Windows 10 & Office 2016 IME

新しい日本語IMEの変換候補一覧は自動拡張される

投稿日:2020年11月30日 更新日:

Windows 10 バージョン 2004 では、新しい日本語IMEが登場しました。

廃止された機能もありますが、変換候補を表示した時、一列目の最終候補にフォーカスが来ると、自動的に変換候補一覧が拡張されるようになったのは、嬉しい機能だと思います。

これまでは、変換候補一覧を複数列表示にするには、[Tab]キーを使う必要がありましたが、新しい日本語IMEでは[Tab]キーを使用する必要がなくなりました。

また、拡張表示されても4列表示です。4列目の最終候補がフォーカスされると、次の4列が表示されます。

もちろん、変換候補一覧の最終行にフォーカスされる前に[Tab]キーを使って、拡張することもできます。

新しい日本語IMEでの変換候補の拡張表示

参考新しい日本語IMEでは、[Ctrl]+[F7]で[単語の登録]ダイアログボックスを呼び出せません。

ショートカットキー[Ctrl]+[F7](単語の登録)

[F5]キーで[IMEパッド]も呼び出せません。

部首名が分かるなら[F5]キーでIMEパッドを起動

外字の入力

[半角/全角]キーを押すたびに画面中央に表示されていた[あ][A]が表示される機能も廃止されています。

[半角/全角]キーを押すと【あ】や【A】のポップアップが表示される

Windows10 Creators Update(バージョン 1703)を実行すると、既定では、IMEの入力モードを切り替える度に画面中央 ...

続きを見る

文字コメントの非表示設定もみつかりません。

変換候補に文字コメントを表示したくない場合の設定(旧バージョン)

入力途中で下のようにコメントが表示されることがあります。 これは、同音異義語など、変換候補の一覧で語句の意味などを付けて判別しやすいよう表示 ...

続きを見る

以下は、Microsoftのページです。

日本語 IMEの使用方法(Microsoft )

Microsoft IME を使用している場合、Windows 10 バージョン 20H2 および Windows 10 バージョン 2004 で問題が発生する可能性があります。(Microsoft )

従来のIMEで変換候補を拡張する方法

入力後、目的の漢字でなければ、[スペース]キーや[変換]キーを押して変換候補一覧を表示します。

Windows10バージョン1909の変換候補

その時、変換候補が多い場合、[Tab] キーを押すと複数列表示にできます。

キーボード[Tab]キー

Windows10バージョン1909の変換候補-複数列表示

複数列表示から一列表示に戻す場合も[Tab]キーを使用します。

[Tab]キーを使用しない方法

[Tab]キーでなくても、変換候補一覧の下部にある[表示を切り替えます]ボタンをクリックしても拡張できます。

変換候補一覧の[表示を切り替えます]ボタン

一列表示する場合も[表示を切り替えます]ボタンをクリックします。

複数列表示の[表示を切り替えます]ボタン

参考便利なのですが、変換候補が多い場合は、以下のように横に長くなってしまいます。

変換候補のすべてを表示

この機能は、以前からある機能です。複数列表示にする方法については、以下の記事でも解説しています。

変換候補の並べ替えと一列表示と複数列表示の切り替え

文字を入力して、文字変換するため[スペースキー]を押して変換候補を表示しますね。その変換候補の中に目的の漢字や文字が見つからないとき、どうし ...

続きを見る

新しい日本語IMEでは自動で拡張表示

新しい日本語IMEでは、一列目の最終候補がフォーカスされると、自動的に複数列表示になります。

変換候補が10個以上ある場合、9番目の候補がフォーカスされると、自動的に複数列表示になるということです。

ただし、これまでのようにすべての列が表示されるわけではなく、4列のみ表示されます。

そして、4列の最終候補に来て、まだ候補がある場合は、次の複数列が表示されます。

新しい日本語IMEでの変換

以下は、[かんじ]と入力して変換候補を表示しています。

どんなに多くの変換候補があっても、表示されるのは常に4列です。

新しい日本語IMEでの変換候補の拡張表示

参考従来どおり、最終候補にフォーカスされる前に[Tab]キーを押して、拡張表示することもできますし、変換候補一覧の下部にある[切り替え]ボタンをクリックしても複数列表示ができます。

