Google検索

Windows10 & Office2016 Word2016

改ページ記号が表示されない時は【編集記号の表示/非表示】を確認

投稿日:2017年1月7日 更新日:

Word2016を起動して、操作していると「改ページ記号」が表示されないことに気がつきました。

既定で改ページ記号が非表示になっているかと思ったのですが、別のWord2016で試すと、表示されました。

どちらが既定なのか、私の環境ではわかりませんが、改ページ記号の表示/非表示の設定方法を記しておきます。

改ページ記号

[ホーム]タブの[編集記号の表示/非表示]ボタン


[ホーム]タブの[段落]グループにある[編集記号の表示/非表示]ボタンをクリックします。

[編集記号の表示/非表示]ボタン

ポップヒントには以下のように記されています。

編集記号の表示/非表示(Ctrl+()

段落記号など、非表示の書式設定記号を表示します。

特に、高度なレイアウト作業をするときに使うと便利です。

参考以下に[Wordのオプション]での設定も記していますが、この[編集記号の表示/非表示]ボタンのオン/オフと連動します。

ショートカットキーは、[Ctrl]+[Shift]+[(]ですね。

キーボード[Ctrl]キー+[Shift]キー+[(]

編集記号がオンの場合とオフの場合

以下は、[編集記号の表示/非表示]ボタンがオフの状態です。

段落記号しか表示されていません。

[編集記号の表示/非表示]がオフの状態

[編集記号の表示/非表示]ボタンをオンにすると、下のようになります。

[改ページ記号]だけでなく、[タブ文字]や[全角スペース]、[半角スペース]も現れます。

[編集記号の表示/非表示]がオンの状態

参考セクション区切りも[編集記号の表示/非表示]ボタンをオンにしないと表示されません。

セクション区切り

Wordのオプションから[すべての編集記号を表示する]をオン

[ファイル]タブをクリックして、[オプション]をクリックします。

バックステージビュー

[Wordのオプション]が表示されます。

左メニューの[表示]をクリックして、[すべての編集記号を表示する]のチェックボックスをオンにします。

参考[すべての編集記号を表示する]は、[ホーム]タブの[段落]グループにある[編集記号の表示/非表示]ボタンと連動します。

[常に画面に表示する編集記号]の中の[段落記号]と[アンカー記号]のチェックボックスをオフにすると、[編集記号の表示/非表示]ボタン、または[すべての編集記号を表示する]をオフにした場合、編集記号は何も表示されなくなります。

反対に[編集記号の表示/非表示]ボタンをオフにしても常に画面に表示したい編集記号はチェックボックスをオンにしておきます。

既定では、[段落記号]と[アンカー記号]がオンです。

Wordのオプション

参考アンカー記号については、以下の記事で解説しています。

アンカー(碇のマーク)って何?

Wordで作成した文章に画像や、テキストボックスを挿入すると、左余白に碇のマークが現れます。 この碇のマークのことを[アンカー]と呼びます。 ...

続きを見る

[ページ区切り]の挿入

改ページしたい場合は、[挿入]タブの[ページ]グループにある[ページ区切り]をクリックします。

ページ区切りの挿入(Ctrl+Enter)

ここで現在のページを終了して、次のページに移動します。

ページ区切り

ページ区切りのショートカットキーは、[Ctrl]+[Enter]です。

キーボード Ctrl+Enter

参考以下は、Word2003での解説です。

編集記号の表示/非表示

標準ツールバーの[編集記号の表示/非表示]のボタンをオフにしても段落記号などは、表示されたままになっていますね。 編集記号を一切表示しないよ ...

続きを見る

Profile

執筆者/はま

おすすめ記事と広告

-Windows10 & Office2016 Word2016

Copyright © 2001-2019 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.