リンクユニット

Windows7 & Office2010 Word2010

目次の作成(テキストの追加)

投稿日:2017年1月7日 更新日:

目次の作成方法の1つです。
[テキストの追加]ボタンを使って作成する方法です。Word2010で解説していますが、他のバージョンも同じです。
目次作成

見出しスタイルを使う方法は、目次の作成(見出しスタイルを設定)を参照してください。

目次の作成(見出しスタイルを設定)

Wordの目次作成機能を使って目次を作成しておくと、後の編集がとても楽になります。目次作成の準備が必要な文書もあるかもしれませんが、とても簡 ...

続きを見る

下のような文書を作成しました。箇条書きも設定しています。
文書

レベルの設定

目次としたい段落をすべて選択して、そのまま[参考資料]タブの[目次]グループにある[テキストの追加]をクリックして[レベル1]をクリックします。
参考資料タブ

次に箇条書きの箇所も選択して、今度は[テキストの追加]の[レベル2]をクリックします。
テキストの追加

目次の作成

目次を挿入したい位置にカーソルを置いて(挿入したい位置でクリックして)、[参考資料]タブの[目次]から[自動作成の目次2]をクリックします。
参考資料 目次

これだけで、目次を作成することができます。
目次作成

目次の編集については、目次の変更目次の作成(見出しスタイルを設定)を参照してください。

目次の変更

Word2010で文書に目次を挿入する場合は、[参考資料]タブの[目次]をクリックして、任意のスタイルを選択します。 参考目次作成がうまくい ...

続きを見る

目次の作成(見出しスタイルを設定)

Wordの目次作成機能を使って目次を作成しておくと、後の編集がとても楽になります。目次作成の準備が必要な文書もあるかもしれませんが、とても簡 ...

続きを見る

参考Officeのバージョンによって操作が異なる場合があります。以下の記事で、お使いのOfficeのバージョンを確認する方法を解説しています。

Office(Word、Excel、PowerPointなど)のバージョンを確認する方法

Microsoft Officeも時を得て、大きく様変わりしてきました。トラブルを解決しようとするとき、あるいは、何かの操作を探すときなど、 ...

続きを見る

ワードを学習するなら、お勧めのテキストです。ぜひお手元においてご活用ください。

おすすめ記事と広告

こんな記事もあります

no image
Backstageビューとは

Office2010では、よく[バックステージビュー]という言葉を耳にされると思います。 [バックステージビューを開いて・・]と言われても、 ...

【無効データのマーク】でエラーメッセージでも防げない規則以外のセルをチェック

[データの入力規則]の中に[無効データのマーク]というのがあります。 これは入力規則に設定した以外の値のセルに赤丸を付けてくれる便利な機能で ...

ピボットテーブルの追加フィールド

Accessのクエリでピボットテーブルを作成した後でも、演算によるフィールドを追加することができます。 Accessのピボットテーブルの確認 ...

PowerPivotでExcelファイルのデータをインポート

Excel2010のPowerPivotで、Excelファイルのデータをインポートする方法です。 PowerPivotウィンドウ起動 [Po ...

SmartArtをOffice2003で編集するには

Office2007から登場したSmartArtですが、ファイル形式を2003の形式で保存すると、Office2003でファイルを開くことは ...

-Windows7 & Office2010 Word2010

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.