Google検索

リンクユニット

Windows10 & Office2016 Word2016

Word文書やテキストファイルのインポート

投稿日:2017年4月30日 更新日:

Word文書の本文に既存のテキストファイルや、Wordの文書を取り込む方法です。

文書内の指定した位置に取り込む(インポート)することができます。

Word文書のインポート

既存のWord文書をインポートする方法です。

まず、インポートしたい位置にカーソルを移動させます。

インポート前の文書

[挿入]タブの[テキスト]グループにある[オブジェクト]ボタンの▼ボタンをクリックして、[ファイルからテキスト]をクリックします。

[オブジェクト]ボタンをそのままクリックしないように気をつけてください。

挿入タブのファイルからテキスト

インポートしたい文書の保存先フォルダを開きます。

[ファイルの挿入]ダイアログボックスの右下にあるファイルの種類が[すべてのWord文書]になっていることを確認します。

目的のWord文書を指定して、[挿入]ボタンをクリックします。

ファイルの挿入

下のようにオブジェクトなども、そのままインポートされます。

インポート後の文書

テキストファイルのインポート

テキストファイルのインポートの場合も同じく、文書内でインポートしたい位置にカーソルを移動させます。

そして、[挿入]タブの[テキスト]グループにある[オブジェクト]ボタンの▼ボタンをクリックして、[ファイルからテキスト]をクリックします。

[ファイルの挿入]ダイアログボックスで、ファイルの種類の▼をクリックして、[すべてのファイル]または[テキストファイル]を選択します。

目的のテキストファイルを指定して、[挿入]ボタンをクリックします。

ファイルの挿入

次に[ファイルの変換]ダイアログボックスが表示されますが、ここはこのまま[OK]ボタンをクリックします。

[ファイルの変換]ダイアログボックス

下のようにカーソルの位置にテキストが挿入されます。

インポート後

テキストファイルをインポートすると、フォントは[MSゴシック]になります。

Wordの標準の書式に合わせるには、挿入したテキストの文字列を選択して、[ホーム]タブにある[スタイル]グループにある[標準]をクリックして適用します。

標準スタイルの適用

文字列は、Word2016の標準である[游明朝]になります。

游明朝

おすすめ記事と広告

推奨管理人一押しのテキストです。知って得する機能が満載です。

記事を更新しました

近似曲線を追加して来月の売上を予測する

作成した折れ線グラフに[近似曲線]を追加して、データの傾向を可視化することができます。 また、来月、再来月などの未来の売上を予測することもで ...

図の挿入ダイアログボックスの【ファイルにリンク】と【挿入とリンク】

Wordで画像を挿入するには、[挿入]タブの[画像]をクリックして、[図の挿入]ダイアログボックスから挿入します。 画像をコピーして貼り付け ...

3Dマップにフィールドリストを追加、不要なフィールドリストを削除

Excel2016では、3Dマップという地図上にグラフを作成できる機能があります。 ちょっと操作すると、リアルに変化が楽しめて面白いですね。 ...

画像の差し込み印刷(IncludePictureフィールドを使って作成)

Wordの差し込み印刷は、同じ文面の書面に宛先だけを差し替えて印刷することができる機能です。 住所や氏名を印刷したラベルをまとめて作成して、 ...

ウィザードによるボタン作成後の埋め込みマクロ

Accessでは、ウィザードを使用して簡単にボタンを作成することができます。 これについては、ウィザードを使ったコマンドボタンの作成で解説し ...

-Windows10 & Office2016 Word2016

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.