リンクユニット

Windows 10 & Office 2016 Edge

WebページとPDFファイルのテキストを音声で読み上げる

投稿日:2020年10月29日 更新日:

新しいMicrosoft Edgeでは、従来版での機能がなくなったり、変更された機能があります。

新しい Microsoft Edge で現在利用できない機能(Microsoft)

音声読み上げ機能は、従来版にもありましたが、ここでは新しいMicrosoft Edgeでの音声で読み上げ機能について解説します。

Microsoft Edgeの音声読み上げ

Microsoft Edgeのバージョン 86.0.622.56 での記事になります。

Microsoft Edgeのバージョン情報

Microsoft Edgeのバージョンの見方は、以下で解説しています。

新しいMicrosoft Edgeのバージョン確認方法

[音声を読み上げる]機能を起動するには


[音声を読み上げる]機能を起動するには、複数の方法があります。

設定メニューから

ウィンドウ右上の[...](設定など)をクリックして、メニューを開きます。

[音声で読み上げる]をクリックします。

[設定]メニューの[音声で読み上げる]

ショートカットキー

[音声で読み上げる]機能を起動するショートカットキーは、[Ctrl]+[Shift]+[U]です。

従来版では、[Ctrl]+[Shift]+[G]だったと思います。間違えないように気をつけてください。

キーボード[Ctrl]+[Shift]+[U]

右クリックのショートカットメニューから

Webページで右クリックすると、以下のショートカットメニューが表示されます。

ショートカットメニューの[音声で読み上げる]をクリックします。

ショートカットメニューの[音声で読み上げる]

範囲選択した状態で右クリックすると、[選択部分を音声で読み上げる]と表示されます。

範囲選択しても、ショートカットキーは同じです。

ショートカットメニューの[選択部分を音声で読み上げる]

音声読み上げツールバーのボタン

上記方法で、音声読み上げをオンにすると、すぐにテキストの読み上げが始まります。

そして、ウィンドウの上部に音声読み上げバーが現れます。

ボタンは、左から[前の段落を読み上げる][一時停止][次の段落を読み上げる]です。

[音声読み上げ]ツールバー

[一時停止]ボタンをクリックすると、[読み上げの続行]ボタンになります。

ツールバーを閉じる場合は、右端の[閉じる]ボタンをクリックします。

[音声読み上げ]ツールバー

音声オプション

音声読み上げツールバーの[音声オプション]をクリックすると、読み上げのスピードと、音声の選択を行うことができます。

スピードは、ボタンを左右へドラッグで移動させて、スピードを調整します。

音声の選択は、日本語であれば5個の選択肢があります。

  • Ayumi
  • Haruka
  • Ichiro
  • Sayaka
  • Nanami

既定は、Nanamiとなっています。

音声オプションのメニュー

右クリックのショートカットメニューからの操作

音声読み上げの操作は、ツールバーだけでなく、右クリックのショートカットメニューにもあります。

ショートカットメニューの音声読み上げのコマンド

PDFファイルの音声読み上げ

PDFファイルをMicrosoft Edgeで起動すると、ウィンドウ上部にツールバーが表示されます。

[音声で読み上げる]をクリックすると、

PDFファイルの[音声読み上げ]ツールバー

Webページと同じ音声ツールバーに切り替わり、テキストが読み上げられます。

音声ツールバーの操作は、Webページの場合と同じです。

PDFファイルの音声読み上げ

参考WordやExcelなどのファイルをPDFファイルに変換する方法は、以下の記事で解説しています。

ファイルをPDF形式で保存するには[名前を付けて保存]から

Word、Excel、PowerPointなどでは、名前を付けて保存する時にPDFファイルを作成することができます。 これは、Office2 ...

続きを見る

メモ帳・写真・WebページなどをPDFとして保存するには[印刷]から

WordやExcelなどのMicrosoft Officeで作成したものであれば、[名前を付けて保存]からPDFファイルとして保存することが ...

続きを見る

イマーシブリーダーの音声読み上げ

Webページによっては、[イマーシブリーダー]に対応したページがあります。

イマーシブリーダーとは、広告などを非表示にして、テキストを音声で読み上げることができる機能です。

イマーシブリーダーに対応しているページは、アドレスバーの右側に以下のようなマークが表示されます。

ポイントすると、[イマーシブリーダーを開始する]と表示されます。

注意イマーシブリーダーは、すべてのWebページで使用できるわけではありません。

アドレスバーの[イマーシブリーダー]アイコン

[イマーシブリーダーを開始する]ボタンをクリックします。

以下のツールバーが表示されますので、[音声で読み上げる]をクリックします。

[イマーシブリーダー]ツールバーの[音声で読み上げる]

音声読み上げツールバーに切り替わり、テキストが読み上げられます。

イマーシブリーダーの音声読み上げ

イマーシブリーダーの使い方については、ここでは解説しませんが、[イマーシブリーダー]のボタンが表示されるWebページがあれば、クリックしてみてください。

アドレスバーのイマーシブリーダーのアイコンをクリックすると、通常のWebページに戻ります。

Microsoft Edge でイマーシブリーダーを使用して閲覧表示を入力する - Office サポート(Microsoft)

Microsoft Edge ブラウザーで学習ツールを使用する - Office サポート(Microsoft)

参考イマーシブリーダーは、Word2019にもあります。

【イマーシブリーダー】は1行ずつフォーカスして読み進められる

Word2019には、[イマーシブリーダー]という機能があります。文章に集中して読み進めるための表示モードです。 長文の文章を1行ずつ集中し ...

続きを見る

また、音声読み上げ機能は、拡大鏡やOutlookなどにもあります。

拡大鏡の起動と使い方(バージョン2004では音声読み取り機能が追加)

Windows 10では[拡大鏡]を使用して、画面全体、または画面の一部を拡大して表示できます。 細かい文字が見づらい時や、プレゼンなどで画 ...

続きを見る

WordとOutlookで【音声読み上げ】機能を使用する

Word2019とOutlook2019/2016の[校閲]タブには、[音声読み上げ]ボタンがあり、テキストを音声で読み上げてくれる機能があ ...

続きを見る

Excelでの読み上げ機能については、以下の記事で解説しています。

Excelがデータを読み上げる!読み合わせは【セルの読み上げ】で

Excelには、セルのデータを読み上げる機能があります。日本語の音声で読み上げてくれます。 データにミスがないかチェックが必要な時、読み合わ ...

続きを見る

Profile

執筆者/はま

もっと理解したいあなたへ

おすすめ記事と広告

-Windows 10 & Office 2016 Edge

Copyright © 2001-2020 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.