Google検索

リンクユニット

Windows Xp & Office2003 IME2003

確定後の変換

投稿日:2017年1月7日 更新日:

入力した文字を[Enter]キーで確定したあとでも 変換しなおすことができます。

再変換]といいます。いくつかの方法を紹介します。

[変換]キー使って再変換

変換したい文字のところでクリックします。カーソルが移動します。

カーソルの位置は 変換したい文字のところであればどこでもかまいません。

[変換]あるいは[前候補・変換(次候補)]と印字されたキーを押します。 変換候補一覧が表示されたと思います。

変換メニュー

変換キー

参考IME2003以降は、変換候補を表示したときに[Tab]キーを押すと、変換候補一覧が複数列で表示されます。

一列表示と複数列表示を参照してください。

変換候補の並べ替え

[和雄]さんという名前を入力したいとします。 まず、読みを入力しますね。 [スペース]キーを押します。変換された漢字が違うので、再度[スペー ...

続きを見る

右クリックのメニューから

変換したい文字のところでクリックして、右クリックします。

単語がつながっている場合は カーソルの右側の文字を変換するようです。

右クリック

また、この一覧の中に変換したい文字が無い場合は[その他]をクリックします。

その他を選択

再度、変換候補一覧が表示されます。

変換候補一覧

参考Wordでは、変換したい文字列をドラッグで範囲選択し、再度[スペースキー]か[変換]キーを押すと再変換されます。

スペースキーで再変換する場合、かならず範囲選択してください。

部分的に再変換したい場合

部分的に再変換したい場合は、範囲選択して(ドラッグして)[変換]キーを押します。

下はExcelでの画面です。

範囲選択

変換候補

Wordでは範囲選択して[スペース]キーでも再変換ができますが、ExcelやPowerPointでは消えてしまいますので注意してください。

再変換の場合は、[変換]キーを使うようにしたほうがいいと思います。

言語バーの修正ボタンから再変換

また、言語バーの[修正ボタン]をクリックする方法もあります。

言語バーの修正ボタンは既定のままでは表示されていないと思いますので、言語バーの[オプション]から選択して表示させてください。

言語バー オプションボタン

そうすると、言語バーに修正ボタンが表示されるようになると思います。

変換したい文字のところでクリックして言語バーの[修正ボタン]をクリックしてください。

言語バー 修正ボタン

[編集]メニューの再変換

Wordの場合、メニューを使う方法もあります。

変換したい文字のところでクリックして メニューバーの[編集]から[再変換]をクリックします。

編集メニュー

参考また、再変換したあと、[Esc]ボタンを押すと入力したときの状態に戻せます。

これは、入力方式が[IMEスタンダード]の場合のみです。 [ナチュラルインプット]では[Esc]キーを2回押すと入力したときの状態にもどせます。

入力方式

再変換したあと、入力の修正をすることもできます。

Blogの確定後の修正を参照してくださいね。

おすすめ記事と広告

-Windows Xp & Office2003 IME2003

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.