Windows Xp & Office2003 IME2003

Print Friendly

確定後の変換

投稿日:

入力した文字を[Enter]キーで確定したあとでも 変換しなおすことができます。
[再変換]といいます。いくつかの方法を紹介します。


変換したい文字のところでクリックします。カーソルが移動します。
カーソルの位置は 変換したい文字のところであればどこでもかまいません。
[変換]あるいは[前候補・変換(次候補)]と印字されたキーを押します。
変換候補一覧が表示されたと思います。
変換メニュー
※IME2003では、変換候補を表示したときに[Tab]キーを押すと、変換候補一覧が複数列で表示されます。
ここを参照してください。


変換したい文字のところでクリックして、右クリックします。
単語がつながっている場合は カーソルの右側の文字を変換するようです。
右クリック


また、この一覧の中に変換したい文字が無い場合は[その他]をクリックします。
その他を選択

スポンサーリンク

再度、変換候補一覧が表示されます。
変換候補一覧


Wordでは、変換したい文字列をドラッグで範囲選択し、再度[スペースキー]か[変換]キーを押すと再変換されます。
スペースキーで再変換する場合、かならず範囲選択してください。


部分的に再変換したい場合は、範囲選択して(ドラッグして)[変換]キーを押します。
下はExcelでの画面です。
範囲選択
変換候補
Wordでは範囲選択して[スペース]キーでも再変換ができますが、ExcelやPowerPointでは消してしまいますので注意してください。
再変換の場合は、[変換]キーを使うようにしたほうがいいと思います。


また、言語バーの[修正ボタン]をクリックする方法もあります。
言語バーの修正ボタンは規定のままでは表示されていないと思いますので、オプションから選択して表示させてください。
言語バー オプションボタン
そうすると、言語バーに修正ボタンが表示されるようになると思います。
変換したい文字のところでクリックして言語バーの[修正ボタン]をクリックしてください。
言語バー 修正ボタン


Wordの場合、メニューを使う方法もあります。
変換したい文字のところでクリックして メニューバーの[編集]から[再変換]をクリックします。

編集メニュー


また、再変換したあと、[Esc]ボタンを押すと入力したときの状態に戻せます。
これは、入力方式が[IMEスタンダード]の場合のみです。
[ナチュラルインプット]では[Esc]キーを2回押すと入力したときの状態にもどせます。
入力方式


再変換したあと、入力の修正をすることもできます。
Blogの確定後の修正を参照してくださいね。

お勧め記事と広告

関連記事

50音配列のキーボード

キーボードが50音配列に並んでいたらいいのになぁ~と、思ったことはないですか? 便利なものがあるんですよ♪ ソフトキーボードが表示されました ...

テキストボックスに変更

すでに入力した文章でもテキストボックスに変更することができます。 テキストボックスにしたい箇所をドラッグして範囲選択します。 メニューバーの ...

一括連番

写真の並べ替えをするために名前をいちいち変更するのは面倒です。 簡単に連番をつける方法です。ツールバーの[表示]ボタンをクリックして[縮小版 ...

A4に2文字印刷

A4用紙に2文字印刷する場合の方法を紹介します。 たとえば[禁煙]と張り紙したいときなどに便利ですよ。(^.^) まず、ページ設定をしましょ ...

シートの保護

ワークシートを保護しておくと、誤って数式を削除されたり、勝手に書式を変更されたりすることを防ぐ事ができます。 データだけ編集できるように部分 ...

-Windows Xp & Office2003 IME2003

Copyright © 2001-2017 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.