Windows 10 & Office 2016 Edge

PDFファイルにコメントを追加したりマーキングして保存する

投稿日:2021年11月4日 更新日:

Microsoft Edgeでは、PDFファイルを開いて、そのファイルにコメントを追加したり、マーカーでマーキングしたりすることができます。

また、注釈などを追加したPDFファイルは、そのまま保存することもできます。

PDFファイルに注釈とコメントを追加

ここでは、バージョン95.0.1020.40で解説します。

PDFファイルをMicrosoft Edgeで開く

PDFファイルを開くアプリケーションがMicrosoft Edge以外にインストールされていれば、PDFファイルをダブルクリックするとそのアプリケーションで表示されるかもしれません。

Microsoft Edgeで開けない場合は、以下の方法で開くことができます。

PDFファイルで右クリックします。

ショートカットメニューから、[プログラムから開く]を選択して、[Microsoft Edge]を選択します。

ショートカットメニューの[プログラムから開く]-[Microsoft Edge]

もし、PDFファイルを常にMicrosoft Edgeで開くようにしたいのであれば、以下の記事を参照してください。

常に同じアプリケーションで起動するには

写真をフォト以外のアプリケーションで開きたい

Windows10で写真をクリックすると、既定では[フォト]が起動します。 これを[フォト]以外のアプリで起動する方法です。 写真を[フォト ...

続きを見る

PDFファイル上部のツールバー

Microsoft EdgeでPDFファイルを開くと、以下のように上部にツールバーが表示されます。

このツールバーを使用してPDFファイルに手書きの注釈を追加したり、マーキングすることができます。

Microsoft EdgeでPDFファイルを開いた時のツールバー

ツールバーの各ボタンは、ポイントすると名前が表示されます。ポップヒントにはショートカットキーが表示されるものもあります。

ツールバーのボタンとポップヒント

[ページ表示]のボタンは、PDFファイルが複数ページの時のみ有効になります。

ツールバーのボタン

手書き文字の追加と強調表示

ツールバーの[手書き]と[強調表示]を使って、PDFファイルに注釈を追加することができます。

手書き文字の入力

[手書き]ボタンの▼をクリックして、色と大きさを選択します。

PDFファイルの[手書き]メニュー

以下のように手書き文字を入力できます。

終了するには、再度、[手書き]ボタンをクリックします。

PDFファイルに手書き入力

強調表示(マーカーでハイライト)

ツールバーの[強調表示]ボタンを使うとマーカーでハイライト表示ができます。

まず、[強調表示]ボタンの▼をクリックして、色を選択します。

ツールバーの[強調表示]ボタン

好みの色でマーキングすることができます。

ドラッグしてマーキング[強調表示]

注釈やマーキングが終わったら、[保存]ボタンをクリックします。

[上書き保存]か[名前を付けて保存]を選択してください。

ツールバーの[上書き保存]と[名前を付けて保存]

追加した注釈やマーカーの削除

追加した文字や、強調表示のマーキングを削除する場合は、[消去]ボタンを使用します。

クリックしたり、ドラッグで消去できます。

ツールバーの[消去]ボタン

ドラッグでミニメニューを表示

PDFファイル内のテキストをドラッグすると、ミニメニューが表示されます。

ドラッグしたときに表示されるミニメニュー

ミニメニューには、以下の4つのコマンドが表示されます。

テキストのコピーができるのも便利ですね。

ただし、PDFファイルでも、画像となっているものは以下のメニューは表示されません。

  • コピー
  • ハイライト
  • コメントを追加する
  • その他のアクション

[ミニメニュー]のコマンド

ミニメニューでは[ハイライト]となっていますが、ツールバーの[強調表示]と同じです。

すでに選択しているので、ハイライトの色を選択するだけでマーキングすることができます。

ミニメニューの[ハイライト]

[その他のアクション]をクリックした時のメニューは、以下のようになります。

  • ハイライト
  • コメントを追加する
  • コピー
  • Webで(選択文字列)を検索する
  • (選択文字列)については、サイドバーでBingを検索してください
  • 印刷
  • ここから音声で読み上げる
  • 選択範囲を日本語に翻訳
  • 時計回りに回転
  • 反時計回りに回転
  • 開発者ツールで調査する

ミニメニューの[その他のアクション]のコマンド

参考ミニメニューが表示されない場合は、設定を確認してください。

ウィンドウの右上にある[設定など]ボタンをクリックします。ショートカットキーは、[Alt]+[F]です。

メニューから[設定]をクリックします。

Microsoft Edge[設定など]メニューの[設定]

[外観]タブの[ショートカットメニュー]にある[PDFでテキストを選択したときにミニメニューを表示する]をオンにします。

[外観]タブの[PDFでテキストを選択したときにミニメニューを表示する]

コメントを追加する

手書きの注釈やマーカー以外にも、付箋紙のようにコメントを追加することもできます。

コメントの追加は、ミニメニューから表示します。

ミニメニューの[コメントを追加する]

[コメントを追加する]をクリックすると、以下のような黄色の付箋が表示されます。

コメントの表示

文字を入力した後、右下の[保存]ボタンをクリックします。

コメントの[保存]

コメントを保存後は、以下のようになります。

コメントの保存後

コメントの箇所をポイントすると、ポップで入力されたメモを読むことができます。

コメントのポップ

クリックすると、また付箋紙が表示されます。

コメントを開いたままだとPDFファイルの保存ができませんので、保存時は必ず閉じてください。

保存後のコメントをクリック

コメントの編集と削除

コメントを編集、削除する場合は、コメントの右上にある[…]をクリックします。

[削除]と[編集]メニューが表示されます。

コメントの[…]ボタン

コメントの削除は、ツールバーの[消去]ボタンを使ってもできます。

ツールバーの[消去]ボタンでコメントを削除

参考ツールバーにある[音声で読み上げる]機能も楽しいですよ。

PDFファイルの音声ツールバー

WebページとPDFファイルのテキストを音声で読み上げる

新しいMicrosoft Edgeでは、従来版での機能がなくなったり、変更された機能があります。 新しい Microsoft Edge で現 ...

続きを見る

Webページもキャプチャして、メモを追加できます。

Webページをキャプチャ(画像として保存)して手描きのメモも追記

Microsoft Edgeには、Webキャプチャという機能があります。 Webページの全体、または一部をキャプチャして、そのキャプチャした ...

続きを見る

また、WordやExcelなどは、[名前を付けて保存]からPDFファイルとして保存できます。

ファイルをPDF形式で保存するには[名前を付けて保存]から

Word、Excel、PowerPointなどでは、名前を付けて保存する時にPDFファイルを作成することができます。 これは、Office2 ...

続きを見る

メモ帳・写真・WebページなどをPDFとして保存するには[印刷]から

WordやExcelなどのMicrosoft Officeで作成したものであれば、[名前を付けて保存]からPDFファイルとして保存することが ...

続きを見る

検索

ほかの記事も検索してみませんか?

おすすめ記事と広告

Profile

執筆者/はま

-Windows 10 & Office 2016 Edge

Copyright © 2001-2021 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.