Windows Xp & Office2003 Excel2003

Print Friendly, PDF & Email

マクロの作成

投稿日:2017年1月9日 更新日:

マクロって難しいそうだなぁと思っていませんか?
高度なマクロではなく、簡単にできるものから始めてみませんか?

マクロの作成の方法です。

マクロとは一連の作業を自動化することです。
納品書を作成しました。この納品書は、[標準のテンプレート]の[納品書]をカスタマイズして作成したものです。
これについては、Blogのテンプレートを編集したいときを参照してください。

納品書は、印刷範囲の設定をしています。枠線は非表示にしています。
一通り入力して印刷したあと、次のデータを入力するためデータを削除するマクロを作成しようと思います。
納品書

データを入力するセルを選択して、[Delete]キーで削除します。
[Ctrl]キーを使うと、離れたセルも選択できますね。ここを参照してください。
Deleteキーで削除

参考マクロを記録する前に 必ず操作手順を確認したほうがいいです。
操作を確認できたら、標準ツールバーの[元に戻す]ボタンで元に戻します。

新しいマクロの記録ダイアログボックス

では、マクロを作成します。
メニューバーの[ツール]をクリック。[マクロ]→[新しいマクロの記録]をクリックします。
ツールメニュー

マクロ名を付けます。ここでは、[クリア]と付けました。
マクロの保存先は、作業中のブックになっていることを確認します。
[OK]ボタンをクリックします。
マクロの記録ダイアログボックス

下のような[記録終了]ツールバーが表示されたと思います。
ここから先の操作はすべて記録されます。
この[記録終了]ツールバーが表示されない場合は、Blogの記録終了ツールバーがないを参照してください。
記録終了ツールバー

マクロの記録

先ほど練習したように伝票番号のセルを選択したあと、[Ctrl]キーを押したまま次のセルを選択していきます。
データを入力するセルは全部選択します。
セルの選択

そして、[Delete]キーを押します。データが消えました。
最後に伝票番号のセルをクリックして、記録終了ボタンをクリックします。
記録終了

マクロの実行

では、マクロを実行してみます。
納品書に何かデータを入力してみてください。
そして、メニューバーの[ツール]から[マクロ]→[マクロ]をクリックします。
ツールメニュー

マクロ名に[クリア]とありますね。
[実行]ボタンをクリックします。
マクロダイアログボックス

データが消えて、伝票番号のセルがアクティブになっていませんか?

マクロボタンの作成

マクロを実行するためのボタンを作成しましょう。
ツールバーかメニューバーで右クリックして、ツールバー一覧を表示します。
その中の[フォーム]をクリックします。
ルールバー一覧

[フォーム]ツールバーから[ボタン]をクリックします。
ボタンを選択

印刷範囲外のセルでドラッグして、ボタンを作成します。
[マクロの登録]ダイアログボックスが表示されます。マクロ名から[クリア]を選択して[OK]ボタンをクリックします。
マクロの登録

ボタンが選択されている状態で、[クリア]と入力します。ボタンの名前はマクロ名と同じにする必要はないです。
[データの削除]でもいいですね。

ボタンの周りにサイズ変更ボタン(○)がついている場合は、ボタンが選択されています。
サイズ変更ボタン(○)にマウスポインタを合わせると、マウスポインタの形が変わりますので 
その時にドラッグしてボタンのサイズを変更することができます。

任意のセルをクリックすると、サイズ変更ボタンが消えて選択解除の状態になります。
再度、選択したい場合は、[Ctrl]キーを押したままボタンをクリックします。
ボタンを削除する場合は、選択した状態で[Delete]キーを押します。
Delete

また、ボタン上で右クリックしてショートカットメニューの中の[コントロールの書式設定]を選択して設定することもできます。
ショートカットメニュー コントロールの書式設定

下のようにボタンが完成しました。
では、また何かデータを入力します。
この[クリア]ボタンをポイントすると、マウスポインタの形が指の形に変わります。
そのまま押してみます。データが消えて、伝票番号を入力するセルがアクティブになりました。
クリアボタン

マクロの削除

マクロを削除する場合は、メニューバーの[ツール]から[マクロ]→[マクロ]をクリックします。
[マクロ]ダイアログボックスが表示されるので、削除したいマクロ名を選択したあと、[削除]ボタンをクリックします。
マクロの削除

マクロの登録を解除する方法は、Blogの登録したマクロの解除を参照してください。

また、マクロはオートシェイプやクリップアート、テキストボックス、グラフオブジェクト、図形オブジェクトなどにも登録することができます。
オートシェイプでマクロボタンを作成する方法は、Blogのオートシェイプを使ってマクロボタンを作成で解説しています。

マクロの割り当て(ショートカットキー)マクロの割り当て(ボタン)も参照してくださいね。

マクロを強制的に中断する場合は、[Ctrl]キーと[Break]キー、あるいは[Esc]キーを押します。
そして表示されたダイアログボックスの[終了]ボタンをクリックします。

Excel2010ですが、新規入力セルへ移動するマクロの作り方も参考になると思います。

新規入力セルへ移動するマクロの作り方

マクロって何だろう?って思っていらっしゃる方へ見ていただければ嬉しいです。 たとえば、長い表があって 新規入力するためにはいつも下へ下へスク ...

続きを見る

参考Officeのバージョンによって操作が異なる場合があります。以下の記事で、お使いのOfficeのバージョンを確認する方法を解説しています。

Office(Word、Excel、PowerPointなど)のバージョンを確認する方法

Microsoft Officeも時を得て、大きく様変わりしてきました。トラブルを解決しようとするとき、あるいは、何かの操作を探すときなど、 ...

続きを見る

あなたへのおすすめ

関連記事

FDに保存する

ファイルやフォルダなどをフロッピーディスクに保存してみましょう。 右クリックのショートカットメニューで保存する方法です。 FDドライブにフロ ...

戻ると進む

ツールバーの[戻る]ボタンと[進む]ボタンは一回クリックすると 一つ前のページに戻ったり進んだりしますね。 よく見ると、ボタンのすぐ横に▼が ...

電子メールで送信

Excel2003から、電子メールを使って簡単に送信する方法です。 まず 電子メールで送信したいブックを開きます。 ファイルメニューからメー ...

表での計算

Excelのような複雑な計算はできませんが、簡単な計算ならWordでも出来ます。 下のような表があります。[金額]を求めたいと思います。数値 ...

スライドショー

好きな写真をウィンドウいっぱいに表示して楽しみましょう。 写真が保存しているフォルダを開きます。 下は、[好きな写真]というフォルダを開いた ...

-Windows Xp & Office2003 Excel2003

Copyright © 2001-2017 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.