Google検索

リンクユニット

Windows10 & Office2016 Word2016

カレンダーウィザードを使ってオリジナルカレンダーを作成

投稿日:2018年12月3日 更新日:

Word2016でカレンダーウィザードを使ってカレンダーを作成する方法です。

カレンダーウィザードで作成したカレンダー

Word2003の時は、テンプレートとして標準でインストールされていたので、使っていた方も多いと思います。

カレンダーの作り方(カレンダーウィザード)

Wordのテンプレートの中にある[カレンダーウィザード]を使うと、簡単に独自のカレンダーを作成することができます。 ウィザードなので、各質問 ...

続きを見る

Word2010までは、新規のテンプレートから検索してダウンロードできたのですが、Word2013以降はMicrosoftのサイトから直接ダウンロードしないと使用できないようです。

Word2007、Word2010でのダウンロードについては、以下の記事で解説しています。

カレンダーウィザード

Word2003のときには、[標準のテンプレート]の中にあってインターネットに接続しなくても、いつでもカレンダーウィザードを起動してカレンダ ...

続きを見る

カレンダーウィザードのダウンロード

Microsoftの以下のサイトを表示して、[ダウンロード]ボタンをクリックしてダウンロードします。

カレンダー ウィザード

カレンダーウィザード

ダウンロードしたカレンダーウィザードは、Wordのどのバージョンでも使用することができます。

ダウンロードすると、以下のようなファイルが保存されます。

カレンダーウィザードのアイコン

ファイルの名前を変更して、任意の場所に保存しておきます。

ファイルの名前の変更

テンプレートの場所が分かるのであれば、そこへ保存すると、次回からは個人用テンプレートから呼び出すことができます。

Word2010は、以下がテンプレートフォルダーになっています。

注意[AppData]フォルダーは隠しフォルダーになっているので、[隠しファイル]のチェックボックスをオンにしないと表示されません。

C:\Users\(ユーザー名)\AppData\Roaming\Microsoft\Templates\

Word2013とWord2016は、以下が既定になっていると思いますが、変更することもできます。

Word2010と同じ場所にしてもいいですし、自分で分かりやすい場所を指定しても構いません。

既にテンプレートフォルダーの場所を決めているのであれば、そこへ保存してください。

C:\Users\(ユーザー名)\Documents\Office のカスタム テンプレート

以下の記事が参考になると思います。

個人用テンプレートの保存場所

Windows7のOffice2010をOffice2013にアップグレードしました。 今日、Word2013で自作のテンプレートを使おうと ...

続きを見る

参考テンプレートフォルダーに保存しなくても、カレンダーウィザードのファイルをダブルクリックして起動することができますので、任意の場所に保存しておいても構いません。

カレンダーウィザードの起動

ダウンロードして保存したカレンダーウィザードをダブルクリックして起動します。

保存済みのカレンダーウィザード

テンプレートフォルダーへ保存したのであれば、[ファイル]タブをクリックして[新規]をクリックします。

そして、[個人用]をクリックして[カレンダーウィザード]をクリックします。

ファイルタブの[新規]

カレンダーウィザードの開始

カレンダーウィザードを起動すると、まず、下のような画面になります。

[次へ]のボタンをクリックします。

カレンダーウィザード

スタイルを選択します。

ここでは例として、[スタイル1]を選択します。

[次へ]のボタンをクリックします。

カレンダーウィザード-スタイルの選択

カレンダーの向きを選びます。

ここでは例として、[縦]を選択します。

[図を貼り付けるためのスペースを空けますか?]は[はい]を選択します。

[次へ]のボタンをクリックします。

カレンダーウィザード-向きの選択

年と月を選択します。

開始の年月と終了の年月を選択します。まずは、一か月分を作成します。

ここでは、2019年1月のカレンダーを作成することにします。

[次へ]のボタンをクリックします。

カレンダーウィザード-年月選択

[完了]ボタンをクリックします。

カレンダーウィザード-完了

以下のようなカレンダーが表示されます。

カレンダーウィザード既定

名前を付けて保存

タイトルバーを見ると、[互換モード]になっていると思います。

互換モードのままでは、新機能などが使用できませんので、まず名前を付けて保存します。

タイトルバー[互換モード]

