リンクユニット

Office 2019 Word 2019

【イマーシブリーダー】は1行ずつフォーカスして読み進められる

投稿日:2020年4月23日 更新日:

Word2019には、[イマーシブリーダー]という機能があります。文章に集中して読み進めるための表示モードです。

長文の文章を1行ずつ集中して読み進めたいというような場合に利用すると便利です。

[行フォーカス]機能を使って、1行ずつ、または3行ずつなどフォーカスして、読み進めることができます。

Word2019(永続ライセンス)バージョン2003(ビルド12624.20466)での解説です。

イマーシブリーダー表示

サンプル文の表示


ここでは、サンプル文を表示して解説します。

新規文書に半角で[=rand()]と入力して、[Enter]キーを押します。

=rand()

すると、サンプル文が表示されます。

サンプル文の内容はWordのバージョンによって異なります。

サンプル文の表示については、以下のページで解説しています。知っておくと何かと便利ですよ。

Word2013のサンプル文

参考[=lorem()]と入力して[Enter]キーを押すと英文のサンプル文になります。

Wordのサンプル文

イマーシブリーダーの表示

[表示]タブの[イマーシブ]グループにある[イマーシブリーダー]をクリックします。

イマーシブリーダー

イマーシブ編集操作に切り替えると、読解力を向上させることができます。テキストの表示方法を調整し、テキストを読み上げます。

[表示]タブの[イマーシブ]グループにある[イマーシブリーダー]

[イマーシブリーダー]タブが現れます。

[イマーシブリーダー]タブ

参考イマーシブリーダー表示にすると、縦書きの文書は、横書きになります。イマーシブリーダーを閉じると、縦書きに戻ります。

列幅の調整

[イマーシブリーダー]グループにある[列幅]で各行に表示される文字数を調整します。

列幅

各行に表示される文字数を調整するために、ドキュメントの表示方法を変更します。

[イマーシブリーダー]の[列幅]

4つのメニューがあります。

  • 非常に狭い
  • 狭い
  • やや狭い
  • 広い

[イマーシブリーダー]タブの[列幅]のメニュー

私の環境では、1行の文字数は以下のようになりました。

  • 非常に狭い-44文字
  • 狭い-64文字
  • やや狭い-107文字
  • 広い-125文字

以下は、[非常に狭い]を選択した状態です。

[イマーシブリーダー]タブの[列幅]-[非常に狭い]

ページの色

[ページの色]も変更できます。

ページの色

文書の表示に使用する色を変更して、読みやすくします。

この設定は、イマーシブリーダーを有効にするたびに使用します。

[イマーシブリーダー]タブの[ページの色]

3つのメニューがあります。

  • なし
  • セピア
  • 反転

[イマーシブリーダー]タブの[ページの色]のメニュー

以下は、[反転]を選択している状態です。

[イマーシブリーダー]タブの[列幅]-[反転]

参考[閲覧モード]にも同じ機能があります。

[表示]タブの[表示]グループにある[閲覧モード]をクリックするか、ステータスバーの[閲覧モード]ボタンをクリックして切り替えします。

[表示]タブの[表示]グループにある[閲覧モード]

[表示]メニューの[ページの色]で切り替えられます。

[閲覧]モードの[表示]-[ページの色]

閲覧モードについては、以下の記事で解説しています。

閲覧モードで開かないようにする(文書の閲覧に適したモードの使い方)

Word2013の新機能です。 旧バージョンで作成済みのファイルなどをWord2013で開くと、[閲覧モード]で表示されることがあります。 ...

続きを見る

行フォーカス

[行フォーカス]は[イマーシブリーダー]の中でも、一番お勧めの機能です。

行フォーカス

ドキュメント内で1行、3行、または5行をまとめて強調表示して、読む対象を絞り込むことができます。

[イマーシブリーダー]タブの[行フォーカス]

以下のメニューがあります。

  • なし
  • 1行
  • 3行
  • 5行

[イマーシブリーダー]タブの[行フォーカス]のメニュー

以下は、[ページの色]は[なし]で、[行フォーカス]は[1行]を選択している状態です。

1行ずつ、集中して読み進めることができます。

右側にある上下矢印で、1行ずつ進んだり、戻ったりができます。また、マウスのホイールボタンを回しても同じです。

[イマーシブリーダー]タブにある[行フォーカス]-[1行]

以下は、[ページの色]は[セピア色]で、[行フォーカス]は[3行]を選択している状態です。

[イマーシブリーダー]タブにある[行フォーカス]-[3行]

テキストの間隔

[テキストの間隔]は、文字や単語の間隔を広げて読みやすくするものです。

テキストの間隔

単語、文字、行の間隔を大きくします。

[イマーシブリーダー]タブの[テキストの間隔]

