リンクユニット

Windows 10 & Office 2016 Word 2016

漢字の横に読み仮名(ルビ)をつける

投稿日:2017年1月7日 更新日:

Wordで漢字の横に読み仮名をつける簡単な方法です。

漢字の上にルビを振ることも簡単ですが、行間が広がってしまうなどの問題があります。漢字の横にルビを振るこで、この問題を避けることができます。

漢字の読みを括弧に表示

ルビを振る


まず、読み仮名をつけたい漢字を選択して、ルビを振ります。

[ホーム]タブの[フォント]グループにある[ルビ]をクリックします。

ルビ

読み方を示すふりがなを文字列のすぐ上に表示します。

ふりがなは、語の上に表示される小さな文字で読み方を示します。ふりがなを入力すると、意図する読み方を伝えることができます。

[ホーム]タブの[ルビ]

[ルビ] ダイアログボックスが表示されます。

[OK]ボタンをクリックします。

下のように漢字の上にルビが表示されます。ルビを振ると、行間が広がります。

漢字の上にルビを表示

ルビを振った漢字をコピー

ルビを振った漢字をすべて選択して、コピーします。

ショートカットメニューの[コピー]

[テキストのみ保持]を選択して貼り付け

そして、貼り付けたい位置にカーソルを移動させて、[ホーム]タブの[貼り付けのオプション]から[テキストのみ保持]を選択して貼り付けます。

[貼り付けのオプション]の[テキストのみ保持]

右クリックで貼り付ける場合も、[貼り付けのオプション]から[テキストのみ保持]をクリックします。

貼り付けのオプションから[テキストのみ保持]を選択

下のように漢字の横に読み仮名をつけることができます。

漢字のよこにふりがな

ここでは、ルビを振った漢字の下へ貼り付けています。

漢字の横に読みを表示

漢字のみだったのものが、漢字の横の括弧内に読みがな(ルビ)をつけることができるわけです。

漢字の横の括弧内に漢字の読みを表示

参考Microsoft Outlookにも[ルビ]があります。Wordと同じように漢字にルビを振ったり、漢字の横に読み仮名を表示することができます。

HTML形式かリッチテキスト形式のみで有効になります。

Outlookのルビ

ルビの編集

時々、下のように分割されてしまうことがあります。

ふりがなが間違って表示された漢字

こういう場合は、ルビが分割されていますので、該当のルビが振られた漢字を選択して[ホーム]タブの[ルビ]をクリックして編集します。

[ルビ]ダイアログボックスの[文字列全体]ボタンをクリックします。

[ルビ]ダイアログボックス

そうすると、一つの文字列として認識されますので、[プレビュー]で確認して問題がなければ[OK]ボタンをクリックします。

読みが間違ってる場合は、[ルビ]のテキストボックス内にカーソルを移動させて修正してください。

[ルビ]ダイアログボックスで修正

関連Excelでは、関数を使ってふりがなを別のセルに表示することができます。

ふりがなを別のセルに表示したい(PHONETIC関数とマクロ)

Excelには、ふりがなを表示できる便利な機能があります。そして、PHONETIC関数を使って、ふりがなを別のセルに表示することができます。 ...

続きを見る

ルビについては、以下の記事で紹介しています。

ルビ(ふりがな)に色を付ける・下に表示・文字列とルビの間隔を設定

漢字にルビをふることがありますね。 そのルビを編集する方法です。 ルビの表示 [博多]の文字にルビをつけます。 [博多]の文字列を選択して、 ...

続きを見る

また、傍点に色をつけることもできます。

傍点のみに色を付けるには

Wordでは、下のように文章内の一部の文字列を強調するために[傍点]を使うことができます。 その[傍点]の点のみに色を付ける方法です。 傍点 ...

続きを見る

Profile

執筆者/はま

もっと理解したいあなたへ

おすすめ記事と広告

-Windows 10 & Office 2016 Word 2016

Copyright © 2001-2020 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.