Google検索

リンクユニット

Windows10 & Office2016 Word2016

表の結合

投稿日:2017年1月7日 更新日:

Wordで複数の表があって表と表を結合したい場合は、改行マークを削除するだけで結合することができます。

縦に結合

たとえば、下のような表があって、上の表と下の表を結合したい場合は、

2つの表

上下の表の間にある段落記号を削除すると結合することができます。

段落記号の削除

下のようになります。

表の結合

横に結合

横に結合したい場合は、下の表を選択後、ショートカットメニューから[切り取り]をクリックして、

表の切り取り

表の右でクリックして貼り付けします。

貼り付け

下のように簡単に結合することができます。

横に結合

表の結合ができない場合

上記方法でも表の結合ができない場合があります。

見た目は結合したように見えても別の表となる場合があります。

結合されていない場合は、下の表にも表の選択ボタンが表示されてしまいます。

結合されていない表

表の結合がうまく行かない場合は、表にスタイルが適用されていないかを確認してください。

同じように見えても、表のスタイルが異なる場合は結合ができません。

どちらかのスタイルに合わせるか、スタイルをクリアすると結合することがができます。

表内にマウスカーソルを置いて、[デザイン]タブをクリックすると、表のスタイルで適用されているスタイルを確認することができます。

上の表は[表(格子)]です。

スタイルの確認

下の表は、[表のテーマ]が適用されています。

スタイルの確認

表のスタイルを統一

同じように見えても違うんですね。

下の表に[表(格子)]を適用すると結合されます。

スタイルを合わせる

表のスタイルをクリア

または、表のスタイルをクリアして結合するといいです。

結合したあと、スタイルを適用してもいいと思います。

表のスタイルのクリア

[標準の表]を選択したほうが早いかもしれません。

必ずマウスでポイントしてスタイルの名前を確認してください。

標準の表

関連表の各部名称や機能について、まとめています。

Wordの表の各部の名称と表の機能

表の各部の正確な名称を知っておくと、操作が分からないときやトラブルが発生したときに検索しやすくなります。 また、Wordの表でできる内容を把 ...

続きを見る

また、表のスタイルを使って表の縞模様を1行3列におきに設定する方法を解説しています。

表の縞模様を1行3列おきに設定するには(新しい表のスタイルを作成)

Wordの表で縞模様は、[縞模様]ダイアログボックスの設定で列方向や行方向の縞の幅は3行、3列まで設定することができます。 たとえば、下のよ ...

続きを見る

おすすめ記事と広告

記事を更新しました

テキストボックス作成時にラベルを作成したくない

Accessのフォームのデザインビューでテキストボックスを作成すると、自動的にラベルも作成されてしまいます。 これは、意外と面倒に思っていら ...

単語登録のエクスポートとインポート

Windows10 のIMEで単語登録した一覧をエクスポートする方法です。 新しいパソコンへ単語登録したものをインポートしたいとか、またバッ ...

IMEの郵便番号辞書の情報(いつのデータなのか)を確認するには

IMEには、郵便番号辞書が標準で組み込まれています。 とても便利ですし、重宝しています。 ですが、時々変換されないこともあって、いったいこの ...

差し込み印刷用のデータ(リスト)を作成

Excelで住所録を作成される方は多いと思います。 しかし、その住所録はExcelにデータ(リスト)として認識されているでしょうか? セル番 ...

デスクトップにショートカットアイコンを作成

Windows10では、スタート画面にピン留めしたり、タスクバーにピン留めする方法は簡単にできます。 その方法については、以下の記事で解説し ...

-Windows10 & Office2016 Word2016

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.