Google検索

リンクユニット

Windows10 & Office2016 Excel2016

データの入力規則を使ってIMEの入力モードを自動切り替え

投稿日:2017年11月7日 更新日:

Excelでは、[入力規則]を使って入力時の日本語入力をオンにしたり、オフにしたりすることができます。

この設定を行っておくと、入力時にIMEの入力モードの切り替えをせずに済むにので便利です。

また、複数の人にデータを入力してもらう場合も、この設定をしておくと、入力ミスが少なくなると思います。

入力規則 日本語入力の設定

昔からある機能ですが、意外に知られていないようなので、ここで紹介します。ぜひ活用してください。

例えば、下のような表があります。

A列のセルには、日本語入力をオンに、B列のセルは、半角カタカナ、C列は日本語入力をオフに、D列は日本語入力をオンにしたおいたほうが入力は便利ですね。

これをExcelの入力規則で設定することができます。

一度設定しておくと、セルを移動すると自動的に入力モードが切り替わってくれるので便利です。

作成された表

入力規則の設定

入力規則での入力モードの設定方法です。まず、設定したいセルを範囲選択します。

範囲選択

[データ]タブの[データツール]グループにある[データの入力規則]をクリックします。

データの入力規則

下のように[データの入力規則]ダイアログボックスが表示されます。

[日本語入力]タブをクリックします。

既定では、日本語入力は、[コントロールなし]が選択されています。

日本語入力タブ

[データの入力規則]ダイアログボックスの日本語入力の▼ボタンをクリックして、プルダウンメニューから[ひらがな]を選択します。

[OK]ボタンをクリックして閉じます。

ひらがなを選択

IMEの入力モードが切り替わるかを確認

セルを移動して、入力モードが切り替わるかどうか確認してみてください。

Excelの起動時は、日本語入力モードはオフになっています。

範囲選択して設定したセルをクリックすると、自動的に入力モードが[ひらがな]になることを確認します。

設定の確認

上記画像は、IMEの切り替え状態がわかるように、IME言語バーがデスクトップに表示されるように設定しています。

言語バーをデスクトップに表示するには

Windows10で言語バーをデスクトップに表示するには、[設定]の[キーボードの詳細設定]を表示します。 [入力方式の切り替え]に[使用可 ...

続きを見る

同じように他の列のセルも範囲指定して設定していきます。

B列の[フリガナ]のセルは、[半角カタカナ]に設定します。

半角カタカナ

C列の[社員№]のセルは、[オフ(英語モード)]に設定します。

オフ(英語モード)

D列の[備考]のセルは、[ひらがな]に設定します。

ひらがなを選択

これで、セルを移動すると自動的にIMEの入力モードが切り替わります。

日本語入力モードの選択肢

[データの入力規則]ダイアログボックスの[日本語入力]タブで選択可能な入力モードは、以下のとおりです。

  • コントロールなし
  • オン
  • オフ(英語モード)
  • 無効
  • ひらがな
  • 全角カタカナ
  • 半角カタカナ
  • 全角英数字
  • 半角英数字

わかりにくものだけ、解説しておきます。

  • コントロールなし IMEの制御がありません。セルを選択する前のIMEの状態を引き継ぎます。既定です。
  • 無効 IMEがオフになって、変換ができなくなります。手動での入力モードの変換もできません。

    注意[無効]以外を選択した場合は、手動で入力モードの変換が可能です。

入力モードについては、以下の記事で解説しています。

Microsoft IMEの入力モードについて

Windows10の通知領域に表示されているMicrosoft IMEの入力モード、またはデスクトップに表示している言語バーの入力モードにつ ...

続きを見る

[オン] と [ひらがな] どっちがよいのか?

[氏名]や[備考]などでは、[オン]にしたほうがいいのか、[ひらがな]にしたほうがいいのか選択に迷われるかもしれませんが、[ひらがな]にしておくほうがよいです。

もし、[オン]に設定しておくと、直前の入力モードが[半角カタカナ]だった場合は、

日本語入力オン

[半角カタカナ]モードになってしまいます。

半角カタカナ入力モード

[オン]というのは、日本語入力機能をオンにするということですので、直前の入力モードを引き継いでしまいます。

ですから、選択する場合は[ひらがな]を選択しておいたほうがよいです。

[無効]、[オフ(英語モード)]、[半角英数字] のどれがよいのか?

変換する必要がないのであれば、[オフ(英語モード)]を選択したほうがよいと思います。

[無効]を設定すると、手動での入力モードの変換もできません。一番強力ですね。

ですが、もし、イレギュラーの入力が必要な場合は面倒かもしれません。

[半角英数字]を選択すると、変換ができる状態ですので、[オフ(英語モード)]がいいと思います。

[半角英数字モード]では、右クリックのショートカットメニューに[再変換]があります。

参考以下の画像は、Microsoft IMEの詳細設定で[直接入力モードを使用しない]のチェックボックスをオフにしている状態です。

この設定については、直接入力モードを表示するにはで解説しています。

半角英数字の右クリック

[オフ(英語モード)]では、[再変換]は無効になっています。

オフ(英語モード)の右クリック

Excel2003でも入力規則によるIMEの入力モードの切り替えについて解説しています。

入力規則でIMEの入力モードを設定

セルに文字や数字を入力する場合、IMEツールバーの入力モードを度々、切り替えるのは面倒ですね。 自動的に切り替わるように設定しましょう。 下 ...

続きを見る

関連入力規則関連の記事です。

絞り込みリストの作成

Excelでは入力規則と関数を使って、リストの中から一つ選択すると、次のリストは前のリストに該当する内容の中からしか選択できないようにするこ ...

続きを見る

入力規則のコピーと貼り付け

Excelの入力規則は、便利ですね。 ですが、この入力規則はコピー・貼り付けができるということは案外知られていないようです。 データの入力規 ...

続きを見る

入力規則のエラーメッセージと無効データのマーク

Excelの[データ]タブの[データの入力規則]のメニューの中に[無効データのマーク]というのがあります。 これは入力規則に設定した以外の値 ...

続きを見る

重複データの入力を入力規則で禁止するには

Excelで1つの列に重複した値を入力できないように規制する方法を紹介します。 Excel2013で解説しますが、他のバージョンも同じ方法で ...

続きを見る

行と列が交差するセルの値を求める

Excelで下のようなマトリックス表があって、このマトリックス表の行と列が交差する値を、関数を使って自動的に求める方法です。 早見表などでも ...

続きを見る

[Enter]キーを押して右へ移動

上記で紹介したような表で、横に長い表の場合は、[Enter]キーを押したときの設定を右に変更すると、より効率的かもしれません。

セルに入力後、右へ移動する場合は[Tab]キーを使うと便利ですが、[Enter]キーで右へ移動するように設定することもできます。

[Excelのオプション]ダイアログボックスの[詳細設定]カテゴリーの[編集設定]にあります。

[Enterキーを押したら、セルを移動する]の方向で[右]を選択します。

既定は[下]になっています。

[Enterキーを押したら、セルを移動する]の設定変更

おすすめ記事と広告

推奨管理人一押しのテキストです。業務改善、時短のための一冊です。関数が分かるとExcelが楽しくなります。

【無料】できるExcel 2016 新機能ガイド|ダウンロード版

-Windows10 & Office2016 Excel2016

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.