リンクユニット

Windows7 & Office2010 Word2010

文書の途中からページ番号を設定したい

投稿日:2017年1月25日 更新日:

Wordの[ページ設定]ダイアログボックスには、[先頭ページのみ別指定]の項目があり、このチェックボックスをオンにすると、先頭ページにはページ番号などを表示しないようにすることができます。

1ページ目にはページ番号を挿入したくない

1ページ目(先頭ページ)は表紙としているので、ページ番号を挿入したくない場合の方法です。 Word2013での解説です。 [ヘッダー/フッタ ...

続きを見る

ページ設定ダイアログボックス

でも、たとえば1ページには表紙のページがあり、2ページ目には目次のページがあって、3ページ目からページ番号を振りたいということもありますね。
こういう場合は、セクション区切りを設定するといいです。
3ページ目にページ番号1

開始したいページ先頭にカーソルをおいて[セクション区切り]の設定

まず、ページ番号を開始したいページの先頭にカーソルをおいて、[ページレイアウト]タブの[ページ設定]グループにある[区切り]から[現在の位置から開始]をクリックします。

セクション区切りを挿入し、新しいセクションを同じページで開始します。

セクション区切り

セクション番号の確認

編集記号をオンにしていると、セクション区切りのラインが表示されますが、編集記号をオフにしている場合は、ステータスバーで確認してください。
ステータスバーに[セクション]が表示されていない場合は、ステータスバーで右クリックして設定してください。

セクション番号はステータスバーで確認、セクションの挿入と削除

Wordでは、ページによって用紙サイズや行数、ヘッダー・フッターなどを変更することができます。そのためには、あらかじめ[セクション区切り]を ...

続きを見る

[セクション:2]になっていることを確認します。
ステータスバー

[ヘッダーとフッター]を表示

[挿入]タブの[ヘッダーとフッター]グループから[フッター]をクリックして、[フッターの編集]をクリックします。

参考ページの上部や下部をダブルクリックしてもOKです。
フッターの編集

[前と同じヘッダー/フッター]をオフに

[デザイン]タブの[ナビゲーション]グループにある[前と同じヘッダー/フッター]をクリックして、オフにします。参考前と同じヘッダーやフッターにならないように継続を断ち切るわけです。

[前と同じヘッダー/フッター]のポップヒントには、以下のように記されています。

前のセクションにリンクして、現在のセクションのヘッダーとフッターに前のセクションと同じ内容が含まれるようにします。

前と同じヘッダー/フッター

ページ番号の設定

[デザイン]タブにある[ヘッダーとフッター]グループの[ページ番号]から任意の番号のスタイルを選択します。
ページ番号

[ヘッダーとフッター]表示を閉じてページ番号を確認

[デザイン]タブの[ヘッダーとフッターを閉じる]ボタンをクリックして[ヘッダーとフッター]表示を閉じます。または、本文内をダブルクリックして、[ヘッダーとフッター]表示を閉じます。
ヘッダーとフッターを閉じる

ページ番号を確認してみてください。ここでの設定では、下のようになります。
3ページ目にページ番号1

セクション区切りを挿入すると出来ること

セクション区切りを挿入すると、文書をセクションという区切りで分割して設定することができるようになります。

たとえば、用紙サイズや、ヘッダー・フッター印刷の向き段組み脚注ページ罫線などをセクションというグループに設定することができます。

以下のページでは、セクション区切りを挿入して、透かしを特定のページに設定する方法を解説しています。

特定のページにのみ透かしを挿入する

Wordでは下のような透かし文字や透かし画像を挿入することができます。透かしの挿入で解説しています。 この透かしを挿入すると、既定のままでは ...

続きを見る

以下は、セクションで行数を変更する方法を解説しています。

このページだけ行数を変更したい時は、セクション区切りで解決(Word2003で解説しています。)

挿入したセクションの削除

セクション区切りは、[ホーム]タブの[段落]グループにある[編集記号の表示/非表示]をオンにしなければ、表示されません。
編集記号をオンに

セクション区切りが表示されていなくても、ステータスバーでセクション番号は確認することができるのですが、セクションを削除する場合は、編集記号をオンにします。

そして、セクション区切りの直前にカーソルを置いて、[Delete]キーを押します。
セクション区切りの削除

セクション区切りは、置換機能を使って一括して削除することもできます。

置換機能を使って一括削除で解説しています。

参考PowerPoint2010以降にもセクションという機能があります。

セクションの追加

PowerPoint2010では、[セクション]という機能が追加されました。 [セクション]とは、ひとつのまとまりのことです。Wordでもあ ...

続きを見る

おすすめ記事と広告

記事を更新しました

オートナンバー型の番号の振り直し

Accessのテーブルでフィールドのデータ型を[オートナンバー型]にして レコードを削除すると、そのレコードは欠番になります。 下は、[6] ...

段落先頭の黒い点を消すには

Wordの文書を開くと、段落の先頭に黒い点がついていることがあります。[BackSpace]キーでも[Delete]キーでも削除することがで ...

アニメーションのコピーと貼り付け

PowerPoint2010から、アニメーションのコピー、貼り付けが出来るようになりました。 アニメーションのコピー/貼り付け アニメーショ ...

ハイパーリンクの一括削除

Excel2010以降の機能です。Excel2010以降では、ハイパーリンクの設定をまとめてクリアすることができるようになりました。 ハイパ ...

文字の割付(列幅に合わせて複数セルに割付)

以前からある機能です。 こんな機能がExcelにあっていいの?と思ってしまった機能ですが、Excelで文書作成される方にとっては、便利な機能 ...

-Windows7 & Office2010 Word2010

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.