Google検索

リンクユニット

Windows7 & Office2010 Word2010

タブ文字の削除

投稿日:2017年1月7日 更新日:

Excelで作成された文書をコピーして、Wordへ貼り付けると下のように多くのタブが挿入されてしまうことがあります。
この不要なタブ文字を一気に削除する方法です。
タブ

個別に削除する場合は、編集記号の[→]の箇所にカーソルを置いて、[Delete]キーや[BackSpace]キーを使って削除します。以下の記事で解説しています。

タブの削除、タブ位置の解除

検索と置換ダイアログボックスの表示

[ホーム]タブの右端の[編集]グループにある[置換]をクリックします。
置換 [検索と置換]ダイアログボックスが表示されます。[置換]タブの[オプション]をクリックします。
検索と置換ダイアログボックス

[特殊文字]から[タブ文字]を選択して置換

[あいまい検索]のチェックボックスをオフにして、[特殊文字]ボタンをクリックします。
オプション

上から二つ目にある[タブ文字]をクリックします。
タブ文字

[検索する文字列]に下のように入力されます。[置換後の文字列]には何も入力しません。[すべて置換]ボタンをクリックします。
すべて置換

完了のメッセージウィンドウが表示されますので、[OK]ボタンをクリックします。
メッセージウィンドウ

下のようにすべてのタブ文字が削除されて、スッキリです。
タブ削除後の文書

関連Wordの検索と置換関連の記事です。

改ページを一括削除するには

Word2013で改ページを一括で削除する方法です。他のバージョンのWordも同じ操作です。 改ページは、1つずつ削除するには、編集記号の改 ...

続きを見る

行区切りを一気に削除

Webページの文章をコピーしてWordに貼り付けすると、改行マークがたくさんあって邪魔に感じることがありますね。 Internet Expl ...

続きを見る

複数の置換を一括で行うマクロ

Wordで複数の置換作業を一括で行うマクロです。 実は、毎週置換作業をしているのだけど、置換する文字列が多くてどうにかなりませんか?との質問 ...

続きを見る

置換の特殊文字【クリップボードの内容】で文字列を画像に一括置換

置換用の特殊文字の中には[クリップボードの内容]というのがあります。 これは、クリップボードに保存されている内容(アイテム)ということです。 ...

続きを見る

おすすめ記事と広告

記事を更新しました

メールと予定表を並べて表示するには

Outlookのメールウィンドウと予定表を並べて表示しておくと、予定を確認しながらメールを打つことができます。 新しいウィンドウで開く ナビ ...

オートコンプリートのリストを空にする

Outlook2010では、オートコンプリートの候補に表示されるリストをボタン一つで削除することができます。参考オートコンプリートというのは ...

単語の登録の短縮よみ

IMEの単語の登録には、品詞を選択できるようになっています。 以前のIMEと同じですが その中に[短縮よみ]というのがあります。 この[短縮 ...

文字列を自動修正しない例外処理の設定

Wordには、オートコレクトという文字列を自動修正してくれる機能があります。その例外処理の設定方法です。どのバージョンにもある機能です。 オ ...

文書の途中からページ番号を設定したい

Wordの[ページ設定]ダイアログボックスには、[先頭ページのみ別指定]の項目があり、このチェックボックスをオンにすると、先頭ページにはペー ...

-Windows7 & Office2010 Word2010

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.