Windows 8 & Office 2013 Word 2013

前回終了した位置へ移動するには[再開]メッセージかショートカットキーを使用

投稿日:2017年1月7日 更新日:

Word2013で上書きした文書を開くと、右の垂直スクロールバーの横に小さいメッセージが表示されます。

前回、ファイルを閉じた表示箇所へすばやく移動することができます。

Word2013の新機能です。

[再開]メッセージ

[再開]メッセージ

Word文書を開いて、途中を表示するか、文末を表示して閉じます。

一度閉じた文書を開くと、右側に[再開]というメッセージが表示されます。

再開

前回終了した位置から再開します。

これをクリックすると、前回の上書き保存前に編集していた位置へカーソルが移動します。

カーソルの位置ではなく、表示していた箇所へ移動します。

[再開]メッセージ

数秒すると、下のようなマークに変わります。

このマークをポイントすると、またメッセージが表示されます。一度、スクロールなどをするとこのメッセージは消えてしまいます。

マーク

複数ページにわたる長い文書の場合は、便利ですね。

ショートカットキーで移動

[再開]メッセージを使用しなくても、ショートカットキーで移動することもできます。

[再開]メッセージは一度クリックすると、消えてしまいますが、ショートカットキーは何度でも実行することができます。

[Shift]+[F5]は前回の編集箇所へ戻ります。

2回押すと、2回前の箇所へ移動します。

キーボード[Shift]+[F5]

参考長い文書の場合は、複数ページを表示する設定を知っておくと便利です。

[複数ページ]で文書を縮小して表示

Word2013で複数ページを表示する方法です。 文書を拡大、縮小表示するには、[表示]タブの[ズーム]グループにある[複数ページ]ボタンを ...

続きを見る

また、左右に並べて比較する機能も便利です。

2つの文書を左右や上下に並べて表示して同時スクロールもできる

Wordで2つの文書を上下や左右に並べて表示したいということがあります。 簡単なレイアウトをチェックしたいとか、右から左へ文字列をコピー&a ...

続きを見る

バージョンの確認

他の記事も検索してみませんか?

もっと理解したいあなたへ

おすすめ記事と広告

Profile

執筆者/はま

-Windows 8 & Office 2013 Word 2013

Copyright © 2001-2021 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.