Windows 10 & Office 2016 Edge

ダウンロードしたファイルの保存先の変更と確認設定

投稿日:2017年1月7日 更新日:

Microsoft Edgeでダウンロードしたファイルの保存先を変更する方法です。

[ファイルを保存するか、保存せずに開くか]を尋ねるメッセージバーの設定もオン/オフの設定ができます。

オフにすると、すぐにダウンロードが開始されるようになります。

Microsoft Edgeでのダウンロードの保存先の変更


2020年1月に新しいMicrosoft Edgeがリリースされました。

以下のページからダウンロードできます。

Chromium ベースの新しい Microsoft Edge をダウンロードする(Microsoft)

[今すぐ新しいMicrosoft Edgeを入手してください]をクリックします。

インストールすると、旧のMicrosoft Edgeは置き換えられます。

アイコンも以下のように変わります。

参考バージョン20H2では、Microsoft Edgeはアンインストールできなくなっています。

新しいMicrosoft Edgeのアイコン

Microsoft Edgeのウィンドウの右上にある[…](設定など)ボタンをクリックして、[設定]をクリックします。

設定メニューを表示するショートカットキーは、[Alt]+[F]です。

Edgeのウィンドウの右上にある[…](設定など)ボタンをクリック

左側にあるメニューから[ダウンロード]をクリックします。

ダウンロードの[変更]ボタンをクリックして、場所を指定します。

ダウンロードの[変更]

参考Microsoft Edgeのウィンドウが狭い場合は、左側のメニューが非表示になっていると思います。

左上の[menu]ボタンをクリックすると、メニュー表示されます。

Edgeのウィンドウが狭い場合の[menu]ボタン

ダウンロード時の動作を確認

ダウンロードする前に各ファイルの保存先を確認するかどうかを指定することもできます。

[設定]の[ダウンロード]の[ダウンロードする前に各ファイルの保存先を確認する]のボタンをオフにします。

既定はオンになっています。

[設定]の[ダウンロード]の[ダウンロードする前に各ファイルの保存先を確認する]のボタン

Microsoft Edgeの最新バージョンでは、以下のように表記が変わっています。(確認時 バージョン 87.0.664.47)

新しいMicrosoft Edgeのバージョン確認方法

ダウンロード時の動作を毎回確認する

ファイルを保存するか、保存せずに開くかを常に尋ねる

ダウンロード-ファイルを保存するか、保存せずに開くかを常に尋ねる

既定のままであれば、Microsoft Edgeウィンドウの下部に以下のように表示されます。

オフにすると、すぐにダウンロードが開始されます。

Microsoft Edgeでダウンロード時の確認バー

参考新Microsoft Edgeの[印刷]には[PDFとして保存]があります。以下の記事で解説しています。

メモ帳・写真・WebページなどをPDFとして保存するには[印刷]から

WordやExcelなどのMicrosoft Officeで作成したものであれば、[名前を付けて保存]からPDFファイルとして保存することが ...

続きを見る

Edgeの[PDFとして保存]

バージョンの確認

もっと理解したいあなたへ

おすすめ記事と広告

Profile

執筆者/はま

-Windows 10 & Office 2016 Edge

Copyright © 2001-2021 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.