リンクユニット

Google検索

Windows Xp & Office2003 IME2003

Ctrlキーと方向キーを使ってカーソルを単語の前後へ移動

投稿日:2017年1月7日 更新日:

文章の中でカーソルの位置を単語の前後に移動したい場合は、[Ctrl]キーと[←]キー、または[→]キーを同時に押すと便利です。

[Ctrl]キーと[方向]キーで単語の前後へ移動

下のような文があり、カーソルは[コーヒー]の後ろにあります。

カーソルの位置

[Ctrl]キーと[←]キー

このとき、[Ctrl]キーと[←]キーを押すと、カーソルは[コーヒー]の前に移動します。

カーソル移動

キーボード[Ctrl]+[←]

[Ctrl]キーと[→]キー

カーソルは[コーヒー]の後ろにあります。

カーソルの位置

[Ctrl]キーと[→]キーを押すと、カーソルは[が]の後ろへ移動します。

カーソル移動

再度、押すと[大好き]の後ろへ移動します。

カーソル移動

キーボード[Ctrl]+[→]

注意ここでの単語とは、助詞、助動詞、句読点も含みます。

参考[Ctrl]キーと[Delete]キーでカーソルの右の単語を削除します。

[Ctrl]キーと[Backspace]キーでカーソルの左の単語を削除します。

IMEの詳細プロパティ

このようなキーの割当は、IMEの詳細プロパティを表示するとわかります。

以下は、IME詳細プロパティの表示の仕方です。

IMEツールバーの[ツール]から[プロパティ]をクリックします。

言語バー

[Microsoft IME スタンダードのプロパティ]の[全般]タブから、[設定]をクリックします。

Microsoft IME スタンダードのプロパティ

[キー設定]タブをみると、わかります。

IME 詳細プロパティ

おすすめ記事と広告

-Windows Xp & Office2003 IME2003

Copyright © 2001-2019 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.