[F12]キーを押して、[名前を付けて保存]ダイアログボックスを表示します。

任意の場所に名前を付けて保存してください。

この時、[以前のバージョンのWordとの互換性を保持する]のチェックボックスはオフになっていることを確認してください。

[名前を付けて保存]ダイアログボックス

以下のメッセージウィンドウが表示されます。

[OK]ボタンをクリックします。

メッセージウィンドウ

これで、タイトルバーの[互換性]の文字は消えたと思います。

タイトルバー

図と枠線の削除

カレンダーの上部の図を削除します。

図を選択します。タブは[図ツール]になっていると思います。

[Delete]キーを押して、削除します。

画像の選択

下のようになったと思います。

枠線上をクリックします。そして、[Delete]キーを押して削除します。

描画の選択

図と枠線が削除されて、下のようになります。

図と枠線の削除

画像(写真)の挿入

カレンダー上部にお好きな写真や画像を挿入しましょう。

[挿入]タブの[図]グループにある[画像]をクリックします。

[挿入]タブの[画像]

画像を挿入します。

画像の右上にある[レイアウトのオプション]をクリックします。

レイアウトのオプション

既定どおりなら、[行内]になっていると思います。

操作しやすいように、ここでは、[前面]を選択します。

[前面]を選択して変更

画像の大きさなどを調整します。

画像の周りの[サイズ調整]ボタンにマウスを合わせると、マウスが下のような形に変わりますので、その時にドラッグして調整します。

画像の大きさを調整

画像を移動させるときは、画像の上にマウスを合わせて、十字の形になった時にドラッグします。

画像の移動

今度は画像にスタイルを設定してみます。

[図ツール]-[書式]タブの[図のスタイル]の[その他]ボタンをクリックします。

[書式]タブの[その他]ボタン

多くのスタイルが用意されています。

マウスでポイントするだけで、結果を確認できますので、いろいろ試してみてください。

ここでは、例として[楕円、ぼかし]を選択します。

[楕円、ぼかし]を選択

下のようになります。

画像にスタイルを設定した結果

もっと効果を付けたい場合は、[図の効果]を選択すると、その中から様々な効果を見つけることができると思います。

図の効果

画像のスタイルやデザインの変更は、[図ツール]-[書式]タブの中から行うことができます。

図形に合わせて画像を切り抜くこともできます。工夫して楽しんでください。

以下の記事が参考になると思います。

長方形の画像を丸くするには

Wordで長方形の画像を挿入した後、その画像をまん丸く(真円)にする方法です。 Word2016で解説していますが、Word2010以降であ ...

続きを見る

画像を図形で切り抜く(図形に合わせてトリミング)

Office2007から挿入した画像を図形の形でトリミングができるようになっています。 WordやExcelでも同じ操作ですが、ここではPo ...

続きを見る

参考文字を挿入する場合は、[ワードアート]を使うと面白いと思います。

ワードアートの挿入

Wordでタイトルなどを少し目立たせたい、またはグラフィカルな文字にしたいということがありますね。 そういう時に使うと便利なのがワードアート ...

続きを見る

カレンダーのフォントの色を変更

カレンダーの日曜、祝日は赤くしたい場合の方法です。

日曜の箇所を範囲選択します。

そして、[ホーム]タブの[フォントの色]から任意の色を選択します。

フォントの色を変更

連続していない場合は、その文字のみを選択して、変更します。

同じ色であれば、[F4]キーを押してもいいです。

参考[F4]キーは直前の操作の繰り返しを行うショートカットキーです。

ミニツールバー

表に罫線を設定

カレンダーに格子の罫線を付ける方法です。

カレンダー内(表内)をクリックします。

左上に[表選択]のボタンが表示されていることを確認します。

表内でクリック

[表ツール]-[デザイン]タブの[表スタイル]にある[その他]ボタンをクリックします。

[デザイン]タブの[その他]ボタン

[標準の表]の中から[表(格子)]を選択します。

この表のスタイルもリアルタイムプレビューになっているので、ポイントするだけで結果を確認できます。

[格子]を選択

以下のようなカレンダーが作成できます。

カレンダーの完成

画像や表の操作の練習にもなりますし、楽しみながらカレンダーを作成することができると思います。

印刷

クイックアクセスツールバーの[印刷プレビューと印刷]をクリックして、印刷プレビューで確認してください。

クイックアクセスツールバーの[印刷プレビューと印刷]

問題がなければ、[印刷]ボタンをクリックします。

世界に一つのオリジナルのカレンダーの完成ですね。

印刷プレビュー

おすすめ記事と広告

-Windows10 & Office2016 Word2016

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.