リンクユニット

Windows8 & Office2013 Word2013

Print Friendly, PDF & Email

オブジェクトの選択と表示が無効

投稿日:2017年1月7日 更新日:

Word2013で[ホーム]タブの[編集]グループにある[選択]ー[オブジェクトの選択と表示]をクリックしたら、無効なコマンドになっています。グレイ表示で使用できない?おかしいなぁ~と思ってあれこれ試していたのですが、
オブジェクトの選択と表示 無効

ポップヒントの表示

クリックせずにコマンドをポイントすると、ポップヒントが表示されて、やっと[互換モード]だったんだと気がついた次第です。
コマンドをクリックしてしまうと、ポップヒントは表示されません。本文内で一度クリックして、再度 コマンドにマウスを合わせると表示されます。マウスのポイント操作も大事ですね。
スーパーツールチップ

タイトルバーを見ると、[互換モード]と表示されていました。
互換モード

オブジェクトの選択と表示を有効にするには

[ファイル]タブをクリックして、[情報]カテゴリーの[変換]をクリックします。
変換

下のメッセージウィンドウが表示されますので、[OK]ボタンをクリックします。
メッセージウィンドウ

これで、[オブジェクトの選択と表示]が使用できるようになりました。
オブジェクトの選択と表示

Word2007で作成した文書だったのです。
Word2007には[オブジェクトの選択と表示]というコマンドはありませんでしたからね。
[オブジェクトの選択と表示]の使い方については、複雑な図形の操作をする時には選択ウィンドウを表示を参照されてください。とても便利な機能です。

複雑な図形の操作をする時には選択ウィンドウを表示

Office2010からの機能として、[オブジェクトの選択と表示]というのがあります。この機能は、複雑な図形やテキストボックスなどを操作する ...

続きを見る

関連[オブジェクトの選択と表示]については、PowerPointでも解説しています。

オブジェクトをすべて非表示

PowerPoint2007から、オブジェクトの選択と表示作業ウィンドウを表示することができます。[オブジェクトの選択と表示]作業ウィンドウ ...

続きを見る

解決できないことは【teratail】で質問してみましょう。

参考Officeのバージョンによって操作が異なる場合があります。以下の記事で、お使いのOfficeのバージョンを確認する方法を解説しています。

Office(Word、Excel、PowerPointなど)のバージョンを確認する方法

Microsoft Officeも時を得て、大きく様変わりしてきました。トラブルを解決しようとするとき、あるいは、何かの操作を探すときなど、 ...

続きを見る

ワードを学習するなら、お勧めのテキストです。ぜひお手元においてご活用ください。

おすすめ記事と広告

こんな記事も読まれています

オプションボタンの挿入

Excelでオプションボタンを挿入する方法です。オプションボタンは、複数の選択肢の中から1つを選択するときに使用します。 また、ワークシート ...

互換性を保持して保存するには

Word97-2003文書(*.doc)で保存されている文書は、まだ多く使用されていると思います。 新機能を使うには、新拡張子(*.docx ...

PowerPivotのスライサーの配置

Excel2010では、PowerPivotで作成したピボットテーブルには、フィールドリストに[垂直スライサー]と[水平スライサー]というの ...

開く時にBackstageを表示したくない

Office2013では、クイックアクセスツールバーの[開く]や[上書き保存]ボタンをクリックした時に、Backstageビューを表示しない ...

添付ファイル型のフィールド名変更

Access2007からデータ型に[添付ファイル]が登場しました。 データ型に添付ファイル この添付ファイル型のフィールド名はデザインビュー ...

-Windows8 & Office2013 Word2013

Copyright © 2001-2017 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.