Google検索

リンクユニット

Windows7 & Office2010 Outlook2010

Outlookの連絡先をファイルにエクスポート

投稿日:2017年1月25日 更新日:

Outlook2010で連絡先を別のファイルにエクスポートする方法です。

ここでは例として、Excelブックにエクスポートする方法を解説します。

ウィザードに従っていくだけなので、操作は簡単です。

[Outlookのオプション]の詳細設定

[ファイル]タブをクリックして[オプション]をクリックします。

[ファイル]タブの[オプション]

[Outlookのオプション]ダイアログボックスが表示されます。

[詳細設定]タブをクリックして[エクスポート]ボタンをクリックします。

[詳細設定]の[エクスポート]

インポート/エクスポートウィザード

[インポート/エクスポートウィザード]が表示されます。

[ファイルにエクスポート]を選択して、[次へ]のボタンをクリックします。

インポート/エクスポートウィザード

エクスポートするファイルの種類を選択します。

ここでは、[Microsoft Excel 97-2003]を選択します。

[次へ]ボタンをクリックします。

参考Outlook2013以降は、ファイルの種類は以下の2個になっていますので、[テキストファイル(カンマ区切り)]を選択するといいですね。

  • Outlookデータファイル(.pst)
  • テキストファイル(カンマ区切り)

[Microsoft Excel 97-2003]を選択

[エクスポートするフォルダーの選択]から、[連絡先]を選択します。

[次へ]のボタンをクリックします。

連絡先を選択

エクスポート先のファイル名を指定します。

[参照]ボタンをクリックします。

[参照]ボタンをクリック

任意のエクスポート先の場所とファイル名を入力して[OK]ボタンをクリックします。

エクスポート先の場所とファイル名を入力

エクスポート先を確認して、[次へ]のボタンクリックします。

エクスポート先を確認

[完了]ボタンをクリックします。

ファイルのエクスポート 完了

エクスポートの確認

エクスポート先に指定したフォルダを開いて、確認します。

エクスポートした連絡先の確認

開くとCQ列までの95個のフィールドの一覧が表示されます。

参考Excelの住所録(リスト)をインポートすることもできます。

以下の記事で解説しています。

Excelの住所録をOutlookの連絡先にインポートする

Excelで住所録を作成しているのであれば、その住所録データをOutlookにインポートすることができます。 この機能は、Outlook20 ...

続きを見る

おすすめ記事と広告

-Windows7 & Office2010 Outlook2010

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.