Google検索

リンクユニット

Windows8 & Office2013 Word2013

複数のテキストボックスのリンク

投稿日:2017年1月7日 更新日:

Wordでは、下のようにテキストボックス内の文字列を他のテキストボックスへ流し込んでリンクさせることができます。

テキストボックスのアニメ

テキストボックスの挿入

テキストボックスを挿入します。

[挿入]タブの[テキストボックス]をクリックして、

挿入タブのテキストボックス

[横書きテキストボックスの描画]をクリックします。

横書きテキストボックスの描画

参考テキストボックスは、[挿入]タブの[図形]から挿入することもできます。

挿入タブの図形からテキストボックスを挿入

テキストボックスへ文字の入力

任意の位置にテキストボックスを描いて、その中に文字を入力します。

テキストボックスへ入力

リンク先となる2つ目のテキストボックスを挿入

そして、作成したテキストボックスを選択したまま、[書式]タブの[テキストボックス]をクリックして、

テキストボックスの追加

下のように2個目のテキストボックスを挿入します。

2個目のテキストボックスは空っぽにしておきます。

テキストボックスが2個

リンクの作成

先に挿入した(文字列が入力されたテキストボックス)を選択します。

そして、[書式]の[テキスト]グループにある[リンクの作成]ボタンをクリックします。

ポップヒントには、以下のように記されています。

リンクの作成

テキストボックス内のテキストが別のテキストボックスにも表示されるようにします。

現在のテキストボックスのリンク先にする空のテキストボックスをクリックしてください。

リンクの作成

リンク先となるテキストボックスをクリックします。

マウスポインタが下のような形になります。

マウスポインターの形

文字列が入力されたテキストボックスの高さをドラッグで少し小さくしてみます。

自動的にリンク先のテキストボックスへ文字列が表示されます。

リンク元テキストボックスの調整

テキストボックスを追加して、リンク先のテキストボックスを増やすこともできます。

3個目を追加したら、2個目のテキストボックスを選択して、[リンクの作成]ボタンをクリックして3個目のテキストボックスをクリックします。

テキストボックスの位置や形を変えても自動で文字数が変更されて表示されます。

既存文書をテキストボックスへ流し込み

また、すでに作成済みの文書があり、それをテキストボックスへ流し込むこともできます。

テキストボックスを選択して、[挿入]タブにある[オブジェクト]から[ファイルからテキスト]をクリックします。

目的の文書を選択して挿入します。

[ファイルからテキスト]のポップヒントには、以下のように記されています。

ファイルの挿入:ファイル内のテキストを文書に挿入します。

テキストボックスを選んでいる場合は、選んだテキストボックスにテキストが追加されますが、テキストボックスを選んでいない場合は、新しいテキストボックスが作成されます。

ファイルの挿入

リンク設定したテキストボックスへ流し込まれます。

3つのテキストボックスへ流し込み

テキストボックスのレイアウト

このあと、自由にレイアウトするといいですね。

テキストボックスのレイアウト変更

リンクの解除

リンクの解除は、リンク元のテキストボックスを選択して、[リンクの解除]をクリックします。

ポップヒントには、以下のように記されています。

リンクの解除

このテキストボックスと次のテキストボックスのリンクを解除します。

すべての文字列が、選択したテキストボックスに配置されます。

リンクの解除

関連以下は、Word2003での記事です。

テキストボックスのリンク

おすすめ記事と広告

-Windows8 & Office2013 Word2013

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.