リンクユニット

Windows7 & Office2010 Word2010

目次の作成(テキストの追加)

投稿日:2017年1月7日 更新日:

目次の作成方法の1つです。
[テキストの追加]ボタンを使って作成する方法です。Word2010で解説していますが、他のバージョンも同じです。
目次作成

見出しスタイルを使う方法は、目次の作成(見出しスタイルを設定)を参照してください。

目次の作成(見出しスタイルを設定)

Wordの目次作成機能を使って目次を作成しておくと、後の編集がとても楽になります。目次作成の準備が必要な文書もあるかもしれませんが、とても簡 ...

続きを見る

下のような文書を作成しました。箇条書きも設定しています。
文書

レベルの設定

目次としたい段落をすべて選択して、そのまま[参考資料]タブの[目次]グループにある[テキストの追加]をクリックして[レベル1]をクリックします。
参考資料タブ

次に箇条書きの箇所も選択して、今度は[テキストの追加]の[レベル2]をクリックします。
テキストの追加

目次の作成

目次を挿入したい位置にカーソルを置いて(挿入したい位置でクリックして)、[参考資料]タブの[目次]から[自動作成の目次2]をクリックします。
参考資料 目次

これだけで、目次を作成することができます。
目次作成

関連目次の編集については、目次の変更目次の作成(見出しスタイルを設定)を参照してください。

目次の変更

Word2010で文書に目次を挿入する場合は、[参考資料]タブの[目次]をクリックして、任意のスタイルを選択します。 参考目次作成がうまくい ...

続きを見る

目次の作成(見出しスタイルを設定)

Wordの目次作成機能を使って目次を作成しておくと、後の編集がとても楽になります。目次作成の準備が必要な文書もあるかもしれませんが、とても簡 ...

続きを見る

また、図表目次を挿入することもできます。

図表番号と図表目次の挿入

[図表番号]とは、文書内の図や、表、数式などに振るラベル(連番)のことです。 文書内に複数の図や表がある場合、自動的に連番が振られますし、削 ...

続きを見る

引用文献情報や資料文献情報をマスターに登録して、文献目録を作成することもできます。

引用文献と資料文献のマスター登録と文献目録の挿入

論文や報告書などでの文書作成時に参考にしたり、引用したりした文献を資料文献、引用文献と呼びます。また、参考にした書籍やWebページなどは、文 ...

続きを見る

索引脚注については、以下の記事で解説しています。

文書中の語句を索引用語として登録して【索引】を作成

索引とは、特定の用語を見つけやすくするため、五十音順やABC順に並べて、その用語が掲載されているページ番号を掲載した一覧のことです。論文や報 ...

続きを見る

文末脚注と脚注の作成

[脚注]とは、文書内の文字に対して補足や解説をつけたいときに使用します。 [脚注]は、各ページの最後に表示され、[文末脚注]は、文書やセクシ ...

続きを見る

おすすめ記事と広告

記事を更新しました

読み取り専用の設定

ファイルを読み取り専用にして、変更されないように設定することができます。 プロパティから設定 読み取り専用にしたいファイルを右クリックして、 ...

XPモード

遅ればせながら、Windows7のXPモードを体験したくなり 今日 やってみたのですが・・・ Windows7、3台のうち インストールでき ...

Aeroの有効化と無効化

Aero機能を有効にする方法と無効にする方法です。 デスクトップ上で右クリックします。ショートカットメニューから[個人設定]をクリックします ...

ごみ箱のショートカットメニューに【削除】がなくなった

Windows Vistaには、ごみ箱のショートカットメニューに[削除]があったのですが、Windows 7では、そのメニューは消えました。 ...

データがない時にメッセージを表示する

Accessで、データがないときに[データがありません]というメッセージウィンドウを表示する方法です。 下の例では、[生産停止商品]ボタンを ...

-Windows7 & Office2010 Word2010

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.