Windows10 & Office2016 Word2016

Print Friendly, PDF & Email

Word文書やテキストファイルのインポート

投稿日:2017年4月30日 更新日:

Wordの文書に既存のテキストファイルや、Wordの文書を取り込む方法です。文書内の指定した位置に取り込む(インポート)することができます。

Word文書のインポート

既存のWord文書をインポートする方法です。まず、インポートしたい位置にカーソルを移動させます。

インポート前の文書

[挿入]タブの[テキスト]グループにある[オブジェクト]ボタンの▼ボタンをクリックして、[ファイルからテキスト]をクリックします。[オブジェクト]ボタンをそのままクリックしないように気をつけてください。
挿入タブのファイルからテキスト

インポートしたい文書の保存先フォルダを開きます。[ファイルの挿入]ダイアログボックスの右下にあるファイルの種類が[すべてのWord文書]になっていることを確認します。目的のWord文書を指定して、[挿入]ボタンをクリックします。
ファイルの挿入

下のようにオブジェクトなども、そのままインポートされます。
インポート後の文書

テキストファイルのインポート

テキストファイルのインポートの場合も同じく、文書内でインポートしたい位置にカーソルを移動させます。そして、[挿入]タブの[テキスト]グループにある[オブジェクト]ボタンの▼ボタンをクリックして、[ファイルからテキスト]をクリックします。[ファイルの挿入]ダイアログボックスで、ファイルの種類の▼をクリックして、[すべてのファイル]または[テキストファイル]を選択します。目的のテキストファイルを指定して、[挿入]ボタンをクリックします。
ファイルの挿入

次に[ファイルの変換]ダイアログボックスが表示されますが、ここはこのまま[OK]ボタンをクリックします。
[ファイルの変換]ダイアログボックス

下のようにカーソルの位置にテキストが挿入されます。
インポート後

テキストファイルをインポートすると、フォントは[MSゴシック]になります。Wordの標準の書式に合わせるには、挿入したテキストの文字列を選択して、[ホーム]タブにある[スタイル]グループにある[標準]をクリックして適用します。
標準スタイルの適用

文字列は、Word2016の標準である游明朝になります。
游明朝

解決できないことは【teratail】で質問してみましょう。

参考Officeのバージョンによって操作が異なる場合があります。以下の記事で、お使いのOfficeのバージョンを確認する方法を解説しています。

Office(Word、Excel、PowerPointなど)のバージョンを確認する方法

Microsoft Officeも時を得て、大きく様変わりしてきました。トラブルを解決しようとするとき、あるいは、何かの操作を探すときなど、 ...

続きを見る

おすすめ記事と広告

こんな記事も読まれています

リレーションシップの印刷

Accessで作成したテーブル間のリレーションシップは印刷しておくと、役立つことが多いです。データベースの構成が複雑になればなるほど必要です ...

レポートのグループ化と並べ替えと集計の設定

Accessのレポートにグループレベルを設定して、レコードをグループごとに分類することができます。グループレベルは、ウィザードで指定して作成 ...

Webノートの作成

Windows10に標準搭載のEdgeは、Internet Explorerに代わる新しいブラウザです。 Edgeには、[Webノートの作成 ...

グラフの代替テキストの設定

Excelで作成したグラフに代替テキストを設定する方法です。 代替テキストとは何?と言う方は、代替テキストからお読みください。 グラフエリア ...

ダウンロードしたファイルの保存先の変更

Windows10のAnniversary Updateを実施すると、Edgeでダウンロードしたファイルの保存先を変更することができます。 ...

-Windows10 & Office2016 Word2016

Copyright © 2001-2017 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.