Google検索

リンクユニット

Windows Xp & Office2003 IME2003

全画面を使って入力しよう

投稿日:2017年1月7日 更新日:

IME2002とIME2003には、[全画面入力]という機能があります。

注意[Office 2003 Service Pack 3]をインストールすると、[手書き入力パッド]と[全画面入力]は使用できなくなります。

全画面入力の起動

WordやExcel、PowerPoint、ワードパッドなどを起動させましょう。

IMEツールバーの[手書き]ボタンをクリックします。

言語バーに[手書き]ボタンが見当たらない場合は、Blogの手書きを参照してください。

言語バー

全画面入力

上のような画面が表示されましたか?

マウスでドラッグ

これで全画面を使って手書き入力ができます。

では、画面いっぱいにマウスをドラッグしながら[あ]と書いてみましょう。

マウスで入力

カーソルの位置に[あ]と入力されたと思います。

文字入力

書いたとおりの文字を入力

今度は、書いたとおりの文字を入力してみましょう。

[インク]ボタンをクリックしてください。

インクボタン

[あ]と大きく書いて見ましょう。

文字入力

書いたとおりの文字が入力されたと思います。

小さくて見難い場合は、入力した字をドラッグして範囲選択し[フォントサイズ]を大きくしてみましょう。

ここでは、フォントサイズは[72]にしています。

文字入力

自動認識の設定

マウスで書いている途中で自動認識されて、困りませんでしたか?

自動認識をオフにすると、書きやすくなるかもしれません。全画面入力ツールバーの[オプション]ボタンをクリックします。

オプションボタン

メニューの中から、[オプション]をクリックします。

オプション

[全般]タブの[自動認識]のチェックボックスをクリックしてチェックを外します。

[OK]ボタンをクリックします。

手書きのオプションダイアログボックス

今すぐ認識

書き終わった後に、[今すぐ認識]のボタンを押すと文字が認識されます。

このボタンを押さないかぎり認識されませんので、ゆっくりマウスでドラッグして字をかけますね。

今すぐ認識ボタン

おすすめ記事と広告

-Windows Xp & Office2003 IME2003

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.