この場合も4列表示です。

変換候補一覧の下部にある[切り替え]ボタン

変換候補の一列表示と複数列表示の切り替え

複数列表示から、一列表示に切り替える時は[Tab]キーを押します。

キーボード[Tab]キー

または、候補一覧の下部にあるボタンで切り替えます。

候補一覧の下部にある[切り替え]ボタン

Windows 11のIME

Windows 11の新しい日本語IMEでは、変換候補を表示したときに絵文字入力のマークが表示されます。

ポイントすると、[絵文字など]と表示されます。[Windows]と[ピリオド]を押しても表示できるということです。

Windows 11の変換候補一覧

クリックすると絵文字ウィンドウが表示されます。このウィンドウは、[Windows]+[V](クリップボード履歴)と[Windows]+[ピリオド](絵文字表示)でも表示されます。

絵文字ウィンドウ

上部に表示されるアイコンの意味です。

アイコンの意味

変換候補一覧も自動拡張されますが、複数列表示にするボタンをポイントすると、以下のように表示されます。

テーブルビューを開くには、「Tab」キーを押します

変換候補の[複数列表示]ボタン

参考Windows 11でも、旧バージョンのIMEを使用することができます。

日本語IMEで不具合があれば以前のバージョンのIMEに切り替えて使用

Windows 10 バージョン2004で、新しい日本語IMEが登場しました。 Windows 11も、既定は新しい日本語IMEです。 新し ...

続きを見る

変換候補のフォーカスの色を変更

新しい日本語IMEでは、変換候補にフォーカスされる色を変更することもできます。

変換候補のフォーカスの色を変更

Windows 10の設定で、アクセントカラーの色を変更すると、フォーカスの色にも反映されるようになっています。

デスクトップの何もない箇所で右クリックして、ショートカットメニューから[個人用設定]をクリックします。

ショートカットメニューの[個人用設定]

個人用設定の[色]タブで[アクセントカラーを選ぶ]で任意の色を選択すると、その色が変換候補のフォーカスの色にも反映されます。

ただし、アクセントカラーは、フォーカスの色だけでなく、スタートメニュー、タスクバー、アクションセンターなどにも反映されます。

Windowsの色で[イエローゴールド]を選択

以下の記事内にあるアクセントカラーの選択で解説しています。

タスクバーとスタートとアクションセンターなどに好みの色を設定

Windows10ではスタートメニュー、タスクバー、アクションセンターなどにアクセントカラーを選択して、カスタマイズすることができます。 バ ...

続きを見る

Windows 11の場合

Windows 11 バージョン22H2 では、[個人用設定]にある[テキスト入力]の[テーマ]の色を変更すると、変換候補の背景色が変わります。

Windows 11では、Windows 10と同じようにアクセントカラーを変更しても反映されないようです。

Windows 11の[個人用設定]にある[テキスト入力]の[テーマ]

テーマの色は15個用意されています。以下は、[ピンク/オレンジ]を選択しています。

新しい日本語IMEのみに反映されます。旧IMEには反映されません。

テーマの色を変更した時の変換候補

ただ、このテーマを選択すると、変換候補以外の箇所にも反映されます。

タッチキーボードを起動して文字入力を快適に(絵文字・手書き・50音)

Windows 11では、タッチキーボードの機能が大きく進化しています。 Windows 10にもタッチキーボードはありますが、Window ...

続きを見る

新IMEと旧IMEのタスクバーのショートカットメニュー

使用中のIMEが新しいIMEか、従来のIMEかは、タスクバーのIMEで右クリックすると分かりやすいです。

左がWindows 10 バージョン2004で右クリックした新しい日本語IMEです。

右がWindows 10 バージョン1909のIMEで右クリックしたものです。

新しい日本語IMEと従来のIMEのショートカットメニュー

Windows 11の新IMEのショートカットメニューは以下のようになっています。

Windows 11の新IMEのショートカットメニュー

参考新しい日本語IMEを使用していて不具合があれば、従来のIMEに戻すこともできます。

日本語IMEで不具合があれば以前のバージョンのIMEに切り替えて使用

Windows 10 バージョン2004で、新しい日本語IMEが登場しました。 Windows 11も、既定は新しい日本語IMEです。 新し ...

続きを見る

新しい日本語IMEでは、[変換]や[無変換]キーに日本語入力切り替え設定が容易にできます。

日本語入力の切り替えを[無変換]または[変換]キーへ割り当てる

Windows 10 バージョン2004で、新しい日本語IMEが登場し、Windows 11も、既定は新しい日本語IMEです。 新しい日本語 ...

続きを見る

検索

ほかの記事も検索してみませんか?

Access / Excel / PowerPoint / Word

Profile

執筆者/はま

-Windows 10 & Office 2016 IME

Copyright © 2001-2023 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2023 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.