Windows 10 & Office 2016 IME

言語(IMEツール)バーをデスクトップに表示するには

投稿日:2017年1月7日 更新日:

Windows10で言語バーをデスクトップに表示するには、[設定]の[キーボードの詳細設定]を表示します。

[入力方式の切り替え]に[使用可能な場合にデスクトップ言語バーを使用する]というコマンドがあるので、このチェックボックスをオンにすることで表示できるようになります。

[使用可能な場合にデスクトップ言語バーを使用する]のチェックボックスをオン

言語バーをデスクトップに表示


Windows10では、IMEはタスクバーに「あ」や「A」で表示されるだけで、右クリックしてもショートカットメニューの中に、言語バーをデスクトップに表示できるようなメニューはありません。

タスクバーのIMEで右クリック

Windows10でIME言語バーをデスクトップに表示する方法です。バージョン1803での設定です。

スタートボタンをクリックして、[設定]ボタンをクリックします。

スタートメニューの[設定]

参考[Windowsの設定]を表示するショートカットキーは、[Windows]+[i]です。

キーボード[Windows]+[i]

[Windowsの設定]が表示されます。

[時刻と言語]をクリックします。

注意バージョン1809以降は、[Windowsの設定]-[デバイス]をクリックします。

[Windowsの設定]の  [時刻と言語]

左側のメニューにある[地域と言語]をクリックします。

[地域と言語]をクリック

下へスクロールしてウィンドウの下方を表示します。

[キーボードの詳細設定]をクリックします。

[地域と言語]の[キーボードの詳細設定]をクリック

キーボードの詳細設定

[キーボードの詳細設定]が表示されます。

[使用可能な場合にデスクトップ言語バーを使用する]のチェックボックスをオンにします。

[使用可能な場合にデスクトップ言語バーを使用する]のチェックボックスをオン

これでデスクトップに言語バーを表示することができます。

デスクトップに表示された言語バー

バージョン1809の場合

Windows10の設定は、バージョンによって変わります。バージョン1809では、以下のようになっています。

[デバイス]→[入力]と辿ると、[キーボードの詳細設定]があります。

Windows10バージョン1809の[キーボードの詳細設定]

Windowsの設定画面を表示([Windows]+[i])したら、検索ボックスに[キーボードの詳細設定]と入力してで検索するほうが早いかもしれません。

検索ボックスに[キーボードの詳細設定]と入力して検索

Windows10バージョン2004でのIMEツールバーの表示

Windows10 バージョン2004では、新しい日本語IMEが登場しています。

Windows10のバージョン2004では、言語バーをデスクトップ上に表示するのは、とても簡単になりました。

タスクバーのIMEで右クリックします。

ショートカットメニューから、[IMEツールバーの表示/非表示]をクリックします。

Windows10のバージョン20H1のIMEで右クリックしたときのショートカットメニュー

以下のように言語(IMEツール)バーが表示されます。

ただし、従来の言語バーでは最小化することで、タスクバーに収納できましたが、その機能はありません。

Windows10のバージョン20H1でデスクトップに表示されたIMEツールバー

IMEツールバーの非表示

デスクトップの言語バーを非表示にするには、タスクバーのIMEで右クリックして、ショートカットメニューから、[IMEツールバーの表示/非表示]をクリックします。

または、デスクトップのIMEツールバーの[設定]ボタンをクリックして、[IMEツールバーの非表示]をクリックします。

デスクトップのIMEツールバーの[設定]

参考Windows10のバージョン2004の新しい日本語IMEは、従来のIMEに戻すこともできます。

以前のバージョンのMicrosoft IMEを使用するには

デスクトップの言語バーの最小化と復元

Windows10 バージョン1909までの言語(IMEツール)バーでの操作です。

従来通り、[最小化]ボタンをクリックすると、タスクバーに収納することができます。

言語バーの最小化ボタン

言語バーを最小化して、タスクバーに収めた状態です。

タスクバーに収納された言語バー

再度、表示させたい場合は、言語バーで右クリックして[言語バーの復元]をクリックします。

言語バーの復元

言語バーのオプション

[キーボードの詳細設定]にある[言語バーのオプション]をクリックすると、

言語バーのオプション

以下のような[言語バー]についての設定ウィンドウが表示されます。以下は既定の状態です。

テキストサービスと入力言語

言語バーの設定

以下の3つの中から1つ選択します。既定は、[デスクトップ上でフロート表示する]です。

  • デスクトップ上でフロート表示する
  • タスクバーに固定する
  • 表示しない

タスクバーに固定する

[言語バー]の[タスクバーに固定する]をオンにすると、言語バーを最小化した状態と同じになります。

[タスクバーに固定する]を選択

タスクバーに収納されます。

タスクバーに収納された言語バー

復元(デスクトップに表示)する方法も同じです。

言語バーで右クリックしてショートカットメニューから[言語バーの復元]をクリックします。

言語バーの復元

参考デスクトップの言語バーは、左端にマウスを合わせて十字の形になった時に、タスクバーへドラッグしてもタスクバーに収納することができます。

タスクバーへドラッグ

言語バーがアクティブでないときは透明で表示する

また、[テキストサービスと入力言語]にある[言語バーがアクティブでないときは透明で表示する]のチェックボックスをオンにすると、

[言語バーがアクティブでないときは透明で表示する]のチェックボックスをオン

言語バーを使用していないときは、以下のようになります。

言語バーを使用していない時の言語バーの状態

ショートカットメニューの[設定]から

設定画面を閉じたあと、再度、設定する場合は、言語バーを右クリックして、ショートカットメニューの[設定]をクリックします。

ショートカットメニューの設定

[地域と言語]の画面が表示されますので、[キーボードの詳細設定]をクリックして、上記と同じ操作で設定画面を再表示することができます。

[地域と言語]設定画面

ただし、デスクトップに表示した言語バーで右クリックして、ショートカットメニューの[設定]をクリックすると、下のようにタスクバーにもIMEが表示されるようになります。

[設定]メニューをクリックして、[地域と言語]の画面を表示した時点で現れます。もちろん、入力モードは連動します。

デスクトップの言語バーとタスクバーのIME

参考バージョン1909では、言語バーの[設定]をクリックすると、[Windowsの設定]-[時刻と言語]の[言語]が表示されます。その前のバージョンからかもしれませんが。

[キーボードの詳細設定]は、この画面にはありません。

[Windowsの設定]-[時刻と言語]の[言語]

関連入力モードについても解説しています。

Microsoft IMEの入力モードについて

Windows10の通知領域に表示されているMicrosoft IMEの入力モード、またはデスクトップに表示している言語バーの入力モードにつ ...

続きを見る

以下はWindows 8で、言語バーをデスクトップに表示する方法を解説しています。

IME2012の言語バーをタスクバーから出して表示する(IME2012)

バージョンの確認

もっと理解したいあなたへ

おすすめ記事と広告

Profile

執筆者/はま

-Windows 10 & Office 2016 IME

Copyright © 2001-2021 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.