リンクユニット

Windows7 & Office2010 Excel2010

入力規則のコピーと貼り付け

投稿日:2017年1月9日 更新日:

Excelの入力規則は、便利ですね。ですが、この入力規則はコピー・貼り付けができるということは案外知られていないようです。

データの入力規則の設定

[出欠]欄に[○]か[×]を入力してもううためにセル[B4]を選択して、[データ]タブの[データツール]グループにある[データの入力規則]をクリックします。
[データの入力規則]ボタンの上部をクリックすると、[データの入力規則]ダイアログボックスが表示されます。

ポップヒントには以下のように記されています。

無効なデータがセルに入力されないようにします。
たとえば、無効な日付や1,000を超える数値を入力できないようにします。
指定した値が含まれるドロップダウンリストから値を選択して入力するようにできます。

データの入力規則

[データの入力規則]ボタンの下部をクリックすると、メニューが表示されますので[データの入力規則]をクリックします。
データの入力規則

[設定]タブの[入力値の種類]で[リスト]を選択して、[元の値]に[○,×]と入力しました。
データの入力規則ダイアログボックス

セル[B4]には、入力規則が設定され、ドロップダウンリストから[○]か[×]を選べるようになりました。
この入力規則をコピーしてセル[B5]とセル[B6]に貼り付けます。
セル選択

入力規則のコピー

セル[B4]を選択して、右クリックのショートカットメニューから[コピー]をクリックします。
コピー

形式を選択して貼り付けから[入力規則]

貼り付け先のセル[B5]とセル[B6]を選択します。

右クリックのショートカットメニューから[形式を選択して貼り付け]をポイントして[形式を選択して貼り付け]をクリックします。
ショートカットメニュー

[ホーム]タブの[貼り付け]ボタンから選択しても同じです。
▼の箇所をクリックしてメニューを表示させて、[形式を選択して貼り付け]をクリックします。
貼り付けボタン

[形式を選択して貼り付け]ダイアログボックスが表示されるので[入力規則]を選択して[OK]ボタンをクリックします。
形式を選択して貼り付けダイアログボックス

関連入力規則の関連記事です。

絞り込みリストの作成

Excelでは入力規則と関数を使って、リストの中から一つ選択すると、次のリストは前のリストに該当する内容の中からしか選択できないようにするこ ...

続きを見る

入力規則のコピーと貼り付け

Excelの入力規則は、便利ですね。ですが、この入力規則はコピー・貼り付けができるということは案外知られていないようです。 データの入力規則 ...

続きを見る

【無効データのマーク】でエラーメッセージでも防げない規則以外のセルをチェック

Excelの[データ]タブの[データの入力規則]のメニューの中に[無効データのマーク]というのがあります。 これは入力規則に設定した以外の値 ...

続きを見る

重複データの入力を入力規則で禁止するには

Excelで1つの列に重複した値を入力できないように規制する方法を紹介します。Excel2013で解説しますが、他のバージョンも同じ方法で設 ...

続きを見る

行と列の交差するセルの値を求める

Excelで下のようなマトリックス表があって、このマトリックス表の行と列の交差する値を関数を使って自動的に求める方法です。早見表などでも使用 ...

続きを見る

データの入力規則を使ってIMEの入力モードを自動切り替え

Excelでは、[入力規則]を使って入力時の日本語入力をオンにしたり、オフにしたりすることができます。この設定を行っておくと、入力時にIME ...

続きを見る

リストの参照範囲が可変になる場合の設定方法は以下の記事を参照してください。

範囲が可変する名前定義(Excel2007)

縦横の範囲が可変する名前定義

VLOOKUPの参照範囲が可変する場合

参考Officeのバージョンによって操作が異なる場合があります。以下の記事で、お使いのOfficeのバージョンを確認する方法を解説しています。

Office(Word、Excel、PowerPointなど)のバージョンを確認する方法

Microsoft Officeも時を得て、大きく様変わりしてきました。トラブルを解決しようとするとき、あるいは、何かの操作を探すときなど、 ...

続きを見る

管理人一押しのテキストです。業務改善、時短のための一冊です。関数を学び直したい人はぜひ!

おすすめ記事と広告

記事を更新しました

スライサー(ピボットテーブルとピボットグラフの絞り込み)

スライサーとは、ピボットテーブルとピボットグラフの絞り込み機能です。 YouTubeの音声はありません。 [挿入]タブのスライサーとは、ピボ ...

ブロックされているコンテンツを許可

ローカルに保存しているHTMLファイルを開くと、ウィンドウの下に [スクリプトやActiveXコントロールを実行しないよう、Internet ...

テキストのグループ化

Word2007にも同じ機能がありますが、テキストをグループ化しておくと、削除も編集もできなくなります。 開発タブの表示 [開発]タブは、[ ...

WebのPDFが更新されない

WebにPDFファイルをUPしたけど、PDFファイルが更新されないという場合は、一時ファイルなどのキャッシュを削除すると表示されるようになり ...

ナビゲーションフォーム

作成したフォームやレポートをクリックひとつで切り替えて、表示できる機能です。これはとても便利です。ただし、[accdb]の拡張子でなければ、 ...

-Windows7 & Office2010 Excel2010

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.