

表

ここでは、検索条件に比較演算子やワイルドカードを使ったあいまい検索を条件にする場合を紹介します。

検索条件

検索条件は以下の3つです。

納入月日が---「2014/12/10」より前

得意先名が---「りんご」という文字を含む会社

商品コードが---「4」で始まるコード

SUMIFSの検索条件を入力

まず、SUMIFS関数に使用する検索条件をセル[C19]、セル[C20]、セル[C21]へ入力します。

検索条件

セル[B22]へSUMIF関数を入力します。

ここでは関数の引数ダイアログボックスを使って入力する方法を紹介します。

関数の挿入ダイアログボックスの表示

セル[B22]をクリックします。

そして、数式バーにある[関数の挿入]ボタンをクリックします。

すると、[関数の挿入]ダイアログボックスが現れ、セル[B22]と数式バーには自動的に[=]が挿入されます。

関数の挿入

SUMIFS関数ダイアログボックスの表示

SUMIFS関数を見つけるには、[関数の分類]は[すべて表示]にして、下の[関数名]でキーボードから[S]キーを押します。

関数の挿入ダイアログボックス

そうすると、[S]で始まる関数へ移動しますので、スクロールバーを下へドラッグして[SUMIFS]を探します。

見つけたら、[OK]ボタンをクリックします。

[SUMIFS]関数のヒントには、以下のように記されています。

SUMIFS(合計対象範囲,条件範囲,条件,...)

特定の条件に一致する数値の合計を求めます。

関数の指定

下のように[関数の引数]ダイアログボックスになり、SUMIFS関数を作成するための準備ができます。

後は、説明どおりに入力していきます。

関数の引数ダイアログボックス

合計対象範囲の指定

まず、[合計対象範囲]ですね。

合計したいのは[金額]ですから、[合計対象範囲]の[ダイアログボックス拡大/縮小]ボタンをクリックして、

合計対象範囲

金額欄のセル[D2]からセル[D16]までをドラッグします。

数式バーには自動的に(D2:D16)と入力されます。

[ダイアログボックス拡大/縮小]ボタンをクリックします。

範囲を指定してダイアログボックス拡大/縮小ボタンをクリック

[関数の引数]ダイアログボックスは下のようになります。

関数の引数ダイアログボックス

条件範囲1の指定

次に[条件範囲1]のテキストボックス内でクリックします。

すると、[条件1]が現れます。

ヒントには「条件範囲1:には、特定の条件による評価の対象となるセル範囲を指定します。」とあります。

[条件範囲1]の[ダイアログボックス拡大/縮小]ボタンをクリックして、

条件範囲1の設定

条件範囲である納入月日の日付の範囲をドラッグします。

数式バーは[=SUMIFS(D2:D16,A2:A16)]となります。

確認したら、ダイアログボックス拡大/縮小ボタンをクリックします。

指定してダイアログボックス拡大/縮小ボタンをクリック

[関数の引数]ダイアログボックスは下のようになります。

関数の引数ダイアログボックス

条件1の指定

今度は条件1のテキストボックス内でクリックします。

ヒントには、「条件1:には、計算の対象となるセルを定義する条件を数値、式、または文字列で指定します。」とあります。

[条件1]の[ダイアログボックス拡大/縮小ボタン]をクリックします。

条件1の設定

条件は、納入月日の検索条件はセル[C19]へ入力していますので、セル[C19]をクリックします。

数式バーは、[=SUMIFS(D2:D16,A2:A16,C19)]となります。

確認したら、[ダイアログボックス拡大/縮小]ボタンをクリックします。

指定してダイアログボックス拡大/縮小ボタンをクリック

関数の引数ダイアログボックスは下のようになります。

関数の引数ダイアログボックス

条件範囲2と条件2、条件範囲3と条件3の設定

今度は、[条件範囲2]には得意先名の範囲を上記と同じように設定します。

[条件2]には、セル[C20]を指定します。

[関数の引数]ダイアログボックスは下のようになります。

3つ目の条件を入力するには、[関数の引数]ダイアログボックスの右側にあるスクロールバーの下のボタンを2回クリックします。

または、[Tab]キーを押します。

[Tab]キーを押して検索条件を次々追加することができます。

条件2の設定

すると、3つ目の条件を入力するテキストボックスが現れますので、同じように条件範囲と条件を指定します。

3つ目の条件は、商品コードです。

条件3の設定

下のようになります。

問題がなければ、[OK]ボタンをクリックします。

関数の引数ダイアログボックス 完了

セル[B22]には、数式の結果が、数式バーには下のように表示されていると思います。

数式と結果

条件を直接入力して指定

条件式は下のように直接指定することもできます。

その場合は、必ずダブルクォーテーションで囲んでください。

条件の直接指定

SUMIFS関数については、ブログでも紹介しています。

複数の検索条件を満たすセルの値を合計するにはSUMIFS関数

また、より複雑な条件で合計値を求めるには、DSUM関数を使うと便利です。

複雑な複数の条件に合う合計を求める関数(DSUM関数)

Excelで複雑な複数の条件を満たすデータの合計値を求める時に便利な関数があります。 複数の条件に合うものを抽出する方法では、[フィルターオ ...

続きを見る

上記と同じような条件でデータを抽出する方法は、以下の記事で解説しています。

複数条件の合計を求める関数(SUMIFS関数)

複数の検索条件の値の合計を求める関数を紹介します。 1つの条件であれば、SUMIF関数で求めることができますが、2つ以上の条件を満たす合計値 ...

続きを見る

おすすめ記事と広告

推奨管理人一押しのテキストです。業務改善、時短のための一冊です。関数が分かるとExcelが楽しくなります。

【無料】できるExcel 2016 新機能ガイド|ダウンロード版

-Windows10 & Office2016 Excel2016

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.