Windows XP & Office 2003 Internet Explorer 6

文字サイズを変更(Ctrlキーとマウスのホイールボタンで拡大/縮小)

投稿日:2017年1月7日 更新日:

Webサイトを閲覧してると、文字が小さくて見えにくいということはありませんか?

Internet Explorerでは、文字サイズを変更できます。

ただ、文字サイズを大きくすると、レイアウトが崩れるサイトもあります。

文字サイズの変更

[表示]メニューから[文字のサイズ]をポイントします。

[最大、大、中、小、最小]の5段階の中から大きさを選択できます。

初期設定は[中]になっています。

[表示]メニューの[文字のサイズ]

ただ、Webサイトによってはこの設定が有効になりません。

インターネットオプションのユーザー補助

その場合は メニューバーの[ツール]→[インターネットオプション]をクリックします。

[ツール]メニューの[インターネットオプション]

[インターネットオプション]ダイアログボックスの[全般]タブの[ユーザー補助]ボタンをクリックします。

[インターネットオプション]ダイアログボックス[全般]タブの[ユーザー補助]

[ユーザー補助]ダイアログボックスの[Webページで設定されたフォントサイズを使用しない]にチェックを入れると、文字サイズを大きくすることができます。

[ユーザー補助]ダイアログボックスの[Webページで設定されたフォントサイズを使用しない]

ただ、この設定のままにしておくと サイトを切り替えたときに、どうもスムーズにいかないことがあるようです。

マウスで文字サイズを変更

文字サイズの変更は、キーボードの[Ctrl]キーを押したまま、マウスのホイール(スクロール)ボタンを前後に回す方法もあります。

キーボード[Ctrl]キー

マウスのホイールボタン

Internet Explorerの場合は、ホイールボタンを手前に回すと文字サイズが大きくなりますね。

Microsoft EdgeやInternet Explorer 11でも使用できますが、Microsoft Edgeでは、手前に回すと画面表示が縮小、先に回すと拡大表示になります。文字サイズではなく画面表示の拡大/縮小になります。

(Internet Explorer 7以降は、文字サイズではなく画面表示の拡大/縮小です。)

ズーム機能(Internet Explorer 7)

WordやExcelの場合は、先へ回すと大きくなります。以下の記事も参考にしてくださいね。

[Ctrl]キーとマウスのホイールボタンで画面の表示倍率を変えよう

マウスのホイール(スクロール)ボタンを使って、画面表示を大きくしたり、小さくしたりして見やすくしましょう。 マウスの真ん中にあるホイール(ス ...

続きを見る

マウスのホイールボタンを使って、[戻る]と[進む]の操作を行うこともできます。

戻ると進むはマウスのホイールボタンやショートカットキーでも操作

ツールバーの[戻る]ボタンと[進む]ボタンは1回クリックすると、1つ前のページに戻ったり進んだりしますが、ボタンの横の▼をクリックして履歴を ...

続きを見る

参考Windows 10で文字サイズを変更する設定は、以下の記事に記しています。

画面上の文字サイズのみを大きくする/全体を大きくする

Windows 10で画面の文字サイズを大きくする方法です。 ディスプレイの表示を125%などと拡大すると、ウィンドウの大きさ(画面全体)も ...

続きを見る

バージョンの確認

他の記事も検索してみませんか?

もっと理解したいあなたへ

おすすめ記事と広告

Profile

執筆者/はま

-Windows XP & Office 2003 Internet Explorer 6

Copyright © 2001-2021 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.