リンクユニット

Windows Xp & Office2003 Outlook Express

メールの保存

投稿日:2017年1月7日 更新日:

大切なメールは コピーして保存しておきたいですね。

受信トレイを開いて、コピーしたいメールをクリックして選択します。
メール選択

ドラッグ&ドロップ

そのまま、デスクトップへドラッグ&ドロップします。
デスクトップへドラッグ

参考先にフォルダを作っておいて そのフォルダへドラッグ&ドロップして保存してもいいですね。

デスクトップに保存したあと、フォルダを作成して片付けてもいいと思います。
新しいフォルダの作成の仕方はファイルとフォルダを参考にしてくださいね。

ファイルとフォルダ

プログラムやデータはファイルという単位で保存されます。 Windowsでは、ファイルは[フォルダ]という入れ物に入れて整理、管理ができるよう ...

続きを見る

デスクトップで右クリックして ショートカットメニューから[新規作成]→[フォルダ]で作成することができます。

また 反対にデスクトップへ保存したメールは、デスクトップから、メール一覧へドラッグ&ドロップで戻すこともできます。

名前を付けて保存

また メニューバーの[ファイル]から[名前を付けて保存]をクリックしても同じように保存することが出来ます。

保存したいメールを選択するか、開いておきます。
そして、メニューバーの[ファイル]から[名前を付けて保存]をクリックします。
ファイルメニュー

保存先は マイドキュメントになっていると思います。
保存する場所を指定します。

ファイル名は、[件名]が自動的に表示されますが、変更してもいいですね。
保存ボタンをクリックします。
メッセージに名前を付けて保存

マイドキュメントに保存されたかどうか確認してみましょう。
[スタート]ボタンをクリックして、メニューの中から[マイドキュメント]をクリックします。
マイドキュメント

ちゃんと、保存されていましたね。ダブルクリックで開いて読むことができます。
保存 確認

関連また、このメールをCDなどに保存する場合はCDに保存するを参考にしてください。
突然のトラブルなどに備えてアドレス帳やメールアカウントも保存しておくといいですね。
Blogで解説しています。

バックアップ(メール)

バックアップ(アドレス帳)

バックアップ(メールアカウント)

インポート(メール)

インポート(アドレス帳)

インポート(メールアカウント)また、重要なメールは印刷しておきたいですね。

メールの印刷を参照してください。

管理人一押しのテキストです。

おすすめ記事と広告

記事を更新しました

アドレスバーから検索

キーワードで検索するとき、アドレスバーからもサイト検索ができるんです。 アドレスバーで検索 たとえば、[拡張子]について調べたいと思います。 ...

Shiftキーで【すべて保存】、【すべて閉じる】コマンドを表示

Word2003では、文書を一度に保存することができます。[Shift]キーを押したまま、[ファイル]メニューをクリックすると、[すべて保存 ...

図のコピー

[図のコピー]ボタンを使うと、セル範囲の画像を作成して貼り付けることができます。 カメラボタンと違うのは リンクされていないということです。 ...

電子メールで送信

Excel2003から、電子メールを使って簡単に送信する方法です。 まず 電子メールで送信したいブックを開きます。 ファイルメニューからメー ...

べき乗表示

Excelで下のようなべき乗表示をする方法です。 数字を入力して文字列に べき乗の数字も含めてセルに数字を入力して セル内で右クリックします ...

-Windows Xp & Office2003 Outlook Express

Copyright © 2001-2018 初心者のためのOffice講座 All Rights Reserved.

Copyright© 初心者のためのOffice講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.