[テキストの間隔]がオフの状態です。

[テキストの間隔]がオフの状態

[テキストの間隔]がオンの状態です。文字の間隔が広がったことが確認できます。

[テキストの間隔]がオンの状態

音声読み上げ

[イマーシブリーダー]タブには[音声読み上げ]機能もあります。[行フォーカス]などの機能と同時に使用できます。

[音声読み上げ]をクリックすると、本文の右上にツールバーが現れます。

音声読み上げ

テキストを音声で読み上げ、読み上げ中に各単語を強調表示します。

[イマーシブリーダー]タブの[音声読み上げ]

音声読み上げツールバーのボタン

カーソルの位置から、読み上げられます。

音声読み上げツールバーを閉じる場合は、[音声読み上げ]ボタンをクリックするか、ツールバーの[停止]ボタンをクリックします。

[前へ]のボタンをクリックすると、一段落前へカーソルが移動し、[次へ]では一段落後ろへ移動します。

音声読み上げのツールバー

参考文章内にルビがあると、その文字は読み飛ばされます。

ルビは飛ばして読み上げられる

イマーシブリーダー表示にすると、縦書きの文章は、横書きになり、音声も横書きのまま読み上げられます。

縦書きのまま読みたいのであれば、[校閲]タブの[音声]グループにある[音声読み上げ]機能を使うといいです。

[校閲]タブの[音声]グループにある[音声読み上げ]機能

また、[音声読み上げ]機能は、Outlook2019の[校閲]タブにもあります。受信メッセージであれば[ホーム]タブや[メッセージ]タブにもあります。

Outlook2019の[音声読み上げ]

参考[校閲]タブの[音声読み上げ]については、以下の記事で解説しています。

WordとOutlookで【音声読み上げ】機能を使用する

Word2019とOutlook2019/2016の[校閲]タブには、[音声読み上げ]ボタンがあり、テキストを音声で読み上げてくれる機能があ ...

続きを見る

音声機能の設定

音声ツールバーの[設定]をクリックすると、以下のように[読み上げ速度]と[音声の選択]ができるようになっています。

音声は、3つの選択肢があります。

  • Microsoft Ayumi
  • Microsoft Haruka
  • Microsoft Ichiro

音声読み上げツールバーの[読み上げ速度]と[音声の選択]

参考Windows10 バージョン2004では、拡大鏡に音声読み上げ機能が追加されています。Wordの音声読み上げ機能と同じようなものです。

拡大鏡の起動と使い方(バージョン2004では音声読み取り機能が追加)

Windows 10では[拡大鏡]を使用して、画面全体、または画面の一部を拡大して表示できます。 細かい文字が見づらい時や、プレゼンなどで画 ...

続きを見る

拡大鏡の音声読み上げの設定

Microsoft Edgeにも音声読み上げ機能とイマーシブリーダーがあります。

WebページとPDFファイルのテキストを音声で読み上げる

新しいMicrosoft Edgeでは、従来版での機能がなくなったり、変更された機能があります。 新しい Microsoft Edge で現 ...

続きを見る

ショートカットキー

音声読み上げ用のショートカットキーは、以下のようなものがあります。

音声読み上げの開始/終了:[Ctrl]+[Alt]+[Space]

読み上げの一時停止/再生:[Ctrl]+[Space]

読み上げ速度を速くする:[Alt]+[→]

読み上げ速度を遅くする:[Alt]+[←]

前の段落を読み上げる:[Ctrl]+[←]

次の段落を読み上げる:[Ctrl]+[→]

イマーシブリーダーを閉じる

イマーシブリーダーを閉じる場合は、[イマーシブリーダーを閉じる]ボタンをクリックします。

また、イマーシブリーダーを表示したまま文書を閉じると、再表示したときは、イマーシブリーダーで表示されます。

[イマーシブリーダー]タブの[イマーシブリーダーを閉じる]ボタン

参考Word2013から登場した[閲覧モード]も、文書を読みやすく閲覧に適したモードです。

閲覧モードで開かないようにする(文書の閲覧に適したモードの使い方)

Word2013の新機能です。 旧バージョンで作成済みのファイルなどをWord2013で開くと、[閲覧モード]で表示されることがあります。 ...

続きを見る

Word2019には、[並べて表示]という長文を横へスクロール(スライド)しながら読み進められる機能もあります。

長文を[並べて表示]で横へスクロール(スライド)しながら読む

Word2019では、複数ページにわたる長文を横へスクロール(スライド)しながら読み進めることができます。 また、文書全体をサムネイル表示に ...

続きを見る

Profile

執筆者/はま

もっと理解したいあなたへ

おすすめ記事と広告

-Office 2019 Word 2019

Copyright © 2001-2020 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.